これまでの投稿

すべての投稿

2018年

9月

19日

Papers recalling impressions of IPHS participation 国際都市計画史学会参加の感想文

We make open papers recalling impressions of IPHS participation written by theses presenters of our NPO. 今回の国際都市計画史学会で発表した当NPO会員と参加会員からの感想文を掲載します。

2018年

9月

15日

法政大学に提出された当時の田村明教授略歴 Profile of Professor Akira Tamura written by himself and presented to the University of Hosei

Profile of Professor Akira Tamura written by himself and presented to the University of Hosei in 1997 is to be open to the public. This profile can tell how Tamura himself saw his own career and evaluated his works. All written in Japanese, we are afraid of.

田村明が1997年当時に法政大学に提出した「略歴」を公開します。彼がどう自分自身の過去の仕事を評価しているかが分かる貴重な略歴書です。

2018年

9月

01日

A pristine couple from Korea 韓国からのお客様

A pristine young couple from Korea visited our organization in August 2018 and the joint research project between them and us concerned with Akira Tamura and his book entitled “a theory of citizen’s government” would be launched soon. Ms. Kukuhee Yeo, Ph.D. student of Kyung Hee University, and Mr. Hiroki Miura, Researcher at the Institute of Korean Political Studies of Seoul National University with Ph.D. in Political Science, have recently married and they are seemingly good partners on their research activities too. During their stay in Japan they visited several areas planned by Akira Tamura being guided by Mr. Aoki and Mr. Taguchi. We welcome them who have become our new members of NPO Tamura. この度2018年8月、韓国から素敵なカップルの研究者が当NPOを訪れました。田村明の『市民の政府論』を研究するためで、近々当NPOと日韓共同研究がスタートします。呂菊喜さんは慶煕大学大学院博士課程の学生で、三浦大樹さんはソウル大学韓国政治研究所の研究員(政治学博士)です。横浜では当NPOの青木さんと田口が案内して、田村明さんに関る計画地を訪問しました。お二人は当NPOの会員にもなっていただきました。

続きを読む

2018年

8月

12日

A email from Mr. Asakawa about his speech 会員の淺川さんからのお便り

Mr. Kenji Asakawa, IGES environmental researcher and our NPO member, attended a symposium held by Habitat of United Nations in Fukuoka on 30th of July, 2018. He addressed his thesis of soft law regarding local development exaction system of Japan and received a good reaction from participants including an old staff of the Ministry of Construction and Transport. According to his impression, Asian countries seem to need good examples from Japanese experiences, especially such as well researched precedents, never superficial examples shown in advertizing brochures. They are trying to find out items possible for self-reliant solutions by themselves.

2018年7月30日月曜日から福岡で開催されていた国連ハビタットの「都市及び国土計画のグローバルシンポジウム」に参加し、アジアのBreakout sessionにて日本の事例として宅地開発要綱を発表してきました。元国交省の方からは異論もあるが面白いと評価され、アジアの方からはソフトローは結構人気で、パネルディスカッションでは、ソフトツールとか、ソフトアプロ―チ、とかソフトが大流行していました。韓国の国土研究院の方からは、韓国にも似た制度があるというので、「寄附採納」というキーワードで探すと結構出てきました。韓国の場合には開発利益に比例させるようで、開発利益を自治体側が把握することが難しく、自治体職員の能力が問われる点は同じ、と言っていました。

海外、特にアジアの途上国は日本の事例を求めていますね。それも、どの部分はどのような前提において実現したのか、がちゃんと分析されているものには反応がいいです(逆に言えば、通り一遍のパンフレットには見向きもしません)。

このハビタットのシンポジウムとつなげて開催されたのが、国交省がハビタット3を契機に立ち上げた「国土・地域計画策定・推進支援プラットフォーム(Spatial Planning Platform, SPP)」の記念すべき第一回会合でした。国交省の方と話したときには、日本の事例は無くて困っている様子もありました。田村明ネタをどんどん出せるチャンスかもしれません。ネタとして重要なのは、途上国の自助努力でなんとかなりそうなものであること、でしょうね。

注)淺川賢司氏は、公益財団法人地球環境戦略研究機関の都市タスクフォースに属する研究員で、当NPOの正会員でもあります。都市計画が専門ですが、司法試験にも合格されており、世界の都市問題解決に対して多面的なアプローチを行っています。今年7月に開催された国際都市計画史学会・横浜大会で、途上国に適用できる宅地開発要綱の概念を「ソフトロー」として研究発表しています。

続きを読む

2018年

7月

24日

Our participation to the IPHS Yokohama 2018 successfully finished 国際都市計画史学会・横浜大会2018への参加が成功裏に終了しました

Our participation to the IPHS Yokohama conference in 2018 was successfully finished, and our mission to disseminate Akira Tamura to global audiences was achieved at the initial stage. Four members of our NPO, Chihiro Tamura, Toshio Taguchi, Kenji Asakawa, and Atsuhiro Aoki addressed the panel entitled Akira Tamura and his work in Yokohama. You can see four theses delivered at the panel on this website. We would like to express all the help given to us from our members of NPO, other friends and scholars.

国際都市計画史学会・横浜大会2018での当NPO会員による発表が成功裏に終了しました。田村明とその仕事についての分科会を設置し、大会初日の一番目に発表しました。発表した4名の会員へのご支援を感謝します。発表論文はこのサイトでご覧になれます。

2018年

7月

14日

姫路からの報告 A message from Himeji

Mr. Motohiro Miki, an activist of Machi-zukuri (Town Making) in Himeji of Hyogo prefecture, presents us a final version of writing regarding his lecture held in January this year. Akira Tamura traveled around local areas of Japan as the evangelist of Machi-zukuri to meet local people and convince them. Miki is one of those people who had received a big influence from Tamura.

今年1月に行われた元姫路市職員の三木基夫氏による講演内容に加筆修正したものが、まとまりました。三木氏と田村明との長年に亘る交流を書き起し、それに係わる多数の資料も寄せられています。「まちづくり伝道師」として地方を旅した田村明の足跡が分かる貴重な論考と資料です。

続きを読む

2018年

6月

10日

田村眞生子様よりの便り A news from Mrs. Makiko Tamura, widow of Akira Tamura.

In early June Mr. Chihiro Tamura, president of NPO, and Taguchi, vice-president, visited Mrs. Tamura in Atagawa, Isu peninsula, where Mr. and Mrs. Tamura has a decent room in senior persons’ apartment with a superb vista of the Pacific ocean and Izu islands. She has been a great supporter of our organization, NPO Tamura. This time we had a briefing about our participation and expected role at the IPHS Yokohama 2018 and also a possible joint venture with the Institute for Global Environmental Strategies and NPO Tamura. She showed us her recent articles which she kindly allows us to make those open in our website.

6月上旬に田村千尋理事長と田口副理事長が伊豆熱川にある田村眞生子様宅を訪問しました。太平洋と伊豆諸島を臨む素晴らしい眺望をもつケアマンションにお住まいです。眞生子様は当NPOへの最大の支援者です。この度、IPHS横浜大会への参加準備状況とIGES研究機関との共同研究についてのご説明で参上しました。当日、眞生子様から最近お書きになった記事を頂戴しましたので、HPで公開させていただきます。なお、下記記事は、「伊豆ライフ便り第41号、2017年10月発行、伊豆ヘルス・ケアマンション」から転載しております。

続きを読む

2018年

4月

15日

IPHS/Yokohama2018

On the one night before the deadline of submission the last paper was submitted to the committee of IPHS Yokohama conference. In July 2018, Tamura Akira will be opened to the global public at this coming conference through our four papers concerned with Tamura. 

Our papers are as follows :

1.PROFILE OF PROFESSOR AKIRA TAMURA----Yokohama City Planner

2.THE ADOPTION AND ABOLITION OF THE LOCAL DEVELOPMENTEXACTION SYSTEM BY THE CITY OF YOKOHAMA

3.A study of unorthodox town making by Akira Tamura: the transmission of Tamura’s vision to younger generations

4.The status and use of soft law in local governments’ management of urban development: Restructuring the logical framework of administrative guidance on impact fees for housing development in 1970s Japan

今年7月に予定される国際都市計画史学会・横浜大会で発表される論文4編がすべて提出されました。7月を契機に、田村明が世界に発信されることになります。

2018年

4月

01日

Betterment概念の歴史的変遷

開発利益の公共還元は”Betterment"として広く都市計画家に知られて基本概念ですが、それがいつ始まり、どのように議論され、実践され、そして現代に至っているかは意外と整理されていません。実は、日本でも1900年代初期に、その導入が議論され、戦前の都市づくりでも一部実践されています。その「小論」が田口俊夫氏より投稿されました。

The notion of Betterment, planning obligation to return an increase of land value caused from public planning investment or planning permission to the public authority , has been discussed among law-makers or law-enforcement authorities around the world since the late 1890s. Surprisingly, Japan was fairly quick to introduce that notion into its own town planning practice in 1912 by a scholar, Masao Kanbe.

2018年

2月

27日

Soft Lawと宅開要綱

A new concept of soft law by Kenji Asakawa, member of NPO, which is applied to explain its legal and social context of Local Development Exaction (LDE) system, is so interesting that all attendants last evening on 24th February discussed deeply and exchanged their own views to strengthen Asakawa’s concept. Asakawa’s “Soft Law” is an idea that local planning authority can forge an agreement with developer in respect of public obligation even under the circumstance where there is no legal framework to support that execution. Apart from Japan, England and U.S. have legal frameworks to decentralize power to demand public obligation to developer by English Town and Country Planning Act and American State Enabling Act. If and when local planning authority and developer cannot reach agreement in Japan, neither necessary infrastructure nor community facilities can be installed. This kind of situation means that housing development cannot exist nor become market commodity to sell. Although LDE system has been seen alternative method in lieu of national legislation or local bye-law, it can rather become a positive measure for independent local government.

Now Asakawa is preparing full paper and submit for peer-review by the end of March for the conference of International Planning History Society (IPHS) to be held in July, which will become our NPO presentation of Akira Tamura and his work to the global planning community for the first time. We are expecting your understanding and collaboration to our project.

昨晩の研究会は建設的な議論に満ちていた。淺川氏の「ソフトロー」理論は、横浜市の宅地開発要綱に係わる社会状況を説明し、日本と同様に、国による立法措置や地域整備財源の分権化が進まない開発途上国での活用が期待されるものである。今年7月に開催される国際都市計画史学会IPHS横浜大会で「田村明分科会」が設置され、そこでの論文発表を当NPOが担当する。開発に際しての公共貢献を開発事業者に、地方自治体と合意による契約を結ぶことで求める。英国や米国のように、都市計画法や州法による支援措置がない中で、日本の地方自治体はソフトローを実践してきた。この宅地開発要綱が法律条例に代替する『消極的手法』でなく、合意による契約という当事者間での公共貢献を規定する『積極的手法』であることを理論化するものである。おおいに期待した。

続きを読む

2018年

2月

06日

IPHS2018横浜大会で田村明分科会の設置承認

国際都市計画史学会International Planning History Society (IPHS)2018年横浜大会(2018年7月15日~19日)での『田村明分科会Panel』の設置がIPHS横浜大会実行委員会から正式に承認されました。発表者は当NPO会員4名で構成されます。下記論文は「概要」が承認され、今年3月末までに論文本文が提出され審査されます。なお、論文と発表はすべて英語で行われます。

 

田村明分科会(Panel名称)The Genesis of Yokohama’s Strategic Planning Environment: Reflecting on the Contribution of Akira Tamura and His Work

横浜市における戦略的都市づくりのはじまり:田村明とその仕事を通じて

1.Profile of Professor Akira Tamura –Yokohama City Planner

横浜の都市プランナー田村明の肖像

田村千尋(当NPO理事長、なお当論文作成に際して、当NPO理事の東秀紀氏が協力しています)

2.The Adoption and Abolition of the Local Development Exaction system by the City of Yokohama

横浜市における宅地開発要綱の制定と廃止の経緯

田口俊夫(当NPO副理事長)

3.A study of unorthodox town making by Akira Tamura: the transmission of Tamura’s vision to younger generations

田村明の非定型流動のまちづくりに関する考察:田村明の思想の次世代への継承

青木淳弘(東京大学大学院社会学研究室修士課程、当NPO会員)

4.The status and use of soft law in municipalities’ management of urban development: restructuring the logical framework of administrative guidance on impact fees for housing development in 1970s Japan

都市開発行政におけるソフトローの在り方:1970年代日本の住宅開発での宅地開発要綱行政の再評価を通じて

淺川賢司(地球環境戦略研究機関IGES都市タスクフォース・プログラムマネージャー、当NPO会員)

2018年

1月

31日

宅開要綱に係る公益用地取得史料を公開

横浜市宅地開発要綱でかつて提供が求められた「公益用地(学校や保育園等の地域で不可欠の公共施設の用地に使用)」の取得手続と売買契約書に係る市財政局の当時の用地調整課の決裁書が発見され、情報開示請求で公開されました。1979年の貴重な史料です。

2018年

1月

25日

まちづくり伝道師田村明との出会い・姫路からの報告

大雪の夜であった……これで本当に講演会ができるのだろうか、だれもそう思った。しかし、遠路はるばる講師はすでに横浜に到着している。天候にかかわらず、記録をとり公開することが当NPO法人の使命である。急遽、会場に無理をいって繰り上げて、聴衆3名で講演会を開催した。徐々に聴衆も増え、講演会の後は近くの中華レストランで夜8時まで交流できた。それにしても、久しぶりの本格的な雪であった。当日、参加できなかった方々は後日記録をご覧ください。

さて、姫路市に長年勤務した三木基弘氏は、市に就職するに際して「地方自治のあり方」におおきな関心をもち、それを共に語り実践できる仲間づくりをしてきた。20名ほどの仲間たちで、全国の事例を学びながら姫路のまちづくりを考えてきた。このような三木氏にとって、田村明さんとの出会いは必然的なものであったといえる。

田村さんとの知己を得てから、田村さんを囲み仲間たちと酒を飲み語り明かした。仲間には田村さんの要請で自治体関係の本に論文を寄稿した者、市の助役になり頑張った者もいる。自分のみが突出するのでなく、仲間の誰かがやってくれる、という期待感で活動してきた。このような三木氏に田村さんは心を許したようで、姫路を訪れる時の田村さんの表情は何時もくつろいでいる。

また、田村さんの本が出版され、田村さんが姫路を訪れた時にはマチ中の書店から本を買い求め、田村さんにサインをしてもらい、無償で後輩たちに配ったという……熱血漢です。

さて、講演の詳細は後日HPに掲載しますので、少々お待ちください。

続きを読む

2017年

12月

19日

我が国初の宅開要綱制定・川西市訪問

我が国初の宅開要綱を制定した川西市(兵庫県)を訪問し、制定当時の議論が分かる記録の提供を川西市議会事務局から受けました。有難うございます。また、川西市でまちづくりを担当する部署も訪問しお話を聞きました。なお、横浜市は二番目となります。訪問記録をまとめましたので、掲載します。

続きを読む

2017年

11月

29日

田村明と現代まちづくり塾

2017年11月27日(月)午後6時より、桜木町の市民活動支援センター4階、セミナルーム2号で、関根龍太郎氏による『田村明と現代まちづくり塾』と題する講演会を開催しました。参加者は講師を含め9名でした。

2002年から東京で開講した「現代まちづくり塾」は毎月1回土曜日の午後に、休むことなく今日まで続けてこられました。田村さんは2010年1月に亡くなったのですが、亡くなる直前まで塾の活動を続けられました。その後は、塾生たちが田村さんの遺志を受け継ぎ、田村さんが残した「テーマプログラム」に基づき、分担して議論を重ねてきました。その拘りと努力には敬意を表します。

今回は、当NPO法人の理事も務め、東京の現代まちづくり塾の世話人も務める関根龍太郎氏に、現代まちづくり塾設立に至る経緯と、田村さんが亡くなるまでの時代、そして田村さん亡き後での塾生たちによる自主的活動の歴史について語って頂きました。

続きを読む

2017年

11月

08日

IPHS横浜大会提出論文の打ち合わせ会

いま、当NPOでは来年7月に開催予定の国際都市計画史学会IPHS横浜大会で、「田村明分科会」の設置を求める動きを開始しています。発表論文が4編以上で、分科会(Panelというようですが)設置の必要性と意義をIPHS理事会に訴える必要があります。

現在、東秀紀、淺川賢司、青木淳弘そして田口俊夫の4名で発表論文のとりまとめをしております。先日、11月6日(月)午後6時より、桜木町市民活動支援センター4階ディスカッションルームでそれぞれの論文の概要Abstractを基に意見交換をしました。全体を貫く「田村明論」としての整合性や、他の都市計画家との違いの鮮明化、未来に繋げていく上での意味性などを深く議論しました。

続きを読む

2017年

11月

01日

1971年の田村明と1978年の田村明

SD特集(スペースデザイン・鹿島研究所出版会)85号、1971年10月で横浜の都市づくりが特集された。1968年4月に横浜市に入った田村明の3年目の「決意表明」ともいえるものである。

やっと高速道路の地下化も目途がつき、宅地開発要綱の制定された。新都市計画法による市街化調整区域の指定作業も完了した。港北ニュータウンや金沢臨海都市も徐々に動こうとしている。横浜都心部の三菱重工造船所の課題はまだ先が見えない。しかし、都市プランナーとしては打つべき手は打ち、企画調整室を中核にして市の組織改革も進みつつあった。

田村はこの冊子で、盛んに「プランナー論」を語っている。デザイン派でも、研究室派でも、官庁派でもない、本当に動かす実践的プランナーが必要なのだと、強く主張した。まだ、田村の主張する都市づくりは形となって表れていない、これからである……

続きを読む

2017年

10月

24日

Akira Tamura and his family's history

田村千尋さんが『田村明とその家族』と題して英文による投稿をしていただきました。大変に有難うございます。来年のIPHS横浜大会に向けて、本NPOも英文による発信につとめていきます。

Thanks to Mr. Chihiro Tamura, younger brother of city planner Akira Tamura, who completed an essay regarding Akira Tamura and their family's history, we received this article from Chihiro and made it open to the public commemorating Akira Tamura as a renowned city planner.

続きを読む

2017年

10月

19日

地球環境戦略研究機関IGESでの葉山セミナーの報告

当NPOの賛助会員になっていただいたIGESの藤野純一さんと淺川賢司さんの企画で、葉山湘南国際村にあるIGESで当NPOと共同のセミナーを2017年10月18日(水)午後2時から開催しました。NPOからは遠藤包嗣、田口俊夫、そして漆原順一の3名が参加しました。富士山を臨む葉山の丘陵地にIGES本部があります。

続きを読む

2017年

10月

18日

横浜市提供の開発許可と財政状況に関するデータを公開します

この度、当NPO法人会員による研究論文作成(会員田口担当の「宅開要綱田口論文」)に際して、横浜市から開発許可件数の推移と市財政の性質別決算額の推移等のデータの提供を受けました。ついては、当HPの「研究資料集」で公開しますので、ご覧下さい。当該データの公開に際して、市の市民局・建築局そして財政局の方々にご協力いただいたことを感謝します。

2017年

10月

14日

田村塾と歩んだ15年・真矢正弘講師

定例公開研究会

2017年10月13日(金)午後6時から8時

横浜市市民活動支援センター4階セミナルーム2号

参加者12名

続きを読む

2017年

9月

25日

横浜市若手職員の自主勉強会「なぎさの会」を取材しました

いい名前だと思いました、海に関係した横浜らしい名前だと……でも、実際は人の名前でした。山田渚さんが主催する横浜市役所の若手職員たちの自主勉強会です。市役所が支援する勉強会もありえるのですが、お金には「クチ」もついてまわるものなので遠慮しているようです。

今回、NPO法人田村明記念・まちづくり研究会として取材した目的は、それほど崇高な目的があったわけではありません。老人主体の当NPO法人として、いまの若者たちがどう勉強しているのかを知りたい、と思ったからです。

訳の分からない老人に対して、爽やかにかつ親切に対応していただき、感激しました。山田さんが市役所に入ったのが9年前です。大学の都市計画専攻(都市デザイン研究室)を修了した直後に最初に配属されたのが審査部署でした。都市の基盤整備の仕事にやりがいを感じつつも、受け身の業務が少々辛い職場だったのかしれません。仲間を募り、「目の前の業務に縛られずに、理想的な都市の姿はどういうものか」皆で勉強をしていこう、と決断しました。月1回会合をもつのが目標ですが、忙しいとそれもできません。先進事例をみに見学会をしたり、講演会をお願いしたり、他都市の職員の人たちと交流したり、また自分の興味と関心のあることを発表して議論したり、と試行錯誤しながらやっています。2012年に始めて、6年目です。当初は年に19回もやっています。

メンバーは正会員が20名ほど、他にメーリングリスト会員がいます。どちらかと言うと、メインは市役所の建築職の人たちですが、事務職の人もいます。山田さん自身は横浜生まれで横浜の学校で学び、東京の大学と大学院でまちづくりや都市デザインを学び、特に実際に街に入りながら、住民とともにイベントを企画するなどのソフト系のまちづくりを実践形式で学びました。それを現場で活かしたい、そう思っています。現在は、都市デザイン室に在籍し、かつての恩師と同じ職場にいます。夢を失わずに、仕事を楽しみたい……そう思っています。田村明さんには「田村塾などで二度ほどお会いしたことがあり、お話しをさせていただいたことがありますが、叱咤激励いただいたことが強く心に残っています。」とのことです。山田さんたち、是非楽しみながら頑張ってください、老人たちからの応援です。

 

(文責:田口俊夫)

2017年

9月

16日

宅開要綱研究発表会が終了しました

続きを読む

2017年

9月

15日

横浜市宅地開発要綱に係わる市長方針決裁書の公開

横浜市の宅地開発要綱に係わる資料を公開していきます。横浜市の宅地開発要綱は1968(昭和43)年に制定され、2004(平成16)年に運用停止となります。自治体が地域づくりに際して、開発事業者に開発負担を求める自主的制度です。田村明も自らの業績を整理するために、1980年に博士論文としてまとめています。当NPO法人は横浜市に対して当該事案に係わる情報開示請求を行い、多数の有益な資料を入手しました。それらの資料を皆様と共有させていただきます。

横浜市の宅地開発要綱改訂に関する市長方針決裁書・1980(昭和55)年
1968(昭和43)年飛鳥田市政で制定された『横浜市宅地開発要綱』が細郷市政で改訂されました。ここから規制緩和の流れが始まります。

2017年

9月

04日

横浜市の区域区分に関する投稿論文

会員の田口俊夫さんより『横浜市における市街化区域及び市街化調整区域の設定作業の経緯分析』という論文が投稿されました。田口さんが現在執筆中で今月9月15日(金)にNPOの研究会で発表される、宅地開発要綱に関する論文の参考資料となる小論文です。このような貴重な資料を、永年に亘り保管してきた横浜市役所担当者の方々のご努力に敬意を表します。

続きを読む

2017年

8月

15日

田村明著作物に関する著作権の帰属について

関係者各位

 

この度、2017年 7月 31日をもって田村明著作物に関する著作権を所有していた田村眞生子様より、本NPO理事長を務める田村千尋に当該著作権が正式に譲渡されました。

今後の当該著作権に関するお問合せは、本NPOを通じてお問合せ下さい。本NPOより田村千尋に伝達し、しかるべき処理を行います。

なお、当該著作権は当分の間、田村千尋個人が所有するもので、本NPOが所有するものではありません。

2017年

8月

15日

研究会の日程

皆様へ、今後の研究会の日程です。

 

9月15日(金)午後6時 『宅開要綱論文最終稿』

講師:田口俊夫(当会正会員)

桜木町の市民活動支援センターセミナルーム2号

 

これまでも数回に亘り、宅開要綱論文草稿を発表させていただきました。その後、米国においても自治体による開発負担の制度が、1980年代以降始まり現在も継続していることが確認されました。孤立無援のなかで、業界寄りの国からの圧力で最終的に廃止された日本の宅開要綱、逆に州政府や司法の世界からの支援を受け、今もしっかり存続する米国の負担制度が対比されます。この部分を含め、論文全体の結論部分を再構成しました。

続きを読む

2017年

8月

07日

2017年定款変更の案内

NPO法人田村明記念・まちづくり研究会副理事長の田口俊夫です。

この度、本会定款変更を致しましたので、ご報告します。

変更内容は以下のものです。

続きを読む

2017年

7月

24日

田村明プロフィール作成研究会の報告

 

日時:2017年7月14日(金)午後6時~8時45分

場所:桜木町市民活動支援センター4階セミナールーム2号

講師:東秀紀氏(本NPO理事、歴史作家、元首都大学東京教授)

出席者:正会員11名

続きを読む

2017年

7月

06日

7月14日(金)公開研究会開催のお知らせ

NPO法人田村明記念・まちづくり研究会 定例研究会

-----------------------------------------------------------

テーマ:田村明プロフィール作成部会

素案提供:東秀紀(本NPO法人理事・歴史作家)

日時:2017年7月14日(金)午後6時~

場所:横浜市市民活動支援センター4階セミナールーム2号

横浜市中区桜木町1-1-56みなとみらい21クリーンセンタービル4階

資料代:500円(当会会員は無料、賛助会員へのお申込みはこちらから)

-----------------------------------------------------------

続きを読む

2017年

6月

26日

6月23日(金)公開研究会報告(速報)

 

1.奥津憲聖『近現代個人文書が有する価値とその編成-都市プランナー・田村明の旧蔵資料を事例に-』

 

2.青木淳弘『<いま>田村明を<読む>ということ-田村明の社会学的研究構想-』

 

 NPO会員20歳代の二人の発表は意義深かった。

続きを読む

2017年

6月

19日

6月23日(金)公開研究会開催のお知らせ

公開研究会を下記のとおり開催します。会員または会員外でも参加できますので是非お誘い下さい。

 

NPO法人田村明記念・まちづくり研究会 公開研究会

-----------------------------------------------------------

講師とテーマ:

その1 奥津憲聖(当会正会員)『近現代個人文書が有する価値とその編成―都市プランナー・田村明の旧蔵資料を事例に―』

その2 青木淳弘(当会正会員/東京大学文学部社会学研究室)『社会学からみた田村明の功績についての研究構想』

日時:6月23日(金)午後6時~

場所:横浜市市民活動支援センター4階セミナールーム2号

横浜市中区桜木町1-1-56みなとみらい21クリーンセンタービル4階

資料代:500円(当会会員は無料、賛助会員へのお申込みはこちらから)

-----------------------------------------------------------

続きを読む 0 コメント

2017年

6月

14日

田村眞生子様からのお便り

 田村明夫人・眞生子様より、お友達との句集を頂戴しました。田村明さんの想い出が連載されています。奥様の御了承を頂戴して、皆様にご覧いただくために、当会HPに掲載します。眞生子様の句集と想い出は、「あけび」通信(編集者:和田知子様)の第112号(2016年10月)、第113号(2017年2月)、第114号(2017年5月)に掲載されました。奥様と田村さんの温かな思いやりが伝わってきます。

続きを読む

2017年

6月

12日

香川観光綜合開発計画の報告書を公開

環境開発センターが作成した「香川県観光綜合開発計画マスタープラン報告書」の全文を研究資料集のページで公開しています。この報告書について詳しくは2015年3月26日に掲載した「田村明の初仕事としての香川県観光総合計画づくり」をご覧ください。

2017年

5月

22日

MM21論文が日本建築学会計画系論文集に掲載されました

 

 NPO法人田村明記念・まちづくり研究会の田口俊夫です。この度、みなとみらい21に関する研究を再度まとめ直し、日本建築学会査読論文の審査を通り、「計画系論文集」2017年5月号に掲載されることとなりました。

 会員とご支援いただいている方々に、お目を通していただきたく、当NPO法人のHPに掲載することといたしました。

 当該論文は、2016年4月3日の記念シンポジウムの場で発表させたいただいたものを、まとめ直したものです。より分かり易く内容を整理したつもりです。みなとみらい21事業に関わった方々のご苦労を学び直す上で、参考にしていただけると、幸いです。

 では、皆様からのご意見をお待ちします。

続きを読む

2017年

5月

04日

2017年度総会の報告

 2017年4月28日(金)午後6時から横浜市立大学・鈴木伸治教授による講演「田村明研究の視座」が始まりました。つい最近、世界銀行からの調査団が横浜市に来て、鈴木教授も横浜の都市づくりについて質問を受けました。なぜ六大事業は、田村明がわずか13年在職(1968年4月~1981年3月)しただけで、その後も市の方針として継続していったのかが不思議である、とのことでした。海外では政権が変われば担当者も政策も変わるのが普通で、しかし横浜では継続した。この詳細は後日講演録を掲載しますので、お楽しみに。 

続きを読む

2017年

4月

22日

NPO法人田村明記念・まちづくり研究会 2017年度総会の開催

NPO法人田村明記念・まちづくり研究会 2017年度総会

日時:2017年4月28日(金)午後7時より

場所:横浜市民活動支援センター4階セミナールーム2号

出席予定者:正会員、ただし賛助会員は傍聴できます

 

議題:

1.2016年度事業報告及び決算報告

2.2017年度事業計画及び予算説明

3.その他

 

なお、当日午後6時より7時まで記念講演を開催します。どなたでも参加できます。

講演者:鈴木伸治横浜市立大学教授

演題:田村明研究の視座とその可能性

 

2017年

3月

17日

3月16日(木)公開研究会報告

 

川股隆「飛鳥田市政の財政事情と事業運営」

開催日:2017年3月16日(木)午後2時~5時30分

場所:横浜市民活動支援センター4階セミナールーム2号

参加者:11名(講師含む)

続きを読む

2017年

3月

03日

3月16日(木)定例研究会開催のお知らせ

定例研究会を下記のとおり開催します。会員または会員外でも参加できますので是非お誘い下さい。

 

NPO法人田村明記念・まちづくり研究会 定例研究会

-----------------------------------------------------------

テーマ:「飛鳥田市政の財政事情と財政運営」

発表者:川股隆(有機農業者)

~川股隆氏プロフィール~

東京教育大学卒。1971年4月、横浜市役所入庁。

企画調整室、財政局財政課、財政局係長、横浜市立大学経理係長、財政局予算係長、保土ヶ谷区区政推進課長、経済局商業課長、経済政策課長、企画財政局総合計画課長、横浜市立大学企画担当部長、交通局経営企画部長、下水道局経営企画部長を経て、2002年に早期退職。

日時:3月16日(木)午後2時~

場所:横浜市市民活動支援センター4階セミナールーム2号

横浜市中区桜木町1-1-56みなとみらい21クリーンセンタービル4階

資料代:500円(当会会員は無料、賛助会員へのお申込みはこちらから)

-----------------------------------------------------------

続きを読む

2017年

2月

17日

2月10日(金)公開研究会報告

 

宅地開発要綱田口論文・第二回研究会

開催日:2017年2月10日(金)午後6時~8時30分

場所:横浜市民活動支援センター4階セミナールーム2号

参加者:8名(講師含む)

続きを読む

2017年

2月

13日

MM21開発に関する参考資料

 この度、日本建築学会の計画系論文集に小生研究『横浜みなとみらい21開発中央地区における開発方式の時系列的分析』が最終の論文審査に通りました。

ついては、情報開示請求で取得し研究に活用した資料を多くの方々に活用していただくために、本NPO法人のHPで掲載公開することと致しました。

 当該研究論文は、2016年4月3日NPO記念シンポジウムで発表させたいただいた論文『みなとみらい21開発の経緯』が土台です。

 最終的には今年5月の論文集に掲載予定です。なお、当該情報開示資料の公開は、開示許可に際して開示元からご承認を頂戴しておりますことを申し添えておきます。

田口俊夫

続きを読む

2017年

2月

04日

2月10日(金)定例研究会開催のお知らせ

定例研究会を下記のとおり開催します。会員または会員外でも参加できますので是非お誘い下さい。

 

NPO法人田村明記念・まちづくり研究会 定例研究会

-----------------------------------------------------------

テーマ:「革新首長と宅開要綱」

発表者:田口俊夫(当NPO副理事長)

日時:2月10日(金)午後6時~

場所:横浜市市民活動支援センター4階セミナールーム2号

横浜市中区桜木町1-1-56みなとみらい21クリーンセンタービル4階

資料代:500円(当会会員は無料、賛助会員へのお申込みはこちらから)

-----------------------------------------------------------

続きを読む

2017年

1月

29日

1月24日(火)公開研究会報告

遠藤包嗣氏講演会『港北ニュータウン建設事業の課題と展開』速報

 

 遠藤氏の講演録は近日中に詳細なものが上がってきますが、当日の速報を掲載します。当日の参加は講師を含めて会員10名でした。午後6時から9時近くまで休憩もなく熱をおびた講演と意見交換がされました。参加者の方々、ご苦労様でした。

続きを読む

2017年

1月

12日

1月24日(火)定例研究会開催のお知らせ

定例研究会を下記のとおり開催します。会員または会員外でも参加できますので是非お誘い下さい。

 

NPO法人田村明記念・まちづくり研究会 定例研究会

-----------------------------------------------------------

テーマ:「港北ニュータウン建設事業の課題と展開」

発表者:遠藤包嗣さん(当NPO理事、元横浜市都市整備局港北ニュータウン建設部建設課計画担当係長)

日時:1月24日(火)午後6時~

場所:横浜市市民活動支援センター4階セミナールーム2号

横浜市中区桜木町1-1-56みなとみらい21クリーンセンタービル4階

資料代:500円(当会会員は無料、賛助会員へのお申込みはこちらから)

-----------------------------------------------------------

続きを読む

2016年

12月

08日

12月2日(金)公開研究会報告

開催日:2015年12月2日(金)午後6時~9時

場所:横浜市民活動支援センター4階セミナールーム2号

参加者:9名(講師を含む)

 

議題1 田口俊夫『革新自治体における開発コントロール手法形成の経緯と変化-横浜市における宅地開発要綱を事例として-』

議題2 永山克男さん『宮城大学における博士論文の進め方』

続きを読む

2016年

11月

29日

12月2日(金)定例研究会開催のお知らせ

定例研究会を下記のとおり開催します。会員または会員外でも参加できますので是非お誘い下さい。

 

NPO法人田村明記念・まちづくり研究会 定例研究会

-----------------------------------------------------------

講師:田口俊夫

テーマ:「田村明の宅地開発要綱についての一考察・横浜の30年後の姿」

日時:2016年12月2日(金)18時~

場所:横浜市市民活動支援センター4階セミナールーム2号

横浜市中区桜木町1-1-56みなとみらい21クリーンセンタービル4階

資料代:500円(当会会員は無料、賛助会員へのお申込みはこちらから)

-----------------------------------------------------------

続きを読む

2016年

11月

17日

横浜市会議員・高橋正治さんのミニ研究会報告

2016年11月14日(月)午後7時30分より9時まで

桜木町市民活動支援センターセミナールーム2号

出席者・8名(講師含む)

 

 市会議員の人の話を聞くのは初めてであった、まあその程度の地方政治に対する意識しかない田口であるが。市会議員として緑区選出で14年目の高橋正治さんをお招きした。高橋さんは民間会社の技術者から議員に転身した。

 宅地開発要綱について研究を始めた田口が、いまの市会がかつて宅地開発要綱で定めたような開発者負担を求める「条例」を果たして制定できるものなのかどうか、を議員の立場から意見を聞いてみたいと思いお願いした。

続きを読む

2016年

9月

22日

田村千尋講演会『田村明の思想に影響を及ぼした家族、そして……』

 本研究会の定例公開講演会を2016年9月12日(月)午後6時より8時30分まで、桜木町の市民活動支援センターセミナールーム2号で開催しました。参加者は12名でした。

 

 講師の田村千尋さん(本研究会理事長)が田村明の思想形成に影響を与えたご家族それぞれを詳述しました。田村家は父親の田村幸太郎(こうたろう)、母親の忠子(ただこ)と長男の忠幸(ただゆき)、次男の義也(よしや)、三男の明(あきら)そして四男の千尋(ちひろ)の男四人兄弟です。特にこのなかで、次男の義也さんがおおきな影響を明さんに与えた、というのがこの講演の趣旨となっています。義也さんは学徒出陣から特攻要員となり、どうにか生きながらえて慶應義塾に復学しました。その後、戦後間もない岩波書店に入社し、雑誌『文学』の編集長をながく務め、途中、革新的な時代の潮流を先導した『世界』編集長も務めました。装丁家としても有名です。家族が語る田村明像は深層心理に迫り、かつ深い愛情に満ちた分析となっています。

 

続きを読む

2016年

8月

30日

9月12日(月)公開研究会開催のお知らせ

公開研究会を下記のとおり開催します。会員または会員外でも参加できますので是非お誘い下さい。

 

NPO法人田村明記念・まちづくり研究会 公開研究会

-----------------------------------------------------------

田村千尋「田村明の思想に影響を及ぼした家族、そして、、」

日時:2016年9月12日(月)18時~

場所:横浜市市民活動支援センター4階セミナールーム2号

横浜市中区桜木町1-1-56みなとみらい21クリーンセンタービル4階

資料代:500円(当会会員は無料、賛助会員へのお申込みはこちらから)

-----------------------------------------------------------

続きを読む

2016年

8月

30日

tvk「ニュース930α」の取材を受けました

(tvk「ニュース930α」8/23放送分より)
(tvk「ニュース930α」8/23放送分より)

 田村明の経歴と彼の横浜での都市づくりの取り組みが、8月23日(火)放送のtvk「ニュース930α」で紹介されました。放送に先立ち当NPO法人の理事長・田村千尋がtvkの取材を受けました。

 

 午後9時半から放送された番組の中盤、「横浜の都市づくりにかけたプランナーの思い」というタイトルの特集の中で、田村明の活躍を紹介する映像が取材時のインタビューの映像を交えながら、5分程度放映されました。

 

続きを読む

2016年

8月

03日

遠藤包嗣氏講演会速報:田村明流の複合事業への対応

 

 元横浜市企画調整局職員であった遠藤包嗣(えんどうかねつぐ)氏の講演は実に興味深かった。実体験を冷静に客観的に分析すると、このような研究発表となる確かな事例となった。なお、当日の出席は、正会員と賛助会員で13名で、岩手と福島からの参加もあった。

 

続きを読む

2016年

7月

12日

7月29日(金)公開研究会開催のお知らせ

この度、新理事に就任いただいた遠藤包嗣(えんどう・かねつぐ)さんの講演会を、下記のとおり開催します。なお、会員または会員外でも参加できますので是非お誘い下さい。

 

NPO法人田村明記念・まちづくり研究会 公開研究会

-----------------------------------------------------------

遠藤包嗣「『企画調整室の活動』と『金沢地先埋立事業の展開』」

日時:2016年7月29日(金)18時~

場所:横浜市市民活動支援センター4階セミナールーム2号

横浜市中区桜木町1-1-56みなとみらい21クリーンセンタービル4階

資料代:500円(当会会員は無料、賛助会員へのお申込みはこちらから)

-----------------------------------------------------------

続きを読む

2016年

7月

10日

横浜まちづくり塾(田村塾)7月例会のご案内

横浜まちづくり塾(田村塾)の2016年7月例会のご案内です。

※NPO法人田村明記念・まちづくり研究会とは別団体ですが、横浜まちづくり塾にはホームページがないため、こちらで例会のご案内をさせていただいております。問い合わせ先についてはページ下のPDFファイルをご参照ください。

 

と き 7月21日(木) 18:30〜21:00 

会 場 神奈川県民サポートセンター709号室 

    *横浜駅西口から徒歩5分

テーマ  横浜まちづくり塾:ファイナルステージ-3 

         田村明、田村塾、そして私のまちづくり考

   ~~田村塾の歩みと「まちづくり」への提言~~

講師陣 田村千尋、中村勉、安田八十五、野田邦弘、後藤眞理子

    ほかご参加の塾生の皆さん

 

*モデレーター 嶋田昌子:横浜シティガイド協会理事

        &中津秀之:関東学院大学工学部准教授

    

注:講師陣は7月例会に予めご参加予定のメールをいただいた方のお名前の一部を列記しました。

 

定 員 25名(先着定員)

参加費(資料代含む) 500円

 

続きを読む

2016年

6月

22日

田口俊夫論文『みなとみらい21開発の経緯』

 当該研究論文は、2016年4月3日に開催された『田村明からのメッセージ』記念シンポジウムの場で発表されたものです。これまで詳細には語られることがなかったみなとみらい21開発に係る歴史的事実を幾ばくか掘り起こしたものです。

横浜のまちづくりには、田村明が中心となり、多くの人々が関りました。かつ長い時間の流れの中でその理念と姿勢を継承した人々がいて、そして今後もいることにより、今のみなとみらい21とこれからの横浜の歴史がつくられていきます。論文作成に際してはおおくの人々、そして研究仲間に支えられました。有難うございました。

(田口俊夫)

続きを読む

2016年

6月

15日

2016年総会の開催報告

 2016年6月9日(木)午後7時30分より総会が開催され、正会員全員13名(内、4名が委任状提出)が出席しました。議長に田村千尋氏が選任され、議事に入り、関根龍太郎氏より2015年度の総括と課題の説明を受け、田口俊夫氏より2015年度活動報告と決算書類の説明がありました。決算書類については、すでに監事の遠藤博氏による監査が終了しています。

 

 次に、2016年7月1日よりの2年間の新役員の選任があり、7名の理事(田村千尋、田口俊夫、関根龍太郎、寺澤成介、遠藤包嗣、東 秀紀、星 卓志)と1名の監事(遠藤 博)が選ばれました。また、総会後の理事会で、田村千尋氏が理事長に、田口俊夫氏が副理事長兼会計担当に選ばれました。

続きを読む

2016年

6月

04日

正会員意見交換会を開催しました

 正会員意見交換会を2016年5月25日(水)午後6時から8時まで、桜木町市民活動支援センター5階にて開催しました。参加者は8名で、現在の理事3名と正会員5名でした。会では6月9日(木)の総会に向け、2015年度活動報告書や決算書類についての意見交換がなされました。

続きを読む

2016年

5月

17日

NPO法人田村明記念・まちづくり研究会 2016年総会のご案内

当NPO法人は、以下のとおり2016年度「総会」を開催します。

---------------------------------------------------------------------------

日時:2016年6月9日(木)午後7時30分より8時30分までを予定

場所:横浜市開港記念会館7号会議室(横浜市中区本町1丁目6番地)

議題:

第1号議案 2015年度活動報告と決算報告について

第2号議案 2016年度活動計画案と予算案について

第3号議案 新役員人事案について

----------------------------------------------------------------------------

なお、同日午後6時30分より、以下の講演会があります。会員又は会員外でも参加が可能です。

続きを読む

2016年

5月

11日

正会員集会の報告その2

 5月10日(火)午後7時より、桜木町の市民活動支援センター打ち合わせコーナーをお借りして、NPO法人正会員7名が集まり、今後の研究会の運営方針案について意見交換しました。わずか7名の会でしたが、熱い意見が飛び交いました。

 6月9日(木)午後6時から関内の開港記念会館会議室で開催予定のNPO法人の総会に向けて、2015年度の総括と2016年度の運営方針について議論しました。当日は総会の前に、田村明による世界のスケッチ画集を整理している遠藤博氏からの講演も予定されています。

 

続きを読む

2016年

4月

20日

拡大正会員集会を開催しました

  4月19日火曜日午後6時より、桜木町の横浜市民活動支援センターでNPO法人の10名の正会員たちが集まり、今年度の反省と次年度に向けた事業方針について意見交換をしました。

 

 NPO設立1周年と田村明による論述集の出版を記念した「田村明からのメッセージ」シンポジウムが4月3日に開催され、当日190名の参加を得て成功裏に終了しました。新会員も増えたなかで、もう一度NPOの設立趣旨を振り返り、NPOの事業目的とそれを支援する運営体制についても熱心に意見交換がなされました。その結果、6月9日(木)夕刻よりNPOの総会を開催することに決定し、それに向けてNPOの活動「三ヵ年計画」を立案することとなりました。この後、適宜詳細をお伝えしていきます。

続きを読む

2016年

4月

05日

シンポジウム「田村明からのメッセージ」開催報告(速報)

 4月3日(日)午後1時30分より神奈川県民ホール6階大会議室で、都市プランナー田村明没後六年の記念祭が開催されました。同時に、田村明とまちづくりを研究するNPO法人田村明記念・まちづくり研究会の設立1周年を迎え、研究成果の発表と講演が行われました。

 

続きを読む

2016年

2月

11日

シンポジウム「田村明からのメッセージ」ご案内

 田村明が天に召されて6年。その間、東日本大震災による東北地方の壊滅状況、原発の崩壊を経験し、改めて自然の大きさ、人為の限界を知ることになりました。法政大学教授時代には「大地震は必ず来る」と都市問題として語り、世紀の変わる1999年には21世紀ではなく、22世紀を語り、未来に目を向け、調べること、書くことの好きな人でした。

 

 生前、田村明が雑誌などに掲載していた文章をまとめたいと聞いていた夫人の田村眞生子は、横浜市立大学の鈴木伸治教授に編集を依頼し、4月に『今、田村明を読む』が出版されることになりました。

 

続きを読む

2016年

1月

23日

横浜まちづくり塾(田村塾)2月例会のご案内

横浜まちづくり塾(田村塾)の2月例会のご案内です。

※NPO法人田村明記念・まちづくり研究会とは別団体ですが、横浜まちづくり塾にはホームページがないため、こちらで例会のご案内をさせていただいております。問い合わせ先についてはページ下のPDFファイルをご参照ください。

 

とき 2月18日(木) 18:30〜21:00

会場 神奈川県民サポートセンター1503号室

    *横浜駅西口から徒歩5分電話045-312-1121

テーマ

持続可能な都市プランニング

~横浜の実践から学んだポイント~

講師 土井一成:横浜市水道局長

定員 30名(先着定員)

参加費(資料代含む)・過去に当塾受講の方500 円

          ・今回初めて受講の方1000 円(初回のみ) 

 

続きを読む

2015年

12月

24日

2015年12月18日 研究会報告

 田口会員より1年以上に亘る調査研究活動を経て、「みなとみらい21事業の経緯」を分析した論文発表がなされました。まずは、会員(正会員、賛助会員)限定で論文発表会を聞き、当日参加した会員間で意見交換が活発に行われました。

 田口論文は、昭和39年の六大事業構想の提案に遡る戦後直後から、田村明が横浜市に入り現場で三菱や国鉄との調整を図り、田村が持論とした「民間主体の開発」方式を昭和53年3月まで追いかけた第一期から始まります。造船不況や飛鳥田市長退任で三菱造船所移転問題が停滞した後に、飛鳥田を継いだ細郷市長を補佐して企画調整局の小澤恵一企画課長が、再び三菱との再調整を図り、事業化の枠組みを作った第二期に繋がります。開発に不安をおぼえる三菱は先導する公的開発を求め、結果として港湾業界の圧力もあり、みなとみらい21の事業規模は大きくふくらみ、埋立地が拡大していきます。57年4月の小澤異動後に着任した、同じく田村明の薫陶を受けた廣瀬良一が、みなとみらい21の事業化を受け継ぎました。廣瀬は三菱からも土地の譲渡を受け、関係者が共同して事業化を開始します。ただし、当初からの懸案事項であった国鉄との調整は遅れてしまったのです。なお、当該論文はまだ途中段階であり、当時の関係者を含め会員からのフィードバックを受けた上で、最終的な取りまとめを行うこととなりました。

続きを読む

2015年

12月

01日

横浜まちづくり塾(田村塾)12月例会のご案内

横浜まちづくり塾(田村塾)の12月例会のご案内です。

※NPO法人田村明記念・まちづくり研究会とは別団体ですが、横浜まちづくり塾にはホームページがないため、こちらで例会のご案内をさせていただいております。問い合わせ先についてはページ下のPDFファイルをご参照ください。

 

とき 12月17日(木) 18:30〜21:00

会場 神奈川県民サポートセンター1503号室

    *横浜駅西口から徒歩5分電話045-312-1121

テーマ《横浜の戦後70年記念レポート》

    日吉台地下壕から見る太平洋戦争と横浜(日吉)の空襲

    ~慶応キャンパス地下に眠る帝国海軍最後の砦からの証言~

講師 茂呂秀宏:日吉台地下壕保存の会運営委員

定員 30名(先着定員)

参加費(資料代含む)・過去に当塾受講の方500 円

          ・今回初めて受講の方1000 円(初回のみ) 

 

続きを読む

2015年

11月

19日

11月7日(土)田村ゼミ卒業生との合同研究会の報告

NPO法人田村明記念・まちづくり研究会*法政大学田村ゼミ卒業生との合同研究会

開催日:2015年11月7日(土)午後2時~5時

場所:横浜市民活動支援センター4階ワークショップ広場

 

 教育者・田村明は、決して持論や経験を押し付けることなく、若者の自主性を待ちつづけた。かつ、不確かな知識や情報で語ることはせず、常に自分自身も学び続けていた。自立した若者たちは世の中に巣立ち、それぞれの分野で自覚ある市民として活動しつづけている。これらのことが、法政大学法学部政治学科田村明ゼミの卒業生たちとの対話から明らかになった「教育者・田村明像」である。横浜市役所のかつての若手職員たちが田村明を囲む自主勉強会で感じた「まちづくり実践者・田村明像」と同じであった。今回ゼミ生の方々にお会いできて、よかった……と思った。

(文責:田口)

続きを読む

2015年

11月

19日

田村明さんが指摘した「地域づくりの6つの欠点」と黄金町

 残念ながら、田村明さんには、黄金町の取り組みが始まった2005年以降、街を見てもらったことは記憶にない。ただ、田村さんが亡くなる1か月前に伊豆の自宅を訪ねた際に、黄金町について説明した記憶がある。話の中では、都市デザインはハードの整備だけではなく、地域とのかかわりやまちの人との協働作業が行われて、初めて都市デザインを進めていくことになるというニュアンスの発言をされていた。


続きを読む

2015年

11月

04日

横浜まちづくり塾(田村塾)11月例会のご案内

横浜まちづくり塾(田村塾)の11月例会のご案内です。

※NPO法人田村明記念・まちづくり研究会とは別団体ですが、横浜まちづくり塾にはホームページがないため、こちらで例会のご案内をさせていただいております。詳細についての問い合わせはページ下のPDFファイルをご参照ください。

 

と き 11月19日(木) 18:30〜21:00  

会 場 神奈川県民サポートセンター1503号室 

     *横浜駅西口から徒歩5分 電話045-312-1121

テーマ 地域経済&地域コミュニティを考える-3

    国際港都・横浜はどう変わるべきか

         ~港湾事業90年余の経済人が語る課題と展望~

講 師 藤木幸太:藤木企業(株)代表取締役社長、横浜港運協会副会長

定 員 30名(先着定員)

参加費(資料代含む) ・過去に当塾受講の方  500円         

            ・今回初めて受講の方 1000円(初回のみ) 

 

続きを読む

2015年

10月

22日

現代まちづくり塾主催 みなとみらいマチ歩きのご報告

 10月17日土曜日午後1時より夕方5時の宴会まで、横浜駅東口から桜木町駅まで、みなとみらい(以下「MM」といいます)地区のマチ歩きをしました。雨が心配されていましたが、どうにか曇り空でおさまり、10名ほどで楽しく歩き通しました。

 案内役は、当NPO法人副理事長の田口俊夫です。田口は一時期、横浜市役所の担当者としてMMのまちづくりに関わったのですが、MMまちづくりの歴史的経緯をまったく知らないままでした。そこで今回、MMまちづくりの経緯を資料を発掘しながら客観的研究を始めた。その中間段階での成果の一端を、マチ歩きの中でご説明し、参加者と意見交換をしながら歩きました。

続きを読む

2015年

10月

10日

11月7日(土)田村ゼミ卒業生との合同研究会のお知らせ

11月7日(土)に法政大学田村ゼミ卒業生との合同研究会を開催させていただきます。

みなさまの参加をお待ちしております。

続きを読む

2015年

10月

09日

9月25日(金)公開研究会報告

開催日:2015年9月25日(金)午後6時~8時45分

場所:横浜市民活動支援センター4階セミナールーム


 参加者は会員8名で少なかったが、極めて興味深い話しが二つ聞くことができた有意義な夕べであった。なお、自治体学会奈良大会でのNPO法人の活動紹介の報告もあったが、別途報告済みなので割愛する。

続きを読む

2015年

10月

01日

横浜まちづくり塾(田村塾)10月例会のご案内

横浜まちづくり塾(田村塾)の10月例会のご案内です。

※NPO法人田村明記念・まちづくり研究会とは別団体ですが、横浜まちづくり塾にはホームページがないため、こちらで例会のご案内をさせていただいております。詳細についての問い合わせはページ下のPDFファイルをご参照ください。


と き 10月15日(木) 18:30〜21:00  

会 場 神奈川県民サポートセンター1501号室 

     *横浜駅西口から徒歩5分 電話045-312-1121

テーマ 地域経済&地域コミュニティを考える-2

    横浜新市庁舎建設がめざす街の活性化

     ~新市庁舎のデザインコンセプトについて~

講 師 綱河 功:横浜市都市整備局 都市デザイン室長

    桂 有生:横浜市都市整備局 都市デザイン室・都市デザイナー

定 員 45名(先着定員)

参加費(資料代含む) ・過去に当塾受講の方  500円         

            ・今回初めて受講の方 1000円(初回のみ)

 

続きを読む

2015年

8月

30日

9月25日(金)公開研究会開催のお知らせ

9月25日(金)に下記の通り公開研究会を開催させていただきます。

みなさまの参加をお待ちしております。

続きを読む

2015年

8月

26日

自治体学会奈良大会への参加報告

 自治体学会奈良大会のポスターセッションに参加してきた。古都奈良駅前にある奈良市教育センタービルで、8月22日土曜日の朝9時から夕方4時まで、ポスターの前に立ちつづけた。

 人が来るのをひたすら待ち、通り過ぎる人に紹介チラシを渡し、興味と関心をもってくれる人に短時間でも説明する。残念ながら会場が少々狭くて、ポスターをゆったりと見て戴く環境に乏しかった感はある。

 前の日、金曜日夕刻から情報交換会があり、奈良公園内にある立派な県立会議センターに多くの人が集まった。その場でもチラシ配りをして、新NPO法人の紹介に努めた。理事長の田村千尋と副理事長の田口俊夫が、参加者の間をぬって話しかけた。

続きを読む

2015年

8月

25日

横浜まちづくり塾(田村塾)9月例会のご案内

横浜まちづくり塾(田村塾)の9月例会のご案内です。


と き 9月17日(木) 18:30〜21:00  

会 場 神奈川県民サポートセンター306号室 

     *横浜駅西口から徒歩5分 電話045-312-1121

テーマ:地域経済&地域コミュニティを考える-1

     次世代に引き継ぐ横浜の「魅力」とは何か

      ~沖縄&寿の暮らしから「まちづくり」の課題を探る~

講 師 田中大樹:神奈川新聞経済部記者

定 員 30名(先着定員)

参加費(資料代含む) ・過去に当塾受講の方  500円         

            ・今回初めて受講の方 1000円(初回のみ)

 

続きを読む

2015年

8月

11日

8月7日(金)研究会報告

 当日のテーマは二つで、8月22日(土)奈良で開催される自治体学会ポスターセッションに参加する資料内容についての意見交換、8月17日から18日にかけて伊豆熱川の田村眞生子様宅で実施されるヒヤリング調査の項目についての意見交換でした。

 参加者12名は全員正会員で、他に1名飛び入り参加者もいましたがすぐに退出されました。

続きを読む

2015年

7月

13日

8月7日(金)研究会のお知らせ

自治体学会奈良大会ポスターセッション参加ポスター説明会

日時:8月7日(金)午後6時より

場所:横浜市民活動支援センター4階ワークショップ広場


 当会では8月22日(土)に奈良市内で開催される自治体学会奈良大会のポスターセッションで、会の活動趣旨とこれまでの活動実績を発表します。

続きを読む

2015年

7月

12日

田村 明・旅(2)

本研究会理事長・田村千尋氏によって書かれた「田村 明・旅(1)」の続編にあたる文章です。

続きを読む

2015年

7月

12日

みなとみらい都市開発での負担の構造

 田村明たちが意図したみなとみらい開発計画は行政主導・民間主体の開発手法であった。当時の社会経済的情況のため、飛鳥田市長と田村企画調整局長在任中に開発が目に見えて動き出すことはなかった。その後の細郷市長時代に受け継がれたといえるが、その開発手法は田村たちが意図したものと違っていたという。それゆえ、双方の手法を比較検証することによって、田村たちの意図を浮き彫りにしたいと考えた。

続きを読む

2015年

7月

12日

みなとみらい事業前史での小さな埋立て

 田村明著『田村明の闘い』に三菱造船所内の埋立て申請を取り下げさせた、という記述があった。市が埋立てを行い三菱に貸与したという。不思議な話であった。みなとみらい開発の中心部となる造船所で、なぜこのような話がおこり、その意義は何であったのかを探った。

続きを読む

2015年

7月

12日

横浜まちづくり塾(田村塾)7月例会のご案内

当研究会の関連団体である横浜まちづくり塾(田村塾)の7月例会のご案内です。

 

と き 7月23日(木) 18:30~20:30 *当月のみ第4木曜日です。     

講 演 共生の論理と戦いの論理

     ~横浜・沖縄 ―― 生きる現場で学んだこと~ 

講 師 野本三吉(加藤彰彦):前・沖縄大学学長、元・横浜市立大学教授

                     元・横浜市職員(寿生活館ほか勤務)

会 場 横浜開港記念会館 9号会議室  電話:045-201-0708    

      *JR関内駅から徒歩7分、みなとみらい線日本大通り駅から1分

定 員 60名(先着定員) 参加費(資料代含む) 500円   

 

続きを読む

2015年

7月

12日

鈴木伸治先生の講演感想

 今回、横浜市立大学教授の鈴木伸治先生にお話頂いた田村明像は大変思索に富んだ内容でした。生前、明が書き残した出版物をよみなおし、彼の行動、実践を文面に表れた思想を再評価しして頂いたものです。その内容は明が過ごした空間的な、時間的な変化を追い、その立場の違いから見えてくる姿を掘り越しながら鈴木先生の思いをお話し頂きました。時代を追って明の論調に多少の変化が読み取れるところと変化しない信念のような物を感じる所があった。結論として、その一貫性は内村鑑三著の「後世への最大遺物」にその源流を見た。彼の精神的背景は無教会的キリスト教精神を感ずるようになった、というお話でした。彼の意志、思想に共感する身内の者として大変嬉しいご評価を頂いた、と思いました。有り難うございました。(文責:田村千尋)

2015年

6月

14日

NPO法人設立記念講演会 開催報告


 NPO法人田村明記念・まちづくり研究会の設立記念講演会を、6月12日(金)午後6時より9時まで、田村さんに縁のあるみなとみらいの市民活動支援センターセミナールームをお借りして開催しました。詳細な報告は後日掲載しますが、意義深い出発の場となったと思っています。


 当日初めてご参加された方、NPO設立に関ってきた方、田村明と横浜のまちづくりに拘ってきた方々、そして田村明のご親族の方々が参加されました。


 NPO理事長である田村千尋さんからクリスチャン家庭であった田村家についての発表、横浜のまちづくり研究の第一人者である横浜市立大学教授の鈴木伸治先生の田村明論、そしてなぜ横浜の都市づくりを学び直すのかを解説したNPO副理事長の田口俊夫さんからの発表などがありました。


 まずはご参加のお礼と第一報をお送りします。

2015年

5月

17日

田村 明・旅(1)

 今年2月19日(木)に本研究会幹事・田村千尋氏による講演会「田村明・旅」が横浜まちづくり塾において開催されました。その時の講演内容を基に同氏が新たな文章を書き下ろしたので、ここでご紹介いたします。

続きを読む

2015年

5月

14日

6月12日(金)NPO法人設立記念講演会 詳細

6月12日(金)に下記の通りNPO法人設立記念講演会を開催させていただきます。

みなさまの参加をお待ちしております。

続きを読む

2015年

5月

04日

いまやっている作業・・・・・・

(文:田口俊夫)

 みなとみらい(以下「MM」と言います)について調査研究を進めています。MMのパンフレット類はたくさんある、しかし昔のことは書かれていない。私にとっての「昔のこと」とは、昭和39年に六大事業が発表されてから昭和53年に飛鳥田市長が去り、細郷市長が就任し急にMMが事業化に向けて動き出す昭和53年から58年頃にかけてである。

続きを読む

2015年

4月

26日

新NPO法人発足記念講演会を6月12日に開催

当日の様子

 NPO法人田村明記念・まちづくり研究会は2015年4月1日付で正式に発足いたしました。4月24日(金)午後6時より横浜関内の計画同人会議実をお借りして、今後の研究会活動方針の議論と会員による研究発表がなされました。参加者は12名でした。 横浜のまちづくり研究の第一人者である横浜市立大学の鈴木伸治教授と、横浜研究にこれから挑戦される工学院大学の星卓志教授とその大学院生も参加されました。一橋大学大学院に進学された奥津さんをはじめ若い方々の今後の研究活動に、田村明研究を進められている田村千尋さんも強い期待感を表明されていました。

続きを読む

2015年

4月

12日

NPO法人設立のお知らせ

 「NPO法人 田村明記念・まちづくり研究会」が2015年4月1日付で正式に設立いたしました。なお英語名は、”Akira Tamura Memorial-A Town Planning Research Initiative NPO “と称します。理事長を田村千尋が務めます。よろしくお願い申し上げます。

続きを読む

2015年

3月

26日

田村明の初仕事としての香川県観光総合計画づくり

左端:田村明 中央:高山英華 右端:浅田孝
左端:田村明 中央:高山英華 右端:浅田孝

 環境開発センターによる初仕事となる『香川観光綜合開発計画マスタープラン報告書』を横浜菊名の田村明さんの書斎で発見した。不思議なことに報告書に年代が記されていないが、1962(昭和37)年当時のものである。浅田孝が主催する「環境開発センター」に入社する田村明はまだ日本生命大阪本社にいた。田村は前年、休暇をとって浅田孝たちの作業を手伝った。高山英華東大教授も加わり、瀬戸内海でタコ釣りを楽しんだ写真らしきものが残っている(田村家資料)。そして、田村明は入社前の1962年8月、環境開発センター名で『地域計画機関のあり方について』を発表している。まだ日本生命在職中だったが、これから転職する都市計画事務所のあり方と決意を述べた。総合的でなければならない、と提言した。田村36歳であった。1962年暮、都市づくりを行うプランナーになるために東京に戻り、1963年1月環境開発センターに正式に転職する。

続きを読む

2015年

2月

22日

高速道路地下化、元建設省担当官にお話を伺いました

     左:田村千尋氏 右:渡部與四郎氏
     左:田村千尋氏 右:渡部與四郎氏

 横浜都心部における首都高速道路地下化は、当研究会として発足当時から追跡してきた課題です。横浜市側の資料発掘や関係者インタビュー、そして旧建設省の方針決裁書などの公文書発掘などを経て、ほぼ全体像が見えてきた観がありました。

 ただし唯一欠けていたのが、当時の建設省関係者からの生の声でした。今回貴重な機会を頂戴したのが、元建設省都市局建設専門官であった渡部與四郎(わたなべよしろう)様です。筑波大教授や法政大教授を歴任された都市計画分野の重鎮です。90歳近くになろうとしていますが、お元気です。田村明著『田村明の闘い』によれば、高速道路地下化問題で田村明が対峙した建設省側の実質的な責任者となっています。

続きを読む

2015年

2月

22日

他研究会報告・田村千尋講演『田村明・旅』

 

 2月19日木曜日午後6時40分より横浜駅西口神奈川県民サポートセンター会議室で、本研究会幹事、田村千尋による講演会が開催されました。横浜田村塾と呼ばれた横浜まちづくり塾(真矢正弘幹事)の主催で、多くの聴衆が集まりました。

続きを読む 0 コメント

2015年

2月

12日

みなとみらいのコンサルタント中尾明氏へのヒヤリング

           写真右が中尾明氏
           写真右が中尾明氏

 みなとみらいのフィジカルプランナー(物的計画者)を長年務めてきた都市設計者の中尾明氏にお話を聞きました。まちづくりでは事業主体と資金計画が主となる「事業計画」が主たるものと考えられやすいのですが、マチのイメージを具体的に示すフィジカルプランがないと事業は進められません。長年に亘り多くの関係者が苦労を重ねてきたみなとみらいのまちづくりで、中尾氏たちが果たした役割の大きさを感じたヒヤリングでした。

続きを読む

2015年

1月

30日

2/19 横浜まちづくり塾(田村塾)田村千尋氏 講演のご案内

 当研究会幹事の田村千尋氏が横浜まちづくり塾(田村塾)の2月例会で講演を行います。テーマは「田村明の旅、そして田村明への旅~田村明が見た世界、田村明がめざした『想い』~」です。申し込み方法など詳しくは下記のPDFファイルをご確認ください。

続きを読む

2015年

1月

26日

横浜市史資料室『小澤恵一寄贈資料集』について

 小澤恵一(敬称略)は、昭和48年に飛鳥田・田村時代の企画調整局企画課長に就任し、昭和53年以降の細郷道一市長時代に「みなとみらい開発」の具体化におおきな足跡を残しました。残念ながら昨年末に亡くなり、小澤恵一が所蔵していた当時の資料類が一括、横浜市史資料室に寄贈されました。現在、副本づくりのための資料撮影が進められています。原本は請求により適宜公開されています。

続きを読む

2015年

1月

15日

新年度研究会「みなとみらい21」論点募集

皆様、明けましておめでとうございます。

次回研究会のテーマは「みなとみらい21」を予定しております。研究の論点・着眼点は現在、当ホームページを通じて広く募集しておりますので、下記資料をご参照の上、論点をご提案下さる方はお問い合わせフォームよりご連絡ください。

続きを読む

2015年

1月

15日

田村明とイラク国バグダッド市での都市づくりの関係が明らかに

これまで不明だった横浜市在職中の田村明が関わったといわれるバグダッドの都市計画コンサルタントの内容が明らかになりました。1980年当時日本のコンサルタント団を率いていた現日本開発政策研究所の小林正一社長にお話を聞きました。

続きを読む

2014年

12月

27日

NPO設立認証申請書の提出

 「NPO法人田村明記念・まちづくり研究会」の設立認証申請書を、12月25日に市民局市民活動支援課に提出しました。今後、2ヶ月間の縦覧期間を経て、審査を受け、認証決定通知書を来年3月頃頂戴できる予定です。認証を受理されると法人登記を行い、できれば来年4月1日には法人設立となる予定です。

 今後も、皆様のご理解とご支援をお願い申し上げます。では皆様、良いお年を。