まちづくり横浜の総合化と田村明-研究会

田村明に縁のあるマチ歩きのご案内 Voluntary town guide walking around the places related to Akira Tamura

横浜市内で田村明が関ったまちづくりの現場を、ご要望に応じてご案内します。ガイド料は無償で、ガイド役の交通費と資料代のみを頂戴します。関内、山手、本牧や郊外の開発地もご案内します。申し込みは〈お問合わせ Enguiries〉でお願いします。では、お待ちします。

 

Tamura's drawings on world trips

田村明が残した世界旅行でのスケッチブックを

こちらで公開しています。

IPHS Yokohama Conference 2018 Published Theses 論文集のURL

Papers submitted and presented on that occasion 国際都市計画学会2018年横浜大会で発表された論文です。『田村明分科会 Akira Tamura session』で発表された当NPO会員による4篇の論文がご覧になれます。https://journals.open.tudelft.nl/index.php/iphs/issue/view/620

WikipediaにAkira Tamuraが掲載されました

https://en.wikipedia.org/wiki/Akira_Tamura

英語版Wikipediaに田村明が掲載されました、是非ご覧ください。当NPOよりWikipedia本部に原稿を送り審査を受けていましたが、8月上旬に審査通過の知らせを頂戴しました。

友好団体の活動案内

現代まちづくり塾 当該塾HPには『田村明論述アーカイブ』があり、田村明による1962年から2008年までの雑誌への投稿や論文がすべて収録され公開されています。

公開研究会のお知らせ Open seminar coming soon

卯月盛夫氏『横浜都市デザイン行政の変遷をみて(仮題)』2019年11月15日(金)午後6時より "Historical analysis of Yokohama City Urban Design (tentative)" by Morio Uzuki

日時:2019年11月15日(金)午後6時より

場所:桜木町市民活動支援センター4階セミナールーム2号

講師:卯月盛夫氏(早稲田大学教授、元世田谷区都市デザイン室)

概要:卯月氏は都市デザイナーとして世田谷区にとどまらず、横浜市の都市デザイン行政にも助言者として深く関わられました。また、都市美対策審議会の委員長を務め、横浜の都市デザイン行政の変遷についてもご覧になってきました。おおきな時代的変化を受けてきた横浜の都市デザイン行政について語っていただきます。

公開研究会にはNPO会員外の方も参加できますが、資料代として500円を頂戴します。

地曵良夫氏『都心部強化事業と環境設計制度を活用した開発指導』2019年12月17日(火)午後6時より "The redevelopment of the central part of Yokohama and the Development control by the environmental design incentives system" by Yoshio Gibiki

日時:2019年12月17日(火)午後6時より

場所:桜木町市民活動支援センター4階セミナールーム2号

講師:地曵良夫氏(元企画調整局企画課)

概要:人口急増時の都心部でのマンション建設の抑制と、歩行者空間創造に向けた環境設計制度の意義と限界

公開研究会にはNPO会員外の方も参加できますが、資料代として500円を頂戴します。

関連研究会のお知らせ Announcement of the related seminars

現在は特にありません。

更新情報 Upcoming news

 これ以前の投稿はこちらから

賛助会員について

本法人ではこの度、定款の変更をして「賛助会員」を新たに設けました。

賛助会員の制度は、研究会の会員をより広く募ることにより、研究会の活動を多くの方々に知っていただき全国的なネットワークを構築するものです。本法人の運営に参画する正会員と異なり、賛助会員は入会金がなく会費もお安くしております。是非、皆様の参加をお待ちしております。なお、入会は本法人HPの入会申し込みフォームからお願いします。

投稿募集

横浜のまちづくりと田村明さんに関わる話題の投稿をお待ちします。投稿に際しては「お問合わせ」フォームからお願いします。なお、投稿者のまちづくりに関わる面での簡単な自己紹介もお願いします。