まちづくり横浜の総合化と田村明-研究会

 

Tamura's drawings on world trips

田村明が残した世界旅行でのスケッチブックを

こちらで公開しています。

友好団体の活動案内

現代まちづくり塾 当該塾HPには『田村明論述アーカイブ』があり、田村明による1962年から2008年までの雑誌への投稿や論文がすべて収録され公開されています。

公開研究会のお知らせ Open seminar

青木淳弘『田村明にとっての市民とは』

2018年12月18日(火)午後6時、桜木町市民活動支援センター4階セミナールーム2号

現在準備中の韓国研究者との共同研究となる田村明著「『市民の政府』論」に係わる田村明が考え行動した「市民」とは何かを、参加者と共に解明します。

以上、当会の会員外の方には資料代として500円を頂戴します。

来年2019年1月研究会予定:遠藤包嗣『横浜赤レンガ倉庫、保存から活用事業』

2019年1月29日(火)午後6時、桜木町市民活動支援センター4階セミナールーム2号

皆様ご存知のみなとみらい地区にある赤レンガ倉庫の保存活用事業について、当時の責任者の一員であった遠藤包嗣さんが語ります。

<概要>
1、財産の処理
2、保存工事(耐震・文化財的価値)
3、活用検討とFIFAワールドカップ活用構想
4、民間事業者公募と管理運営体制
5、活用工事と完成
当日、会員外の方は資料代として500円を頂戴します。
更新情報

 これ以前の投稿はこちらから

賛助会員について

本法人ではこの度、定款の変更をして「賛助会員」を新たに設けました。

賛助会員の制度は、研究会の会員をより広く募ることにより、研究会の活動を多くの方々に知っていただき全国的なネットワークを構築するものです。本法人の運営に参画する正会員と異なり、賛助会員は入会金がなく会費もお安くしております。是非、皆様の参加をお待ちしております。なお、入会は本法人HPの入会申し込みフォームからお願いします。

投稿募集

横浜のまちづくりと田村明さんに関わる話題の投稿をお待ちします。投稿に際しては「お問合わせ」フォームからお願いします。なお、投稿者のまちづくりに関わる面での簡単な自己紹介もお願いします。