横浜市企画調整局職員名簿
企画調整室発足時から企画調整局が解体されるまでに在職した職員全員を網羅しています。当時のまちづくりに関る時代背景も併記しています。本研究会メンバーによる力作です。なお、情報出典は過去の横浜市職員録で、公開資料です。
20131218横浜市企画調整担当.pdf
PDFファイル 246.0 KB

『横浜市総合計画・1985-市民による新しいまちづくり-』"The Comprehensive Plan of Yokohama City 1985 - A new city making by the citizens", the first comprehensive plan of Yokohama 1985  formulated in 1973 by Tamura's Planning & Coordination Bureau

田村明が室長そして局長を務めた企画調整は、みなとみらいや港北ニュータウンそして宅地開発要綱又はアーバンデザインのような物的計画だけでなく、医療・福祉・文化・環境・公害といった「非物的計画(課題)」についても研究計画し事業化に努めました。その一端が田村明が初めて手掛け1973年12月に刊行された『横浜市総合計画・1985』に表れています。都市づくりとは、物的計画だけでなく「社会計画」が必要なのです、田村のつぶやきが聞こえてきそうです。

Akira Tamura as the director of the Planning and Coordinaiton Bureau had committed not only to phisical planning but also to non-phisical planning as social planning issues such as health care, welfare, culture, and environment protection. You can see part of his commitment on the Comprehensive Plan of Yokohama City 1985 published in 1973 by his Bureau.

横浜市総合計画・1985 Part 1.pdf
PDFファイル 93.4 MB
横浜市総合計画・1985 Part 2.pdf
PDFファイル 51.5 MB
横浜市総合計画・1985 Part 3.pdf
PDFファイル 73.7 MB