田村明の描く企画調整機能 Planning and Coordination System by Akira Tamura

下記の図は、田村明の博士論文(東京大学、宅地開発と指導要綱、1980)に掲載されたものをコンピュータで書き起こしたものです(田口2020)。田村が意図した「企画調整機能」を表しています。

田村の企画調整機能の廃止 Abolition of Tamura's Planning & Coordination System

いま、当NPO会員と外部の研究者の方々と、「企画調整機能」についての研究会を立ち上げようとしている。田村明がつくった企画調整室は、縦割り組織を横につなぎ総合的な都市経営を可能にする要となっていた。物的な都市づくり面はほぼ解明されつつあるのだが、社会計画に係わるソフト分野での役割分析がまだ不十分である。企画調整室には、政治参謀の鳴海正泰、社会調査の松本得三、そして都市づくりの田村明が飛鳥田一雄市長を支え存在していた。1968年につくられた企画調整室は、田村の左遷により実質1978年に終焉を迎える。田村は1981年に横浜市を辞するのだが、翌年1982年、細郷道一市政(1978/1990)は「企画調整局解体」を宣言する。以下は、全市職員向けに配布される庁内報(隔月で発行された職員向け新聞)のコラム「標的」に記載されたものである。当時、1982年7月の国連ESCAPとの共催による都市づくりYLAPの国際会議中に発表された。国際会議の事務局一員として「企画調整機能」を世界に発信しようとしていた筆者(企画調整局都市デザイン担当)は、おおいに困惑し、かつ残念に感じた。ただし、「企画調整機能」の解釈が曖昧で、文中に「当初予定された企画調整機能をこえて…」があるが、では、その当初予定された企画調整機能とは何か、が述べられていない。恐らく、コラム担当者も分かっていなかったのだろうか…。(田口俊夫)

I'm about to launch a study group on the "planning and coordination function" with members of this NPO and outside researchers. The Planning and Coordination Office, created by Akira Tamura, was the key to connecting vertically divided organizations horizontally and enabling comprehensive urban management. The physical aspects of urban development are almost fully investigated, but the role of the soft aspects of social planning is still inadequately analyzed. The Planning and Coordination Office was staffed by Masayasu Narumi (political advisor), Tokuzo Matsumoto (social research expert), and Akira Tamura (urban planner), all of whom supported Mayor Kazuo Asukada. Tamura resigned from Yokohama City in 1981, and the following year, in 1982, the city administration of Michikazu Saigo (1978/1990) announced the dismantling of the Planning and Coordination Bureau. The following was written in the column "Target" in the City Bulletin (a bi-monthly newspaper) distributed to all city employees. This action to dismantling was announced during the International Conference on Urban Development YLAP, co-hosted by the United Nations ESCAP in July 1982. As a member of the secretariat of the international conference, I (in charge of urban design in the Planning and Coordination Bureau), who was trying to convey the "planning and coordination function" to the world, was very much puzzled and disappointed. However, the interpretation of the "planning and coordination function" on this column is ambiguous, and its sentence "beyond the originally planned planning and coordination function..." does not say what the originally planned planning and coordination function is. Perhaps the writer in charge of the column didn't know what he was talking about...(Toshio Taguchi)

 

よこはま庁内報 No.267 19827月号(620日発行)全職員配布

編集:庁内報編集委員会 発行:横浜市市民局市民活動部広報課

標的:企画財政局に期待する

▼今回の機構改革で、企画財政局が創設された。埼玉県にその例がある程度で、指定市ではもちろんはじめての組織である。市政の基本にかかわる企画調整機能と財政機能をあわせ持ち、トップマネジメントを補佐するというユニークな局の誕生であり、これに伴って、企画調整局及び財政局の二局が廃止された。これは実質的な一局削減であり、行革の要請にも応えたものとなった▼新局の発足に伴い、具体的な業務の範囲や、他の局区との関係はどうなるのかなど、職員の間でも関心をよんでいるが、細郷市長が、企画財政局を創設した狙いは、大きく次の二点に集約できるものと考えられる。その一つは、企画調整機能の純化と各局区との機能分担であり、もう一つは、ダイナミックな財政運営への期待である▼これまでの企画調整局は、当初予定された企画調整機能をこえて、実質的な事業実施へも一歩ふみ込んだ形で現在に至っている。ことの功罪は別として、これにより、事業局との機能分担の範囲が不明確になり、また、ややもすれば、事業局における創意工夫の意欲を萎えさせる面も生じていたことはいなめない。これまで、市の全機能をあげてその策定に取り組んできた「よこはま21世紀プラン」も実施の段階に入ったのを機会に、改めて企画調整部門の任務を本来の企画調整機能に立ちかえらせ、21世紀プランの進行管理とともに、市政の基本方向を誤りなくリードする役割を担うものとされたことは、誠に時期にかなうものといえよう。これにより、具体的な事業の企画と実施は、担当局の責任と創意工夫によって行われるが、改めて現局における企画能力の向上が求められるとともに、職員のやる気を起すよい機会になるものと思われる▼一方、よこはま21世紀プランに盛られた事業を着実に実行して行くためには、それなりの財源が必要であるが、世界的な低成長期に入った現在、これからの財政運営には、将来を見通した積極的な取組みと、情勢の変化に素早く対応する柔軟な姿勢が必要になる。その意味で、財政運営にも企画機能に求められている的確な洞察力と健全なバランス感覚が必要であり、そのためには、既存の財政機能の枠を乗りこえ、企画調整部門と財政部門がお互いに長短を補いあい知恵を出しあうことが求められるのであり、新局が成功するかどうかの一つは、企画、財政の両部門がセクトにとらわれることなく、混然一体となって力を発揮するかどうかにあるといってよい▼企画財政局の誕生は、職員ひとしく注目しているところであり、人事異動も終了した現在、いち早く体制を整え、その優れた指導性を発揮してほしいものである。

 

Yokohama City Hall Bulletin No.267, July 1982 (issued on June 20), distributed to all city employees

Edited by: Agency Bulletin Editorial Committee Published by: Public Relations Section, Civic Engagement Department, Civic Affairs Bureau, Yokohama City

Target: Expectations for the New Planning and Finance Bureau

As part of the recent organizational reform, the Planning and Finance Bureau was established. Actually, this is the first organization of its kind in a designated city, with the only example being in Saitama Prefecture. This is a unique bureau that will have both the planning and coordination functions, which are fundamental to city administration, and the financial functions, and will assist top management. With the establishment of the new bureau, there has been a lot of concerns among the administrative staff as to the specific scope of its work and how it will relate to the other bureaus and districts, but I believe that Mayor Saigo's aim in creating the Planning and Finance Bureau can be summed up in the following two points. One is the purification of the planning and coordination functions and the sharing of functions with each bureau and district, and the other is the expectation of dynamic financial management. The Planning and Coordination Bureau so far has gone beyond the originally planned planning and coordination functions and has now taken a step further into the actual implementation of projects. Aside from the merits and demerits of this move, it has made the scope of the division of functions between the Planning and Coordination Bureau and the other Bureaus unclear, and in some ways it has discouraged creativity and ingenuity in the other Bureaus. As the "Yokohama 21st Century Plan," which the city has been working on with all its functions, enters the implementation stage, the Planning and Coordination Department has taken the opportunity to reassert its original planning and coordination function, and has been assigned the role of managing the progress of the 21st Century Plan and leading the basic direction of the city government without error. It is truly a timely move. The planning and implementation of specific projects will be the responsibility and ingenuity of the bureaus in charge, and this will provide a good opportunity to motivate the staff as well as to improve the planning ability of the current bureaus. On the other hand, in order to steadily carry out the projects outlined in the Yokohama 21st Century Plan, adequate financial resources are needed, and as we enter a period of low economic growth worldwide, fiscal management in the future will require proactive efforts that look to the future and a flexible stance that can respond quickly to changing circumstances. In this sense, fiscal management also requires the precise insights and sound sense of balance that are required of the planning function, and this requires that the planning and coordination departments and the fiscal department overcome the sectionalism of their existing fiscal functions and complement each other's strengths and weaknesses and pool their wisdom. One of the factors that will determine the success of the new bureau is whether or not the planning, coordination, and finance departments can work in unison without being bound by sectionalism. The birth of the planning and finance bureau is attracting the attention of all staff members, and now that the personnel changes have been completed, I hope that the bureau will quickly establish its structure and demonstrate its outstanding leadership. 

横浜市民生活白書 White Papers of Yokohama Citizens' Lives

企画調整機能では、社会科学的な基礎調査を都市経営・都市づくりの前提としています。そのため、数年ごとに『市民生活白書』と名付けられた市民生活の観点からの総合的な社会調査が行われ、報告書としてまとめられ刊行され、市民が買い求めることができました。鳴海正泰の総務局調査室から田村明の企画調整室、そして松本得三の都市科学研究室へと受け継がれていきます。

In the planning and coordination function, basic social scientific research was a prerequisite for policy-making of urban management and development. Therefore, every few years, a comprehensive social survey from the perspective of citizens' lives, named "White Paper on Citizens' Lives," was conducted and published in the form of a report, which was available for purchase by citizens. From the Research Office of the General Affairs Bureau under Masayasu Narumi, it was passed on to the Planning and Coordination Office under Akira Tamura, and then to the Urban Science Research Office under Tokuzo Matsumoto.

市民生活白書昭和39年(1964)

飛鳥田市政で初の市民生活白書です。鳴海正泰(総務局調査室担当課長)が主導してまとめたものです。
横浜市民生活白書昭和39年.pdf
PDFファイル 76.4 MB

市民生活白書昭和41年(1966)

鳴海正泰による第二弾です。
市民生活白書昭和41年総論.pdf
PDFファイル 22.5 MB
昭和41年版のみ二分冊になっています。
市民生活白書昭和41年各論.pdf
PDFファイル 88.6 MB

市民生活白書昭和46年(1971)

企画調整室(鈴木和夫室長)に1970(昭和45)年7月23日新設された都市科学研究室の初仕事です。松本得三室長らしさが出ています。なお、企画調整室企画調整部長の田村明が企画調整室長になるのは1971年6月からです。この市民生活白書は1971年1月発行です。
市民生活白書昭和46年.pdf
PDFファイル 91.8 MB

市民生活白書昭和50年(1975)

企画調整局都市科学研究室(松本得三室長)による第二弾です。松本得三らしさがおおいに出ています。
横浜市民生活白書昭和50年.pdf
PDFファイル 73.2 MB

政治家市長と官僚OB市長 Politician mayor and Bureaucrat mayor

2019624日(月)午後6時~8

桜木町市民活動支援センター4階セミナールーム2

講師:南 学

 

横浜市の首長は人物的におおきく様変わりしてきた。自治体改革を推進した政治家市長・飛鳥田一雄、それをサポートした都市プランナー・田村明に関心をもち市職員となった南学氏は、その後の国家官僚出身の細郷道一と高秀秀信の傍で仕えた後に大学教授に転身する。そして、おおいなる野心をもつ政治家市長・中田宏を担ぎ再び市政に戻ることになる。激動の人生を歩み、更に中田辞職後に追われるように市を去り、いまや行政の効率化を推進するコンサルタントとして全国を飛び回る。その講演内容は刺激的であった。

Full text of Minami's talk
政治家市長と官僚OB市長.pdf
PDFファイル 225.5 KB
Excerpt of Minami's book
改革エンジンフル稼働第1章.pdf
PDFファイル 3.5 MB
横浜市企画調整局職員名簿
企画調整室発足時から企画調整局が解体されるまでに在職した職員全員を網羅しています。当時のまちづくりに関る時代背景も併記しています。本研究会メンバーによる力作です。なお、情報出典は過去の横浜市職員録で、公開資料です。
20131218横浜市企画調整担当.pdf
PDFファイル 246.0 KB

『横浜市総合計画・1985-市民による新しいまちづくり-』"The Comprehensive Plan of Yokohama City 1985 - A new city making by the citizens", the first comprehensive plan of Yokohama 1985  formulated in 1973 by Tamura's Planning & Coordination Bureau

田村明が室長そして局長を務めた企画調整は、みなとみらいや港北ニュータウンそして宅地開発要綱又はアーバンデザインのような物的計画だけでなく、医療・福祉・文化・環境・公害といった「非物的計画(課題)」についても研究計画し事業化に努めました。その一端が田村明が初めて手掛け1973年12月に刊行された『横浜市総合計画・1985』に表れています。都市づくりとは、物的計画だけでなく「社会計画」が必要なのです、田村のつぶやきが聞こえてきそうです。

Akira Tamura as the director of the Planning and Coordinaiton Bureau had committed not only to phisical planning but also to non-phisical planning as social planning issues such as health care, welfare, culture, and environment protection. You can see part of his commitment on the Comprehensive Plan of Yokohama City 1985 published in 1973 by his Bureau.

横浜市総合計画・1985 Part 1.pdf
PDFファイル 93.4 MB
横浜市総合計画・1985 Part 2.pdf
PDFファイル 51.5 MB
横浜市総合計画・1985 Part 3.pdf
PDFファイル 73.7 MB

横浜国際港都建設中期計画1969‐1973『新しい横浜をつくるプログラム』The Mid-term Plan of Yokohama city planning 1969-1973

1969年12月企画調整室による中期総合計画です。田村明による役所内で初めての「総合計画」づくりでした。
横浜国際港都建設中期計画1969.pdf
PDFファイル 13.1 MB

(NPO会員限定)横浜国際港都市建設総合基幹計画書1957

当該計画書は1957年に平沼亮三市政で作成された戦後初の所謂「総合計画」です。原本が横浜市に存在しないため、国会図書館所蔵資料を複写したものです。著作権上の問題があるとのことですので、当NPO法人の会員が学術目的で利用するために限定して利用するようお願いします。
横浜国際港都建設総合基幹計画書1957.pdf
PDFファイル 58.9 MB

横浜国際港都建設総合基幹計画(改定案)1963

当該計画(改定案)は1963年に半井清市政で作成された戦後二番目の所謂「総合計画」です。横浜国際港都建設審議会に当該改定案が諮問されたのですが、半井が市長選で飛鳥田に敗れたため、飛鳥田が原案を修正していくことになります。
横浜国際港都建設総合基幹計画(改定案)1963.pdf
PDFファイル 51.8 MB

横浜国際港都建設総合計画1965‐1975

当該総合計画は1966年5月に飛鳥田市政で作成されたものです。それまでの市政における「総合計画」がまったく物的計画のみであったのを、飛鳥田の要請(1965年4月)で「福祉計画」を追加策定したものです。田村が「六大事業」を提案したのが1964年12月ですが、当該総合計画には反映されてません。六大事業が正式に横浜市の総合計画に反映されるのは1969年に策定された「中期計画」からで、1973年12月の「横浜市総合計画・1985」で正式に追加されます。
横浜国際港都建設総合計画1965-1975.pdf
PDFファイル 87.4 MB