2022年度公開研究会 Open seminars of 2022

NPO総会記念講演会 NPO yearly assembly and commemorative lecture by Kazunari Doi

2022年5月27日(金)午後5時30分より

なか区民活動センター

土井一成氏「公民連携とまちづくりの可能性」

参加者:12名(内リモート1名)講師を除く

 

2022年5月27日(金)午後5時30分よりNPOの年次総会が開催されました。正会員の過半の参加又は委任により総会が成立し、2021年度決算について審議しました。監事より監査報告があり、異論なく承認されました。2021年度はコロナ禍により対面での活動が大幅に制限された年でしたが、NPO設立五周年記念誌の発行やその他の研究活動は活発で、充実した年ともいえます。会員の皆さまのご理解ご協力、ありがとうございました。

 

当日は総会記念講演として土井一成さん(NPO法人アーバンデザイン研究体副理事長、元横浜市職員)による講演「公民連携とまちづくりの可能性」が行われました。土井さんの市役所時代の経験に元に新たな知見も加え、公民がいかに連携してまちづくりを進められるか、を熱心に語っていただきました。講演録は後日アップします。

講演項目:

1.自著「まちづくり主義のススメ」について

2.横浜の都市形成ソフトと6大事業

3.大都市における自治の形

4.新たな公民連携の広がり

5.  まちづくりの可能性を拓く

NPO公開研究会

2022425日(月)午後6時より8時  April 25, 2022

なか区民活動センター研修室2

南学氏『公共施設マネジメント-拡充から縮充へ』Manabu Minami, ”Management of Public Facilities: Down-sizing from expansion”

参加者 7名(講師含む)

 

全国の自治体で、その公共施設が適切にマネジメントされていない、という現実を学ぶことになった。これまで多くの「不要不急の施設」が作られ、ほとんど使われず、毎年膨大な税金がその維持管理に使われてきた。衝撃的なのは「適切に維持管理」されず放置された施設があまりにも多いのである。それを管理する人員も予算もないのが現実という。果たして「未来」は全く暗いのか、どうにかして明るく出来るのか、南氏は全国の自治体を駆けめくり「公共施設マネジメント」の必要性を説いている。

 
Manabu Minami addressed that public facilities built by municipalities across the country are not properly managed nor maintained. Many non-essential and non-urgent facilities have been built for decades, are rarely used and huge amounts of taxpayers' money are spent each year on their maintenance and management. What is shocking is the sheer number of facilities that have been neglected and not properly maintained. The reality is that there is neither the manpower nor the budget to manage them. Minami travels to municipalities across the country to find out whether the future is bleak or whether it can be brightened somehow, and explains the need for public facilities management.

当日の配布資料です
南学講演資料_20220430_0001.pdf
PDFファイル 1.6 MB