Article published in Indian Journal of Urban Planning インドの都市計画雑誌に掲載されました

インドとオランダを拠点に編集発行される都市計画専門誌で、世界の都市問題と都市計画分野の最新記事を集めた”myliveablecity (MLC)”に田口俊夫論文が掲載されました。田口論文は38ページからです。プロフィールが7ページにあります。戦後横浜の都市づくりにおける、飛鳥田市長と田村明の役割を書きました。この執筆の機会を頂戴した編集長のMr. Shyam Khandekar(シャム・カンデカール、オランダで長年都市計画事務所を経営)と編集作業を手伝っていただいたMr. Bruce Echberg(ブルース・エクバーグ、オーストラリアメルボルンでアーバンデザイン事務所を経営)に感謝したい。実は両名共に、田口の英国留学(マンチェスター大学大学院アーバンデザインコース)の同窓生で、田口のNPO活動に賛同してくれています。

 

Toshio Taguchi's article has been published in "myliveablecity (MLC)", a journal based in India and the Netherlands, which collects the latest articles on urban issues and urban planning from around the world. Taguchi's article starts on page 38. The profile is on page 7. I wrote about the role of Mayor Asukada and Akira Tamura in the post-war urban development of Yokohama. I would like to thank the editor-in-chief, Mr. Shyam Khandekar, who runs an urban planning firm in the Netherlands for many years, for the opportunity to write this article and Mr. Bruce Echberg, who runs an urban design firm in Melbourne, Australia, for his help with the editing. Both of them are alumni of Taguchi's graduate course in Urban Design at the University of Manchester, and are supporters of Taguchi's NPO activities.

myliveablecity 2021年7月号
MLC_JD'21_adaptation_reuse_opt. PDF.pdf
PDFファイル 31.0 MB