「用途別容積制」導入に関る担当係長(主査)による論文
商業業務地区における住居容積を大幅に制限した「用途別容積制」は当時の建築基準法を根拠法にして、横浜市の建築基準条例をもちいて制定された。高容積率の商業業務地区を高層マンションの投資用地としてみる社会の動きに抗した地方自治体によるまちづくりコントロールの真髄といえる。その後の変遷をへて、いまは存在しない。
内藤惇之論文.pdf
PDFファイル 1.3 MB
成澤光『田村明さんの背骨』
法政大学法学部(法学志林協会)の機関誌「法学志林」108巻4号(2011年)159~165頁。成澤光先生による2010年4月3日の「田村明さんを偲び、お別れする会」でのスピーチに加筆されたものです。成澤先生と田村さんとの温かな友情を感じられます。
成澤光論文SKM_C65817072809150.pdf
PDFファイル 840.1 KB
東洋大学建築学科野澤研究室でのまちづくりプレゼ
港北ニュータウンのまちづくりから説き起こし、まちづくりのプレイヤーとして関ることの意味を問う。
東洋大学まちづくりプレゼ.pptx
Microsoft Power Point プレゼンテーション 5.3 MB
新本牧まちづくりNo.1
六大事業「都心部強化事業」の一部を占める中区本牧地区の米軍接収跡地開発の歴史的検証論文、接収地の大地主である大蔵省と横浜市そして民間地主たちの息詰まる攻防戦を歴史的に明らかにした。著者は田口俊夫、当時横浜市立大学経済研究所客員研究員。
新本牧まちづくりNo.1.pdf
PDFファイル 2.7 MB
新本牧まちづくりNo.2
新本牧まちづくりNo.2.pdf
PDFファイル 1.5 MB
新本牧まちづくりNo.3
新本牧まちづくりNo.3.pdf
PDFファイル 1.3 MB