Personal memory with Akira Tamura 田村明との出会い・思い出投稿欄

目的:田村明との出会いや思い出などを、会員・非会員を問わず投稿していただきます。人間田村明を理解する一助として、当HP上で公開させていただきます。是非、投稿をお願いします。

 

投稿方法:当HPの「投稿Contributions/お問合わせEnquiries」からお願いします。

 

投稿の様式:

  • 原則、本文はA4一枚に入る分量とします。
  • 写真や資料がありましたら、本文受領後に事務局から投稿者メールアドレスにご連絡しますので、別途メール添付で送信ください。
  • 投稿者のお名前・在住地と簡単な自己紹介を、本文内でお願いします。
  • 投稿者のメールアドレスは必須です。
  • 投稿されたものは、当HPで公開することに同意していただきます。

田村明さんとの出会い   寺澤成介

 

僕が田村さんの存在を知ったのは大学時代に読んだ雑誌(SDか都市・住宅)に、横浜市の6大事業等の街づくりの紹介とともに、住民自治のもと都市計画の計画主体は自治体であると主張している田村さんの文章に出会ったのが、最初であった。この時、横浜市は面白い仕事をしているとの強い印象を受け、この出会いが無ければ、僕が横浜市に就職することも無かったと思う。

ご本人に初めてお会いしたのは、横浜市が昭和20年代の早い時期から実施していた係長試験(この試験に合格して初めて係長になれる)の面接の時だった。当時面接は集団面接と個人面接の二つがあり、出会ったのは集団面接の時である。受験者が4名、面接官は6~7名で全て局長級のお偉い方々である。その中に企画調整局長として田村さんが居た訳である。ところが面接会場に田村さんの姿はなかった。特に説明もなかったがお忙しいのだろう、会えないのは残念と思っていた。

面接は4人に同じ質問をしたり、答えを準備して待っていたら突然別の質問が飛んできて慌てて答えるなどをしながら進み、始まって半分も過ぎた頃に、悠然と田村さんが会場に入ってこられた。流石、大物と言う感じである。そして、そろそろ我々の面接時間(1時間30分)が過ぎようとしていて、やっと終わると思った瞬間に、田村さんから僕に質問が飛んできたのである。

最初の質問は一年後に開港を控えていた成田空港についてだった。反対運動の事なども聞かれたと思うが、「ボタンのかけ違いです。」と答えたことしか覚えていない。

そして、最後の質問が環境アセスメントについてであった。残念ながら不勉強で、新聞の記事で斜め読みをした程度で、中身についてほとんど知らなかった。が面接なので何か答えなければと思うも、的確に答えることが出来ずるはずもない。ゴニョゴニョと答えた結果、田村さんから一言「君は技術屋じゃない」と言われ、面接が終わったのである。時計を見ると最後の約30分間、僕一人が田村さんから質問を受けていたことになる。

職場に戻ると、上司から「面接はどうだった?」と聞かれ、田村さんの最後の一言で終わったと報告すると、上司からは「来年頑張る事やね。」と。僕にとって、田村さんとの初めての出会いはほろ苦い思い出となったのである。

20年後に田村さんとお会いをする機会があったので、係長試験の面接の話をするも、記憶にないとのお話であった。

 

(横浜市金沢区在住、元横浜市職員、71歳)