まちづくり横浜の総合化と田村明-研究会

田村明に縁のあるマチ歩きのご案内 Voluntary town guide walking around the places related to Akira Tamura

横浜市内で田村明が関ったまちづくりの現場を、ご要望に応じてご案内します。ガイド料は無償で、ガイド役の交通費と資料代のみを頂戴します。関内、山手、本牧や郊外の開発地もご案内します。申し込みは〈お問合わせ Enguiries〉でお願いします。では、お待ちします。

 

Tamura's drawings on world trips

田村明が残した世界旅行でのスケッチブックを

こちらで公開しています。

友好団体の活動案内

現代まちづくり塾 当該塾HPには『田村明論述アーカイブ』があり、田村明による1962年から2008年までの雑誌への投稿や論文がすべて収録され公開されています。

An exhibition of the old dock that was used to build and repair ships at the Yokohama shipyard owned by the Mitsubishi corporations and now conserved as a maritime museum of the Yokohama port being held from February 2nd  until March 24th 2019.

みなとみらい地区にある日本丸を係留しているドックで、現在、日本丸修理のため水が抜かれています。併設の博物館と共にご覧になると興味深いでしょう。

公開研究会のお知らせ Open seminar coming soon

公開研究会にはNPO会員外の方も参加できますが、資料代として500円を頂戴します。

関根龍太郎氏『田村明「市民の政府」への道』Akira Tamura's meditation process towards "Governmnet of Citizen" by Ryutaro Sekine

2019年3月25日(月)午後6時、桜木町市民活動支援センター4階セミナールーム2号

6 o'clock in the evening, Monday, 25th of March, 2019

Seminar room 2, Yokohama citizen's support center 4th floor, Sakuragicho, Yokohama

当NPO会員で理事でもある関根さんに、田村明の最後の著書「市民の政府」論(2006年)に至る思索の過程をお話いただきます。参加者との意見交換で田村明が目指したものを掘り下げたいと考えます。

田口俊夫氏『高速道路地下化の経緯と田村明の役割』 "Akira Tamura's real role on the process of undergrounding part of the motorway in the central part of Yokohama" by Toshio Taguchi

2019年4月22日(月)午後6時、桜木町市民活動支援センター4階セミナールーム2号

6 o'clock in the evening, Monday, 22nd of April, 2019

Seminar room 2, Yokohama citizen's support center 4th floor, Sakuragicho, Yokohama

 

当NPO会員で理事でもある田口が、田村明の横浜市での最初の仕事であった首都高速道路の地下化の経緯と、田村明の役割についての調査研究成果を発表します。これまで5年以上かかった調査活動では、おおくの関係文書が関係者の協力により発掘されました。これまで曖昧であった高速道路建設に至る前段階での国や東京都、そして横浜市内部での動きも解明されました。1年近くかかった地下化交渉の過程も段階的な動きを図に表現し、理解が深まるように工夫しました。正確な理解を得るために、当日はパワーポイントを使って詳細にご説明します。

NPO総会記念講演:越文明氏『田村幸太郎の「人間学」と明』

Mr. Fumiaki Koshi will talk as a commemorative speech at the NPO Tamura annual convention about Kotaro Tamura, father of Akira, that gave a great influence to Akira.

 

2019年5月10日(金)午後7時、桜木町市民活動支援センター4階セミナールーム2号

 

当日は午後6時よりNPOの年次総会(NPO会員のみ参加可)を開催しておりますが、総会記念講演として、東京の現代まちづくり塾会員である越文明さんに、以下の内容で講演をお願いします。総会記念講演会はNPO会員外でも参加可能ですが、資料代として500円を頂戴します。

 

田村明の父である幸太郎は、古今東西の金言を縦横無尽に駆使して数多くのセールスマ

ン指南書を著わした。まさに人の本質に迫る「人間学」であり、日本人の道標となる偉

大な知的遺産である。それらのエッセンスを世に知らしめるとともに、明の著作と比較

することにより、田村明研究における新たな地平の開拓を試みる。関連して「市民」の

訳出者である福沢諭吉の思想を基に、「市民の政府論」の構造を分析する。

◀田村幸太郎 写真、提供:田村千尋

関連研究会のお知らせ Announcement of the related seminars

NPO田村明研究会の会員である宮原宏至さんより、「山本富士子講演会」のお知らせが来ました。ご興味がある方は、内容をご確認の上、ご参加ください。

更新情報

 これ以前の投稿はこちらから

賛助会員について

本法人ではこの度、定款の変更をして「賛助会員」を新たに設けました。

賛助会員の制度は、研究会の会員をより広く募ることにより、研究会の活動を多くの方々に知っていただき全国的なネットワークを構築するものです。本法人の運営に参画する正会員と異なり、賛助会員は入会金がなく会費もお安くしております。是非、皆様の参加をお待ちしております。なお、入会は本法人HPの入会申し込みフォームからお願いします。

投稿募集

横浜のまちづくりと田村明さんに関わる話題の投稿をお待ちします。投稿に際しては「お問合わせ」フォームからお願いします。なお、投稿者のまちづくりに関わる面での簡単な自己紹介もお願いします。