これまでの投稿

すべての投稿

2019年

11月

11日

都市計画学会でポスター展示 Poster presentation at the City Planning Institute of Japan

At the annual conference of the City Planning Institute of Japan since Nov. 8th until 10th held in Yokohama, our organization was given an opportunity to present our posters and leaflets to the participants. We are very grateful of the special treatment provided by the Institute, thank you.

日本都市計画学会・横浜大会(2019年11月8日~10日)の会場で、当NPOのポスター展示をする機会を頂戴しました。学会事務局の先生方、誠にありがとうございました。研究者や学生の方々に関心をもっていただきました。なお、当該ポスターデザインは当会会員の青木淳弘さんにお願いしました。

続きを読む

2019年

10月

18日

横浜・佐世保での都市デザイン Urban design in Yokohama and Sasebo

日時:2019年10月8日(火)午後6時より

 

場所:桜木町市民活動支援センター4階セミナールーム2号

参加者:8名

 

今回の研究会で、元横浜市都市デザイン室の西脇敏夫氏にお話しいただきました。1976年末に横浜市に入りました。それまで、外部の設計事務所で田村明さんと仕事をすることはありました。1975年に、港北ニュータウンのセンター地区の開発イメージを作成してから、当時の都市デザイン担当が自ら設計した「クスノキ広場」を見て、役所でもこのようなデザイン活動ができるのだ、と理解したとのことです。金沢シーサイドタウンの住宅開発計画案をつくり、有名建築家を束ねながら実施にもっていった経験も思いで深いようです。ただし、入ってから間もなく、政変があり田村さんが企画調整局長を降りたことで、環境がおおきく変わりました。その後も、苦労しながら横浜の都市デザイン活動を守り育て、1999年に要請を受けて九州の佐世保市の理事兼都市デザイン担当として赴任されました。7年に及ぶ期間中に、田村さんも佐世保を訪れ、西脇さんを激励されました。当日の講演の詳細は後日、テープ起こしで発表させていただきます。

 

Toshio Nishiwaki, ex-urban designer of Yokohama, talked about his experience working with Tamura since the 1960s until the early 2000s. Despite the relatively short term of work, eight months, under the leadership of Tamura at the famous Planning and Coordination Bureau, he could observe how the local planning system worked well and/or needed timely coordination. Since Nishiwaki had a career of architect/planner in private practice, he could understand the both sides of public and private communities. He had worked at several important projects such as conceptual design of the Kohoku New Town centers, management of the Kanazawa seaside housing development planning/design and others. After having worked for twenty three years at the city, he was then requested to move to the Sasebo city government as the chief urban designer in 1999. During his office of seven years there, Tamura one time visited him and expressed his support over the town making efforts by Nishiwaki. Although now Nishiwaki has retired completely, he yet hopes urban design activity to become a useful tool for town making all over the country.

続きを読む

2019年

9月

20日

横浜都市農業の現状と未来 “Urban Agriculture of Yokohama, its now and future” by Minoru Hirayama

2019年9月19日(木)午後6時30分より8時30分

桜木町市民活動支援センター4階

平山実氏(横浜市環境創造局みどりアップ推進部環境活動支援センター長)

 

Urban agriculture of Yokohama is a product of strategic planning, never the one left over by laisser-faire planning. Mayor Ichio Asukata and Planner Akira Tamura had advocated this philosophy since 1968 onwards that even densely built up urban area needs farmlands for not only farmers but also urban dwellers, though the then national government strongly opposed to this local independent policy. In 2015 the new act, “Urban Agriculture Supportive Act”, was enacted by the national government to enhance urban farmland which they claim the necessity of urban life. It took half a century that people understand the value of urban griculture.

 

横浜の「都市農業」は、市街化による営農環境の悪化に危機感をもつ農家を支援する飛鳥田一雄市長の意向を受け、「都市農業問題研究会」が1967年と1968年に組織され、市職員と学識者により、都市農業振興のために、港北ニュータウンでの具体的な適用を検討しています。都市づくりを担当する田村明(当時、企画調整室企画部長)が、現実的な対応策を港北ニュータウンづくりの中で進めていきます。当時まだ元気だった市農政局(後に公園部門と合体し緑政局に)がもつ市内農家への人的ネットワークからの情報を活用した、どんなに小さくても営農意欲のある農地は残すという田村の方針(1969年)で、市域面積の四分の一を複雑に入り組んだ市街化調整区域として残す画期的なことにつながりました。

当日は、大変に素晴らしい講演会でした、横浜の都市農業の現状を語りつつ未来を参加者と共に探ろうとしたひと時でした。横浜の農業は農業産出額が県内一位、農地3,000ヘクタール、農家3,500戸で、市内全域を「横浜農場」と称するほどに一般市民を巻き込みながら元気に活動しています。かつて、飛鳥田市長と田村明が苦労して残した横浜の「都市農業」がしっかりと根付き、やっと「都市農業振興基本法(2015年)」により、都市内で阻害されたいた農地が「農地は都市にあるべきもの」になったのです。横浜から農地や市街化調整区域はなくてよい、という国の方針に抗した飛鳥田・田村から半世紀経って、やっと国も都市内にその存在を認めることになりました。地産地消により地元野菜や畜産物を育てる農家を今後、更に少子化で空き家が増え変貌する都市情況を如何に農地が再び広がり、都市居住と共存するカタチになっていくかが問われます。なお、全国で、横浜のように総合的かつ戦略的に都市農業を振興している自治体はありません。これだけ市街化された横浜のマチに、力強い農地が残されているのが世界的にも不思議なことです。当日の熱を帯びた講演と意見交換の内容は、またテープ起こしによって再現します。

続きを読む

2019年

9月

15日

Research interview of Koichi Nagashima concerned with the Research Project on the Citizen’s Government of Zushi on September 2nd 2019 長島孝一氏へのインタビュー調査報告

9月2日、NPOの「市民の政府」論勉強会の活動の一環として、建築家の長島孝一氏へのインタビュー調査を行いました。逗子市新宿にある長島氏のご自宅にお伺いし、午後2時から3時間ほどお話をお伺いしました。訪問したのは勉強会メンバーの田村千尋、田口俊夫、関根龍太郎、青木淳弘、奥津憲聖の5名です。田村明は1986年10月から1993年3月まで逗子市まちづくり懇話会の会長を務めていましたが、この時、副会長を務めていたのが長島氏でした。インタビューでは長島氏と田村明との出会い、田村明が逗子市まちづくり懇話会の会長を務めることになった経緯、池子の森を守る市民運動とその後の逗子市政など逗子のまちづくりについてお聞きしました。長島氏のご自宅は法律家であった長島氏の御祖父様・長島鷲太郎氏の別邸として1900(明治33)年に建てられました。現在は国の登録有形文化財となっています。今回の訪問では田越川に面する裏庭の木陰で、お話をお伺いし、キャサリン夫人にも貴重なお話をお聞かせいただきました。今回のインタビュー調査を踏まえて、引き続き「市民の政府」論勉強会では、田村明がどのように逗子のまちづくりに関わったのかを考え、田村明の実践と「市民の政府」論との関係性を探求していきます。(文責:奥津憲聖)

続きを読む

2019年

9月

10日

建築学会での発表Presentation at AIJ

日本建築学会でNPO活動について論文発表をしてきました。

Participated the annual conference of the Architectural Institute of Japan held at the campus of Kanazawa college of technology, Kanazawa of Ishikawa, and spoke about a thesis regarding our NPO organization

 

日本建築学会の北陸大会(毎年全国で開催される学会の大会、今年は金沢市の金沢工業大学キャンパスで開催)で、当NPOの活動を「都市計画史人物アーカイブ」の試みとして、副理事長の田口俊夫が論文を発表しました。論文の詳細は別紙をご覧になってください。当日は20名弱の聴衆(すべて大学等の研究者)を前に、当NPOが2015年に設立されてから継続している田村明と横浜のまちづくり研究と研究に際して収集した資料の、当NPOのWebsiteでの公開活動を紹介しました。他のアーカイブが豊富な資料を基に活動していることに比べ、当NPOは何も持っていません。田村明が蔵書以外に、横浜市で活動した当時の資料を一切残さなかったため、研究活動で新たに田村明に係る資料を収集整理するしかないのです。あえて言えば、”Virtual Archives”とも言えます。会場には建築家・大高正人のアーカイブを運営されている研究者もみえて、今後の連携の可能性について話し込みました。それにしても、暑かったですね・・・

 

Taguchi talked about our NPO’s challenging activities since 2015 onward to research Akira Tamura and collect useful information related with Tamura and his achievements. Compared with other famous archives conerning eminent town planners of Japan, we do not have anything to be transferred from Tamura who did not possess documents or materials related with his town planning activities. Therefore, we call ourselves “Virtual Archives” or “an archive with nothing to possess.” The college campus where the conference was held is a famous masterpiece designed by Ohtani Sachio, one of disciples of Kenzo Tange, that is well maintained despite long years passed since its construction.

続きを読む

2019年

9月

03日

自治体学会堺大会に参加 Local Administrators Society

A report of participating the poster session held in Sakai, Osaka, as the annual conference of the Local Administrators Society, Jichitai-Gakkai, on Saturday, August 24th 2019.

Taguchi and Okutsu, members of the NPO Akira Tamura, attended the poster session and explained participants of the conference about the recent activities and results of our organization. Although many customers were not expected for the most time, the special occasion during the lunch break while so many people came and listen may be an exception for us and other presenters alike. Okutsu made an impressive speech to the audiences and explained our commitment as a new virtual archive regarding Akira Tamura and his works.

 

NPOとして、自治体学会堺大会(2019年8月24日)でのポスターセッションに参加しました。田村明に関する「都市計画史人物アーカイブ」としてポスターを展示して、来場者に説明しました。田口会員と奥津会員が説明役で参加したのですが、お客さんはあまり来ず、暇にしていると急に、昼休みに大勢の方々が来場していただきました。奥津会員が力のこもった説明をしました。そもそも、自治体学会は田村さんが創立に深く関与されたもので、自治体職員や研究者そして市民が「元気のある自治体づくり」を話し合う場としてつくられました。自治体学会として「田村明賞」を全国の頑張る個人や団体に毎年授与されています。我々も元気になった一日でした。

続きを読む

2019年

8月

07日

NYCとYKCの高速道路問題、市民の政府論勉強会の発表 Two presentations regarding highway issues of NYC and YKC and Zushi City from Tamura's citizen's perspective

Does coordination mean a compromise by the Japanese understanding ?

by Toshio Taguchi  発表者:田口俊夫

 

While planners are always searching better solutions for town planning activities, they become conscious of the need to coordinate tangled issues among concerned parties. We, Japanese people, are tend to use the word of coordination in good meaning in order to reach an acceptable result for most people concerned, however, it might be different in the American society. Some people may say that there is no grey area, instead clearly cut such as black or white, in that society. Akira Tamura, the chief planner of the City of Yokohama in 1968, succeeded to make the project of the new urban motorway partly undergrounded and rerouted through relentless negotiations with concerned parties. It is an issue as to how we can call it a success of coordination or a result of compromise. At the same year Jane Jacobs beat Robert Moses on the citizen’s opposing movement against the Lower Manhattan Expressway project in New York. They did not try to reach a compromise, neither a coordination among the state and city governments and the citizens. They claimed that they did not want any highway in the middle of their residential district. Then in 1970 an American scholar, who was very young at that time and later became a dean of law school, wrote a dissertation to figure out the necessity of coordination machinery within public authority that should work having with different views but economic effects for people.

 

横浜の高速道路地下化を調整した田村明の業績を、どう世界的文脈で位置づけるか、を研究会で議論した。まったく同時代的に、米国ニューヨークでも、都市内高速道路の建設問題があり、建設王ロバートモーゼスと住民運動家ジェーンジェイコブスが鋭く対峙していた。同じ1968年である。都市計画事業には、あるべき目標に向かって「調整行為」が必要である、との仮説をもつ。いやいや・・・調整など必要ない、絶対反対を貫くべきだ、との立場をジェイコブスたちはとった。米国社会では「妥協」はないのか・・・それもおおいなる疑問である。米国の法律学者たちも、必要な都市計画事業を推進するためには、住民を含む関係者の協力そして妥協が必要だ、との認識をもつ。そのシステムを行政内、特に住民に最も近い市政府などの自治体に設けるべきだ、との考えである。ジェイコブスの時代には、州政府と市政府が一緒になって、建設王モーゼス(州政府の外郭団体である高速道路公社の総裁)と共に、住民団体と対立した。さて、当論文がどう世界で受け止められるのか・・・興味深い。

続きを読む

2019年

7月

24日

Visit to Nishiyama NPO 西山文庫訪問

Taguchi and Sekine, members of Akira Tamura NPO, visited Uzo Nishiyama Bunko (library) NPO in Kizgawa, Kyoto, on July 5, 2019. We were impressed by the Bunko and its management as to the size and volume of materials they possess. Although our Tamura NPO has no historical documents left by Tamura, we are determined to conduct empirical research on achievements by Tamura in order to disseminate Tamura into the global stage.

 

「西山夘三記念すまい・まちづくり文庫」を訪ねて                 

 

 7月5日、田口俊夫さんと、京都府木津川市にあるNPO「西山夘三記念すまい・まちづくり文庫」を訪ねました。お目にかかってお話を伺ったのは、副理事長の中林浩さん(神戸松蔭女子学院大教授)と事務局の渡辺恭彦さん。

西山夘三(1911~1994)は、住宅の設計や研究をする者にとって避けて通ることのできない巨大な存在です。京都大学建築学科を卒業後、石本建築事務所に勤めます。徴兵され兵役に服したのち講師として京都大学大学院にもどり、大阪・京都・名古屋の庶民住宅3600戸を調査し、町家の伝統が新しい住居タイプとして続いていることを実証しました。その後、住宅営団(前身は同潤会、戦後は日本住宅公団となります)に入り、戦時下の極限状況においてあるべき住宅の姿を追求、食事の場と就寝の場を分ける「食寝分離論」を唱えます。実際の住宅の住まわれ方を分析し、あるべき住宅の平面型を創出する方法は、日本における住宅計画学の始まりで、その計画理論は、戦災復興において大量の住宅を効率的に供給する考え方の基礎となり、戦後のモダンリビングを形づくる「n+LDK」(個室群とリビングダイニングキッチンから成る間取り)へと引き継がれました。

 西山は、その後、京都大学教授として住宅団地などの設計に携わり、住宅から集合住宅へ、集合住宅から都市・地域へとその活動領域を広げました。生涯「すまい」に関心をもちつづけましたが、その原点は「すまい」と「くらし」の関係で、特に庶民の住宅を重視しました。邸宅もドヤ・飯場・船やバスを利用した住居も、長屋・木賃アパートも寮・社宅・官舎もマンションも、ありとあらゆる種類のすまいについてメモやスケッチを残し、すまいに関する本を何冊も書いています。

 京都大学を退官した西山は、原稿を著作にまとめる一方、まちづくり、まちなみ景観保全に尽力します。1994年、京都駅ビル訴訟の原告側証人として論述した翌日倒れ、それが原因で死去。すぐに西山夘三研究会が発足し、翌1995年、西山夘三記念すまい・まちづくり文庫が設立されました。

 西山文庫には、西山が残した厖大な数の「遺産」が保存されています。論文・書籍の他、メモ約650ボックス、スケッチブック約120冊、写真約10万コマ、ノート・日記約400点、新聞スクラップなどで、間近に実物を見せて頂き、一人の人間が残したアウトプットの量に驚くとともに、それを保存して後世に残したことに特別な思いを感じました。

 西山文庫の主な活動は、資料の整理と公開、会員へのレター発行(年3回)、セミナー・「夏の学校」開催、すまい・まちづくり関連学位論文の収集・公開、そして出版です。貴重な資料を目当てに、若い研究者が訪ねてきます。また、デルフト工科大学のカローラ・ハイン教授のように海外から西山の業績に注目する人も現れ、教授による西山の主要論文の英訳本(Reflections on Urban, Regional and National Space : Three Essays)も出版されました。

 「まちづくり」という語を用いたことからもわかるように、田村明との間にはつながりが感じられます。思考の根底に普通の人々の日々のくらしがおかれていること、国の政策とは相容れないところがあること、資本主義に懐疑的・批判的な立場を貫いたこと、生涯にわたりスケッチ・写真・文章を残したこと、一時代を築いたが活躍した時期と今日とでは時代環境が大きく変わっていること、などです。NPOとして、方向性が重なり合う部分が大きいと感じました。

 西山文庫が恵まれていると感じたことが二つあります。一つは西山が残した「一次資料」です。スケッチ・写真・著作の他に、資料を残さなかった田村とは対照的です。もう一つは、積水ハウスによる支援です。生前の西山がプレハブ住宅を批判したにもかかわらず、プレハブ住宅最大手となった積水ハウスは、社会貢献の一環として、近鉄京都線高の原駅近くの研究所の一画を無償提供し、年間2冊の本の出版のための費用として300万円を支給、梅田のスカイビルもイベント会場として提供しています。NPOとしての悩みは、西山研究室のOBの高齢化が進んでいることだそうです。

 私たちのNPOは、「物」もなければ「場所」もありません。私たちは、私たちなりのやり方で、「コンテンツ」をつくりあげていかなければなりません。田村の業績を科学的・客観的に分析し、田村の時代とはすっかり変わってしまったこれからの社会で、田村の残した何をどのように役立てられるのか考えるとともに、情報を世界に発信し、仲間を拡げていくことが大切だと感じました。

 今後は、お互いのホームページにリンクを張るところから始めて、交流を進めて行こう、ということになりました。方向性の重なり合う先輩NPOとしてご指導頂くとともに、交流を通じ活動の質を高めていきたいと思います。今後ともよろしくお願いいたします。

 

(文責:関根龍太郎)

続きを読む

2019年

7月

22日

Progressivism of Yokohama Urban Design has been transmitted or not ? 横浜都市デザイン行政の革新性は継承されたか

A meeting that evening was full of constructive opinions and also pros and cons of Aoki’s viewpoint concerning “the Creative City of Yokohama” movement started from the early 2000s. It was said that the Creative City movement is consisted of three components such as creative core (arts and design), national art park concept (remodeling of the waterfront districts by arts), and visual arts production. Aoki pointed out that although some scholar proclaimed its transmission of the basic concept from Akira Tamura’s planning theory and practice in the 1960s into the Creative City movement, but in reality not transmitted from Tamura. However, Aoki acknowledged that the movement has contributed to the sustainable redevelopment of the urban activities, although the movement lacked citizen’s participation. It may be true that some leading officials concerned with the initiation of the movement were disciples of Tamura. Despite the movement was expected to transmit the style of integrated administrative management done by Tamura, it covered limited part of Tamura’s philosophy. All participants of the meeting hope that Aoki will corroborate his theory in the near future.

 

7月16日の研究会は実に「研究会」らしくなった。すべての参加者(全員で11名)が盛んに発言した。青木淳弘さんの講演テーマは創造都市運動を題材にして『横浜市都市デザイン行政の「革新性」は継承されたのか』という刺激的な研究であるが、それに対して、論理展開の分かり難さや未整理な部分が指摘された。どの指摘も実に建設的であり、今後の青木さんの研究の展開におおいに参考となるものであった。かつて、創造都市活動を提唱した海外の人物が来日した折に、田村さんがその話を聞いて「自分がかってやったことと同じでないか・・・」とコメントした、という。赤煉瓦倉庫や山手の洋館等を保存することに心血を注いだ田村さんの努力がなければ、その後のそれら施設を利用した芸術活動も発生できなかっただろう。継承したものもあれば、継承していないものもある・・・しかし、ある学者が言うように創造都市運動がかつての企画調整のように都市全体を救い文化を形づくるものと言うのも、言いすぎでないか・・・との指摘がある。それにしても、NPOの会員たちが常に考えていることを建設的に意見交換することで、NPOの意義を深めた研究会であった。

 

講師プロフィール

 

埼玉県川口市生まれ。2013年東京大学文学部卒業(社会学)。同年東京大学大学院人文社会系研究科に進学し、現在、同大学院博士課程。専攻は都市社会学。英国の都市社会学者Pahlのゲートキーパー概念を批判的に検討しつつ、都市政策に関するメゾレベルでの行政官やコンサルタントによる「継承」や「意味づけ」について研究している。

 

(文責:田口俊夫)

続きを読む

2019年

6月

30日

政治家市長と官僚OB市長 Politician mayor and Bureaucrat mayor

2019年6月24日(月)午後6時~8時

桜木町市民活動支援センター4階セミナールーム2号

講師:南 学

続きを読む

2019年

6月

30日

ケニアからの報告 A life in Kenya

 

22世紀はアフリカの時代」とは、田村明が再三アフリカを訪れ横浜の現代まちづくり塾などで口にしていた言葉である。62360年余りケニアナイロビで過ごされている

 

関亨氏が久しぶりに帰国された機会に旧友である我がNPOの田村千尋理事長の求めに応じお話をしていただくこととなった。

 

 関さんを始め昭和一桁世代は太平洋戦争を挟み激動の青春を過ごされた。小学校から青山学院で過ごされた関さんは、戦後商学部で勉学をなされアルバイトで得た金銭を評判のレストランでの食事を楽しまれていた。そのうち料理人と懇意になり、調理の手ほどきを受け料理の基本を身に着けて行った。大学を卒業後、鉱山関係の仕事をしていた父の影響もあり、青森などで辰砂(水銀の鉱物)の採取にあたっていた。ある時彼の妻が朝日新聞の記事に赤坂料亭の女将が旅行途中にナイロビを訪れ気に入り現地にレストランを開くことになったという紹介記事を見つけた。以前から海外へあこがれを抱いていた妻は女将に連絡を取り同行することになり、関さんも通訳がわりに現地へ赴くことになった。この頃既に子供が2人いたのだが。頼りは3年後の帰りの航空券だけだった。

 

当時のナイロビは、工事従事者の昼は両手いっぱいのポテトチップスを何人かで分け合うような状態だったが、関さんがその脇を通るとその食事を勧められるくらい人々は穏やかで不安は消えていた。ケニア・ウガンダ・タンザニアの東アフリカ3か国には好印象をもっているようだ。日本食はナイロビや周辺にいた日本人を顧客に提供して成り立っていた。和食の食材は遠く港から氷詰めにして魚類などを調達した。約束の3年後経営者が変わったこともあり、食材の運搬などの事業に特化したが、現地の商社等の要請もあり日本人クラブを開くことになった。ある時ナイロビに皇太子殿下(現上皇)が訪れることとなり、大使館のパーティーでカレーライスをふるまわれたそうだ。米大使館のテロ事件のときは店のガラスが割れるなど危機一髪のことも経験されている。山崎豊子の「沈まぬ太陽」では何回か取材を受けてエピソードも使われ、主人公のモデルとも交流があった。

 

関さんは最近家族の中で一人だけ、日本国籍を離脱した。いつクーデターが起きても財産を取上げられることがないようにするためとは。まさに、コスモポリタン、「こんなところに日本人!」(文責:遠藤博)

 

2019年

6月

27日

越谷からの報告 A report from Koshigaya

当NPO会員の若色欣爾さんより、かつて越谷市で田村明さんが講演した記録をお送りいただきました。越谷市にも了解をとっていただき、今回公開することができました。以下は、その紹介文です。In 1998 Akira Tamura addressed the forum held in Koshigaya, Saitama Pefecture, ommemorating its 40th anniversary of city status. Mr. Wakairo, our NPO member, has made its document open by obtaining an approval from the city administration of Koshigaya, thank you.

 

越谷市制40周年記念まちづくりフォーラムにおける

田村明先生の基調講演について

 

越谷市住まい・まちづくり協議会

会長 若 色 欣 爾  

       

本市は今年で市制六十周年を迎えました。 20年前に実施されたこのフォーラムは本市が21世紀に向けレイクタウン事業を始め、さまざまな都市整備事業が進められており、市民も街づくりに関心のあった時期でした。

 

この時期に田村明先生を迎えて「あすに向けたまちづくり」と題した基調講演を頂いたことは正しく時を得たものでした。その後策定された第三次総合振興計画は市内を13地区に分け各地区ごとに街づくり計画が策定されるなど、画期的なものでした。

 

しかし、本市は東京のベッドタウンとして急速に発展してきたので約九割が新住民であり、埼玉都民であるのでその多くは地元の街づくりには無関心になっています。そのため、策定された計画は形だけで中身がないものになっており、その後の第四次総合振興計画もこれを踏襲するものになってしまっています。

 

当団体ではこれを是正するため、まちづくりを行政に押し付ける受益者市民ではなく、我がまち意識をもって、地域課題を自ら解決する経営的市民を目指す活動を行っています。

 

本市は都市整備事業が一段落し、新たなまちづくりビジョンが求められている時期に来ています。折しも来年度に策定される第五次総合振興計画では田村明先生が提唱する真の市民政府の自治体として、先生がこの講演で言われた我が町の歴史風土を再検証し、生活者の視点から住むに値する、越谷らしい長期ビジョンを作る必要があります。 その意味でもこの基調講演はもう一度読み返す価値があり、20年前のものですが決して褪せることのない越谷市にとって貴重な指針と考えています。

続きを読む

2019年

6月

13日

静岡マチ見学会 Group visit to Shizuoka

Shizuoka is a commemorative place that young Akira Tamura lived and learnt at the old Shizuoka High School during the last war. We visited the university archives, where we found the old group booklet written by Tamura and his friends at the factory in Kawasaki during the war as student workers seconded from the Shizuoka school. Despite the severe conditions during the war, this booklet was made without censorship by the police and is full of honest opinions of young students of the time. Appreciations to Professor Tobe in charge of the archives.

 

6月10日故田村明さんが青春のひとときを過ごされた旧制静岡高校のアーカイブを訪ねて静岡大学を訪ねた。一行は田村千尋理事長はじめ7名。静岡に到着後昼食も早々にタクシーで学び舎の在った城北公園へ向い、安倍川餅を味わうまもなく3時から静岡大学へ赴いた。

アーカイブスの担当は人文科学担当の戸部健教授。旧制高校は静岡大の文理系の前身でもあり、OBなど同窓会などから寄せらた書籍・資料でアーカイブスはつくられている。簡単な説明後資料室へ案内されると、初めに眼に入ってきたのは始業を告げる釣り鐘。奥の方から同窓会名簿を取り出し田村さんの氏名を探し出す。その傍らにB6横和綴じの「映想」があるではないか。田村明さんの回想録?「東京っ子の原風景」P.145によれば、学生寮の結束を高めるために「回し書き」の文集がつくられた。それが「映想」だ。この小さな文集にびっしりと丁寧に思いのたけがつづられていた。戦争末期の時期に、しかも学徒動員先の川崎でも途切れることなく続けられていた。田村明さんの字もていねいに思いもかけないくらいしっかりと書かれていた。参加者7人が感激したのは言うまでもない。映想など将来的に分析を進めるなど今後の協力をお願いをして大学を後にした。(文責:遠藤博)

続きを読む

2019年

6月

09日

姫路勝原地区の150年 A history booklet published by Mr. Miki

Katsuhara district of Himeji city has a long 150 years history. Mr. Motohiro Miki wrote the history of his district highlighting its public school and local prominent figure, Kumajiro Tatsukawa who in the early 1910s published a series of popular books among local people called "Tatsukawa Bunko." Miki is one of good friends for Tamura, and whenever Tamura visited the Kansai region he had good company with Miki.

 

当NPO会員の三木基弘氏より、素晴らしい冊子発行のお知らせを頂戴した。兵庫県姫路市に在住の三木氏はご自分がお住まいの「勝原地区」の150年に亘る歴史を調べ冊子にまとめた。

三木氏は田村明さんと長年の交流があり、関西方面を田村さんが訪れと必ず、三木さんとそのお仲間を訪ねた、という。

兵庫県政150周年記念事業で補助金を得て、自分たちが住む地域の150年の記録をまとめたものです。特に、勝原小学校の沿革も、125年を経ているようです。同じ校区の先達として、戦前によく読まれた大衆文学としての立川熊次郎『立川文庫』の歴史なども興味深い。最後に、田村さんとの交友記録が掲載されている。

今後、地域のまちづくり運動の教材として活用するようだ。ご興味がある方は、三木さんに直接お問い合わせ下さると、冊子をお送りいただけるかもしれません。三木さんのメールアドレスは、以下の通りです。sarutobi0330@zeus.eonet.ne.jp

2019年

6月

04日

田村眞生子様宅訪問 A visit to Mrs. Makiko Tamura

当NPO法人の最大の理解者で後援者の伊豆熱川にある田村眞生子様宅を、会員有志が2019年4月13日(土)午後に訪問しました。故田村明の奥様である眞生子様は80歳後半になられましたので、少々体も動きが難しくなっておられますが、頭脳明晰で当NPO法人のグローバルに広がる活動をおおいに支持されています。熱川の丘陵地にあり遠くに伊豆諸島を望むマンションは、田村明が亡くなった場所でもあります。会員たちと想い出話をされ、また和歌活動などご自分の近況も語っていただきました。今後もお元気でお過ごしください。

Five members of our NPO organization visited the apartment of Mrs. Makiko Tamura situating on the Izu hill overviewing the Pacific Ocean and the archipelago of Izu islands on the 13th of April 2019. She is the chief supporter of our NPO and recognizes the importance of global activities to communicate the results of research on Akira Tamura.

続きを読む

2019年

5月

16日

NPO総会記念講演A commemorative speech regarding Akira Tamura and his father Kotaro

A commemorative speech regarding Akira

Tamura and his father Kotaro delivered by Mr. Fumiaki Koshi at the annual

convention of NPO Akira Tamura on the 10th of May, 2019

 

Akira Tamura is not a theorist by nature. We presume that Tamura is instinctively a practitioner. By having read all books in the National Diet’s Library written by Kotaro Tamura, one of the top salesmen at the NCR (Cash register machine company) in Japan, and also Akira’s, he concluded that Kotaro hide his subjective stance in order to become a universal person on human nature, but Akira kept his subjective stance all in his life as a practitioner of urban planning. Koshi pointed out the lack of respect on Akira’s books to the previous works done by other scholars. According to Koshi, some new planning terminologies such as Machizukuri (Town-making) or Toshinogyo (Urban Agriculture) are not attributed to Akira, though some other scholars had invented them before Akira did.

 

Although we welcome critical analysis on Tamura and his work, it can be presumed that an important point is not who started to use those words but is who really applied those new ideas into actual practice. Among the academic society it may be important to become a winner on the competition to find out something new. On the other hand, among the practical society it is necessary for urban planners to use those new ideas under actual and hard circumstances for the benefit of citizens. Practice seems slightly different from academic competition.

 

Lastly, young boys of Tamura family members attended the session and made remarkable replies expressing appreciation to the efforts made by Koshi to investigate their great grandfather’ history.

 

5月10日のNPO社員総会の記念講演で、越文明さんに田村明の父親である田村幸太郎についてお話いただいた。都市プランナー田村明の生き方に影響を与えたのが、昭和初期には、珍しい金銭登録機NCRのセールスマンの父親であった。幸太郎は苦労人で、戦争のため一時はNCRを失職するが、戦後復活しマスターセールスマンとなる。越さんによると、幸太郎は主観を否定しストイックに生きたが、明は主観的に自由に生きた。

明分析も辛口でされた、批判的に明を分析することはおおいに歓迎したい。人物分析は、批判的にみることから始まる。その中で、明が使い始めたと言われている「まちづくり」と「都市農業」はそれ以前に考えた学者がいた、という。ただし、重要なことは、それらの言葉が実際の社会でどのように適用され実践されたか、である。田村明は所謂「理論家」ではなかった、実践の中から学びとり、それを更に改善し適用していった。

当日は、田村家の方々が参加してくれた。中学生や高校生の幸太郎からするとひ孫たちである。越さんの質問にも、しっかり受け答えをして立派に成長していることが確認できた。幸太郎も喜んでいることだろう。

続きを読む

2019年

4月

26日

高速道路地下化研究会 Meeting about undergrounding of the motorway in Yokohama

The meeting held on April 22nd 2019 was full of critical eyes with strong enthusiasm what the real story of Tamura’s first job of undergrounding the motorway in the middle of Yokohama was. All participants ranging from a high school boy of 17 years old to a highly elderly person of 89 years old listened carefully to the speaker Taguchi’s explanation. That evening we welcomed a research expert called “Fanatic Taiyo baseball team fan” who knows about historical details of the motorway history of Japan very well. Later he kindly advised Taguchi a further research on this issue. All in all this meeting was a great success. The presentation made by Taguchi will be finalized as a dissertation later on. Thank you.

4月22日に行われた田口による高速道路地下化に関する研究会は、興味と関心に満ちていた。横浜市における田村明の最初の仕事である高速道路地下化の過程は、不明確な点がおおかった。それをどうにか解明したといえる。当NPO法人発足以前の任意団体当時から研究し続けているテーマで、6年近くになる。NPO研究会には最近、17歳の高校生から89歳の田村千尋理事長まで多様すぎる年齢層が集まるようになった。当日は、ペンネーム「骨まで大洋ファン」http://kakuyodo.cocolog-nifty.com/blog/2016/12/post-0a1e.htmlさんも参加して、高速道路関係の強烈な調査能力に基づく発言をしてくれた。その蓄積から田口に更なる資料の在処まで助言いただき、研究が深まることとなった。実に、研究会らしくなってきた当NPOであった。なお、当日の発表は、補足的な研究を行い、後日、論文化する予定です。

続きを読む

2019年

4月

17日

江別からのお便り A news from Ebetsu, Hokkaido

田村明さんが生前親しくされていた北海道江別市の石垣秀人さんから、田村さんの講演記録などの貴重な資料が送られてきました。皆様に公開させていただきます。

Akira Tamura had a good friend, Mr. Hideto Ishigaki, in Ebetsu, Hokkaido. Whenever Tamura had a chance to visit Hokkaido, he dropped in on Ishigaki who worked at the Ebetsu city administration. Ishigaki organized a voluntary town-making society among local government workers. He kindly sent us very precious information and documents regarding Tamura and acknowledged to let them open to the public, thank you.

 

【石垣さん紹介】遠藤博(NPO田村明研究会監事)

 石垣秀人さんは札幌市のお隣り江別市役所に勤務されていた。1980年前後は公務員の自主研修ブーム?が全国的に見られ、1983年には「江別まちづくりフォーラム」で田村明著「都市ヨコハマをつくる」などをテキストとして勉強会を開催していた。あるとき、田村明を紹介され、その後頻繁にまちづくりの現場や各所に同行するようになった。俗に言えば頼りにされたようだ?

 石垣さんは、その後自主研修の仲間と「まちづくりフォーラム」など道内のネットワークを広げ、北海道自治体学会をつくり全国的な「自治体学会」や赤煉瓦施設の保存活用を目的とした赤煉瓦ネットワークに初代事務局長内藤氏の誘いや地場産業の煉瓦に関わる工業振興課にいたこともあり全国の仲間につながった。

続きを読む

2019年

4月

05日

下河辺アーカイブス訪問 Visit to Shimokobe Archives

Last week on a normal business afternoon, Chihiro Tamura and Toshio Taguchi of our NPO Tamura visited unique archives named “Shimokobe Archives” http://www.ued.or.jp/shimokobe/ managed by a thinktank and located in the middle of Tokyo’s business district, Toranomon. Atsushi Shimokobe is an innovative bureaucrat and planner of the central government that organized the national development schemes being targeted to locate industrial development areas all over Japan since early 1960s. We have to acknowledge that archive is an entity of digital network that provides information of processes by historical person’s thinking, though the office size is not a problem no matter how it is big or small. However, this room is packed with lots of documents and books, therefore only a small desk is placed for an archivist. We have to recognize that this archivist and her supporter have been sorting out enormous documents in order to find out the processes of Shimokobe’s thinking that have been made open to the public on internet. We admire their great job that needs years or decades for the general public to understand its value. Lastly it is necessary to understand that an

action to place small stone on the ground would lead to a pile of stones in the

future.

先週、田村千尋理事長と田口が東京虎ノ門にある「下河辺アーカイヴス」http://www.ued.or.jp/shimokobe/ を訪問した。都市計画研究機関としても老舗の開発構想研究所が、その社会貢献の一環として運営しているアーカイブスである。アーカイブスとは、歴史的に著名な人物の個人的記録を保存しつつ、デジタル化して一般に公開する組織を指す。都市計画でも外交でも、歴史的事実は結果だけ明らかになり、その「思索(又はその調整)過程」が明らかになることは日本ではなかった。個人のメモなどは実に貴重な歴史的資料になるのだが、その意識がまだ日本にはない。このアーカイヴスには、その小さな部屋に濃密な資料とデータがつまっていた。国の官僚として国土計画を立案推進した下河辺淳は、それぞれの仕事のフィールドは異なるが、田村明の親しい友人でもあった。下河辺や当該アーカイヴスについては、是非、当該サイトを訪れて一見してほしい。唯一のアーキビストとして頑張る女性が長年の積み上げで作り上げたデータの一端を見るだけでも、歴史は「思索過程」によって作られていることが分かる。当NPO田村明研究会も微力だが、頑張っていきたいと願っている。

続きを読む

2019年

3月

15日

米国アトランタ国際会議への出席報告 A report of participation in global conference held in Atlanta, USA

This is a report written by Mr. Toshio Taguchi, vice-president of our NPO, that attended the international conference entitled “Comparative Urbanism: Global Perspectives” held by the Urban Studies Institute of Georgia State University during two days of March 7th and 8th in Atlanta, Georgia State. Taguchi’s role at this conference was to address a joint dissertation regarding “Capture Land Value for Building Infrastructure: comparing China and Japan” with Mr. Nannan Xu, Chinese post-graduate student of British Columbia University, Canada. During the sub-session, Professor John Marshall, chairperson of it, made a kind comment about Taguchi’s paper focusing its early successful examples of town planning such as the user-pay scheme applied as a method of capturing land value increase along the subway construction of Midosuji, Osaka, and our progressive land control measure of Local Development Exaction system formulated by Akira Tamura. Comparing the cases of the United States, Japan had moved far ahead in terms of planning control practices, he commented. Since Taguchi heard this, he has become convinced that our activities of researching the work of Tamura would have a meaning not only to Japan but also to the global community, thank you.

 

田口です。先週の3月7日と8日の二日間で、当NPOを代表して、アトランタのジョージア州立大学法学部付属都市研究所Urban Studies Institute主催の国際会議に参加してきました。会議の後に、私的にニューヨークに滞在し、この都市の形成過程の勉強をしています。

 

さて、この国際会議では、昨年の国際都市計画史学会IPHS横浜大会で知り合った中国人研究者(Mr. Nannan Xu, カナダのBritish Columbia University博士課程在学中、北京出身で30歳)と一緒に、論文発表“Capture Land Value for Building Infrastructure: Comparing China and Japan”「都市インフラ建設における土地上昇価値の公的還元:日中比較」をしてきました。私の担当部分で、核となるのはIPHSで発表した宅地開発要綱で、その前段として日本の土地制度と都市インフラ整備の主体と状況(特に学校建設)について大幅に加筆しました。

 

国際会議のテーマは、「Comparative Urbanism: Global Perspectives 都市化の世界比較」です。3月7日と8日の二日間で分科会が18もあり、その間に三つの基調講演がありました。参加者は世界中から来ていて200名ぐらいでした。特に、東アジア三か国(中国・日本・韓国、実は台湾もあるのですが、形式上は参加国でないが参加はしている)の都市化比較が注目されたのですが、残念ながら中国人研究者が多数で、日本と韓国はそれぞれ二人だけでした。英語が流暢な中国人研究者の多数は米国やカナダの大学にいるか、その出身者です。中国人研究者でバンクーバー市と台湾の新台北市における容積誘導の事例が面白かったです。ちなみに、韓国の研究者は英国ロンドン大学博士課程でした。英語が「完璧」にできない私は極度の緊張感と共に意思疎通に苦労しました。食事が喉を通りにくい日々でした。当然、お酒は飲みませんでした。

 

我々の分科会の参加者は少なかったのですが、チェアー(司会者)を務めたジョージア州立大学の教授が田口論文(例の宅地開発要綱論文に戦前からの制度研究を加えたものですが)をえらく評価してくれて、日本は戦前の大阪市御堂筋地下鉄での受益者負担制度を含め、戦後の宅地開発要綱による開発指導などは米国の制度(Development Agreement, Impact Feeといって、権限のない地方自治体が開発負担を求め、事後的に州政府が州法を制定し擁護した)よりはるかに早い、と感心してくれました。

 

このコメントだけで、行った価値はあったと思います。NPOパンフも配ったのですが、分科会の講師だけでした。とても、多様な分野から来ている他の参加者に配り歩き会話する気力と力はありませんでした。分野的には地理学の研究者が主体のようにみえました。そのため、共同研究者の中国人研究者が、英語が難しすぎて分からない、と言っていました。どうしても、概念的な英語になるようです。

 

一方、当該中国人研究者(Mr. Xu)と話し込んだことにより、都市計画史を都市計画家の視点から研究する意義を共有できました。中国ではそのような人物がいないようです。あえて言えば、1950年代のソ連と対峙した中国人都市計画家がいたようですが、実務家ではなかったようです。彼も「田村明研究」の意義と、その成果を未来のつなげることに共感してくれました。

 

後日、Xuさんからメールが届きました。中国と日本の「公と私」の違いについての参考文献を教えてくれました。溝口雄三著の『中国の公と私』研文選書1995年で、市立中央図書館にありましたので借りて早急に読み込みこもうと思っています。Xuさん曰く、我々の共同研究を天国の田村さんも喜んでくれるのではないでしょうか、と泣かせる言葉があります。今後、彼と本格的に、都市インフラと都市環境を整備維持する上での公の役割、中央政府と自治体の役割の議論を進めていきます。Xuさんは将来的に中国に帰国して、大学教授になることが目標のようです。頑張ってほしいと思います。彼は実に温かい人物で、かつ彼の論文批評は的を射ていました。

 

そして、分科会の司会役を務めてくれたジョージア州立大学のジョン・マーシャル教授にお礼メールを出しました。文面も何度も推敲しましたが、海外のため英語のチェックを受けることができないので、自前の英語のままです。英語が不自由なため当日は大変に緊張し、かつ発表時間も限られていたため、十分な説明ができなかったことをお詫びしております。その上で、当該教授が事前に私の論文を読み、脚注までにも目を通してくれたことに感謝しております。都市計画家田村明を今後も世界に発信していきたいので、類似の会議があれば是非教えてほしい、と述べました。

 

今後の改善点として、飛行機代はもはやネットでとっても料金上の差はないのですが、ホテル代は一番注意を要する点です。つまり、海外では治安上の問題を第一優先に考える必要があり、私も大学に紹介されるホテルをとる前に仮予約したホテルを現地でみると、いかがなものかな・・・というものでした。また、国際会議には日程的に余裕をもって臨まないと、発表準備を直前まですることと、精神的な疲れがおおきく、注意を要すると考えます。

 

なお、田村明研究を世界に発信することの意義は相当にある、と今回感じました。今後も、頑張っていきたいと思います。思いつくままに書きました。

続きを読む

2019年

2月

28日

A Family History by Chihiro Tamura 田村千尋による田村家の歴史(英語版)

田村家の家族達を纏めた。今回は著者、千尋から見た母親、忠子と子供達、忠幸、義也像そして、自分千尋の半生である。忠幸のことはもう少し彼の仕事ぶりも書きたかったが残念ながらそのような資料がない。しかし、我らの祖父、吉田亀太郎を930ページに及ぶ大作の「吉田亀太郎追憶集」を纏めた。彼の心の奥にある家族への思いを記録したかった。義也は岩波書店での編集者としての立場を貫き、また。田村明の最大の理解者だった事を記したい。退職後も装丁者、田村義也として1400冊の本の表紙を飾り、中に書かれた内容に相応しい装丁を義也流に作り続けた。その半生は日本の文人達との交流で磨かれ、自らの唯一の著書、「のの字物語」に結晶化されている。しかし、学徒動員や特攻船舶要員だったこと、兵役での日記と自ら創刊した「家庭新聞」の文面から苦悩と生きることの意味を探る彼の意志が綴られていたことは、忘れそうになる戦争体験とくみあわせ、どうしても残しておきたかった。この際、千尋、自分のことも書くべき、と考え、多少、書きすぎたかもしれないが英語の世界に入り込んで主張的に纏める唯一の機会として化学者だった自分を残した。

2019年

2月

25日

Anecdotes of Minatomirai by Mr. Mori 「みなとみらい・こぼれ話」森誠一郎

A big and happy surprise at the seminar being addressed by Mr. Seiichiro Mori on the 22nd of February 2019; we welcomed a very young participant, high school boy living in Minatomirai, who has read Akira Tamura’s book “Making a urban city of Yokohama”.

The talk given from Mr. Mori, who worked with Tamura during his busy days in the Planning and Coordination Bureau as a transport and planning expert, was very impressive and meaningful mainly because Mr. Mori was a humble person and never concealed anything. He focused his long experience on the project of Minatomirai. Although a huge commitment was made by the city officials left after Tamura resigned the city government, it was the achievement of Tamura that had started everything on Minatomirai project, commented by Mr. Mori.

2月22日に行われた森誠一郎氏による「みなとみらい こぼれ話」の講演会では、大変に興味深いお話をお聞きできました。また、当日は大変に若い、実は高校生、参加者を迎え、近々89歳になる田村千尋理事長も吃驚するやら、嬉しいやらで温かい雰囲気につつまれました。田村明『都市ヨコハマをつくる』を読んで参加し、みなとみらい地区に住んでいるようです。さて、森さんの講演は、実にフランクで何も隠さずすべてをお話しいただきました。森さんたち当時の若手職員たちが田村さんが横浜を去った後も、頑張り続け世界に誇るマチを作ったといえます。森さん曰く、田村明が最初にみなとみらいの構想を打ち上げなければ何も始まらなかった、田村さんの功績は大である。森さん、ありがとうございました。参加者からも興味深い質問が飛び交いましたが、当日のテープ起こしを待って、公開させていただきます。

続きを読む

2019年

2月

01日

赤レンガ倉庫・保存活用事業 Red Brick Warehouse conservation project

Mr. Kanetsugu Endo talked about the process of the Yokohama Red Brick Warehouses project at our NPO’s meeting held on the 1st of January 2019. This pair of warehouses was built in 1907 and the only red bricks among other warehouses in the Minatomirai pier area. All members attended the meeting clearly acknowledged by Mr. Endo’s talk that the dream of Akira Tamura to conserve the pair of Red Brick Warehouses and utilize it for the public could have come true due to a consecutive commitment and efforts by the staff in the city government who shared Tamura’s dream even after Tamura left the office in 1981. The city government received the site and the old buildings on it from the Ministry of Finance in 1992. Then the buildings needed re-enforcement treatment in a large scale and took five years to complete. The municipal policy to utilize them as a new center of culture and entertainments for the public was formulated in 1999 and then the city government nominated private companies to manage the buildings and activities. The newly refurbished site of red brick warehouses was opened in 2002 and since then it has become one of busy spots in Yokohama for citizens and tourists as well. You can observe lots of skaters enjoying on the skating rink built on the courtyard only during the winter season.

1月29日の研究会では、遠藤包嗣さんに『赤レンガ倉庫・保存活用事業』と題した講演をしていただきました。会員等13名が参加しました。赤レンガ倉庫を残した田村明は、倉庫を将来再開発するみなとみらい地区で、賑わいをつくる市民利用を夢みていました。1907年に建てられた赤レンガ倉庫は、港湾地区の倉庫として大蔵省が所管する港の施設でした。その施設を将来の市民利用のために、壊させずに保存することには大変な労力を、当時の企画調整局長であった田村その部下たちが払いました。ただし、その夢を継承し実現する職員たちがいなければ、田村の夢は実現しませんでした。遠藤包嗣さんは企画調整局で田村の下で働き、その後、港湾局や企画局そしてみなとみらい会社等で幸運にも赤レンガ倉庫の保存活用事業の担当となりました。保存活用事業は1992年に始まり、やっと2002年に赤レンガ倉庫が市民に公開されました。今やみなとみらい地区で、多くの市民や観光客が訪れる場所の一つです。冬には、赤レンガ倉庫の広場にスケートリンクが作られ、多くのスケーターで賑います。なお、当日の講演録は後日、テープ起しをしてまとめて公開しますので、少々お待ち下さい。

続きを読む

2019年

1月

17日

YLAP 1982 横浜市と国連の共催による国際会議報告1982年

田村明は1981年3月に横浜市を技監職で退職している。その翌年1982年6月9日から16日まで、横浜市と国連アジア太平洋社会委員会ESCAPの人間居住セクションとの共催で"アジア太平洋地域における自治体の都市づくりに関する国際会議(通称YLAP)”が開催された。都市デザイン担当副主幹から国連ESCAP課長に転出した岩崎駿介が企画し、細郷道一市長の協力を得て開催した自治体と国連が共催する国際会議であった。当時の企画調整局が主体となって企画推進した。会議で発表された横浜市の都市づくりの内容はほとんどが、田村明とそのスタッフが企画調整局で推進したものであった。それゆえ、この記録を読むことで、田村明が横浜市在職時、実際に何をやったのか、を知ることができる。詳細はHP”まちづくり横浜の歴史”下のPDFをダンロードしてご覧下さい。

The actual work done by Akira Tamura during his era from 1968 until 1978 can be seen on the special booklet entitled “ YLAP Yokohama Report” prepared for the international conference held in Yokohama, 1982, supported by the City of Yokohama and in cooperation with the Human Settlement Section of the Economic and Social Commission for Asia and Pacific, ESCAP. Shunsuke Iwasaki, Director of ESCAP, who organized this conference was ex-chief urban designer of Yokohama city government. You can click the icons of PDF on the corner of Town Planning of Yokohama and download those. Tamura had to relinquish to work for the city government and leave the office in 1981 just before this meeting. However, all the projects and works being presented there were achieved by Tamura and his staff.

続きを読む

2018年

12月

22日

田村明にとっての「市民」とは Meeting held to discuss what "citizenship" is for Akira Tamura.

公開研究会の開催:2018年12月18日(火)午後6時より、桜木町市民活動支援センター4階セミナールーム2号で。

話題提供者:青木淳弘(当NPO法人正会員)

参加者:12名

The final book published by Akira Tamura is "Citizen's Government" of 2006. He strongly advocated the theory that responsible citizen essential for autonomy of local government is to be evolved from local resident through conscious involvement to local issues. However, his views towards responsible citizenship had evolved through different eras of his career.

田村明は都市プランナーとして「市民」という言葉を、自己の仕事環境と時代の変化のなかで微妙に使い分けてきた。田村明の最後の著書が『「市民の政府」論』2006年刊であるように、横浜のまちづくりで活躍した田村にとっての「市民」とは何か、を研究会として今後継続的に探っていきます。

 

NPO田村明記念・まちづくり研究会 公開研究会 2018年12月18日

田村明にとっての「市民」とは:議論のまとめ

 

<全体の流れ>

議論の中心は、韓国の研究者と共同で進めようとしている「田村明のいう「市民」とは何か」という大きなテーマについて、答えを出すのではなく、参加者同士の議論の中からその探究の方法を考えるというものであった。

まずこれまでの共同研究の経緯を説明し、田村明が「市民」という言葉を最初期のテキストからこだわって使い続けてきたということに関するスライド発表を行った。その後、現在取り組んでいる研究について、田村千尋氏と共同で行おうとしているテキスト分析の簡単な紹介。そして田口俊夫氏から、主に取り組んでいる飛鳥田市政期の市民運動(住民運動?)についての研究の概説的な報告がされた。そのうえで参加者全員が討論を行った。

 

<青木報告について>

 (記録が残っている中で)田村明が最初に雑誌に寄稿した『毎日グラフ4月号』で、彼はすでに「都市は市民のためにある」という主張をしていた。まだ横浜市奉職前であり、議論の内容は抽象的であるが、後に田村が論じる中心的なテーマに「都市と市民」があったということは疑いない。田村は横浜市奉職後には、「市民の側にたつ「行政体」が必要」であるといい、自治体こそがそのための都市づくりの中心にならなければならないと主張するようになる。そしてこの「行政体」を1990年代後半くらいから、「市民の政府」と呼ぶようになった。最終的には『「市民の政府」論』では、それを「かつての民衆を支配した、『お上』の対極にある、混乱した地域と孤立化した人間を支えるには欠かせない、ヒトのココロを優先させる地域経営の装置」なのだと論じている。

 基本的に田村明にとっての「市民」や「市民の政府」を考えるうえで、自治体の内部の関係、そして自治体と市民の関係のふたつが中心的なテーマとなる。したがって時代ごとの田村明の言説の変遷を軸に置きながら、この両者に対してそれぞれアプローチしていくことが今後の課題となるだろう。

前者については、横浜市において田村が「市民のための都市」を実現しようとしていた企画調整局が、どのように展開して、そしていまの横浜市や他の自治体などにどのような足跡を残しているのかということを検討すべきだろう。この検討作業から田村明の「市民の政府」についての輪郭が描き出される。

また後者については、飛鳥田市政期の「市民運動」との関係や後の逗子市の事例なども考慮しながら、田村明が「市民」をどのように捉えていたのかを明らかにする。そして田村明にとっての「市民の政府」との関係と照らし合わせるなかで、田村明にとっての「市民」とは、という問いに対する答えに近づけるだろう。

 

<討論から出てきた意見>

・     田村さんにとって決定的だったのは、やはり横浜市企画調整局時代のことであるが、田村さん自身は市民運動と直接対峙することはなかった。

・     横浜市の職員をどんどん出向かせて、現場レベルでのしっかりとした対応が求められた。

・     田村明が「市民」といっても、終始一貫して同じことを意味していたわけではなくて、時代によって意味する内容を変えていったのではないか。

・     飛鳥田市長や田村さんは全市的な意味での「都市」という考え方をしていたが、市民運動の側は必ずしもそうではない場合もあり、かなり限定的な地域の利益を主張することもあった。全体の利益と個別の利益が噛み合わないときに、それは市民運動という形で横浜市と対峙することになったのではないか。

・     田村さんは「市民」とは「自覚した責任と権限を有する」という。つまり「権限」があっても「責任」がないのでは「市民」とはいえないのではないだろうか。日本の場合は特に所有権が強いため、よりよい都市の実現のためには「責任」と「権限」の両方をしっかり持つということが不可欠である。田村さんはそうした意味も込めて「市民」という言葉を使っていたのではないだろうか。

続きを読む

2018年

12月

16日

田村明との出会い・思い出に新たな投稿があります A new essay from a member of NPO is published on this corner.

NPO会員の田口俊夫氏より42年前の田村明との出会いについてのエッセイが投稿されました。Mr. Toshio Taguchi, member of our NPO, writes an essay about his memory with Akira Tamura forty two years ago. It was when he just returned from Manchester, England, where he learnt Urban Design.

2018年

12月

02日

最小単位としての暖かい家庭、母親力“Power of motherhood as a minimum resource unit of warm hearth” by Chihiro Tamura

Report of the open seminar by NPO Akira Tamura

“Power of motherhood as a minimum resource unit of warm hearth”

By Chihiro Tamura

Tuesday, 27th of November , 2018

This time Mr. Chihiro Tamura, younger brother of Akira Tamura, addressed our open seminar entitled as shown above. Akira Tamura prepared this theme for his study group in Tokyo which learnt Machizukuri, town making, from Tamura’s chairmanship. However, he died before he delivered his speech regarding this theme. Chihiro tried to understand what Akira thought and wanted to tell by this theme. Akira defined this power of motherhood as a minimum resource unit of warm hearth, which could eventually create “good citizen” for the society and local government. Our NPO has a strong concern what Akira Tamura’s “citizen” means and whether it has changed since his term in Yokohama city government or not.

 

公開研究会報告

田村千尋『最小単位としての暖かい家庭、母親力』

2018年11月27日(火)午後6時~8時15分

市民活動支援センター4階セミナールーム2号

参加:7名

 

当該テーマは、田村明が東京の現代まちづくり塾での講義用に準備した百以上のテーマの一つです。通常のまちづくりのテーマと少々異なり、どうアプローとしてよいか戸惑うものです。今回、実弟の千尋さんが、兄明さんを想い、かつご家族全員を懐かしみ、その解析に挑戦しました。詳細はご本人のメモをPDFで用意してありますので、それをご覧下さい。

なお、当日は参加者からいろいろな興味深い意見が出されました。

  • 時代がかつての三世代同居から核家族に移行したなかで、最小単位しかない世の中で「暖かい」とはどう解釈すればよいか、おおいに悩む。
  • 母親忠子がなくなった時に、明兄が「これで天涯孤独になった」と妻の前で語ったが、それだけ母親との人生が大事であった、ということかもしれない。
  • 忠子は強い母親であったので、だからより暖かくなって欲しかった、のだろうか。
  • 明兄は体が若いときに弱かったので、一身に母親の愛を受けていた。
  • 千尋さんにしてみると、母親をとられたような感覚となったようだが、お手伝いのシンちゃんがいて、心配してくれる人として存在した。それが「逃げ道」だったのでないか。
  • 戸建て住宅と比べて、集合住宅はドア一つなので、親の権限が強くでるようだ。
  • 明さんは、母親力が分別ある「市民」を育てる、としているが、田村家は強い母親力が兄弟家族をつないでいたが、それがなくなるとバラバラになりかけた。
  • 明さんがいう母親力とは教育論でなく、社会システムを支えるものとして言っているのでしょうね。個人に一番近いのが母親、そして兄弟、外にでて向こう三軒両隣、地区、自治体という順番ですね。
  • 当NPOとしては、田村明がいう「市民」とは何かを重要なテーマとすべきと考えたい。その「市民」がどうつくられていくのか、を探求したい。
続きを読む

2018年

11月

16日

Explore footprints of Akira Tamura, evangelist of Machi-zukuri, around Japan and a Meeting with a Machi-zukuri group of Himeji まちづくり伝道師田村明の足跡を訪ねて:姫路まちづくりグループ訪問記

Since 1977, a machi-zukuri group called “ the society of city and administration” has been a voluntary place where young city workers of Himeji city gathered and learnt town-making and positive stance of city administrator. Akira Tamura, renowned city planner, had often visited this group and talked with them. Mr. Motohiro Miki was also a member of this group and escorted Tamura often around Himeji and other towns nearby. This time from the 17th until 18th of October, 2018, Toshio Taguchi, vice-president of our NPO, visited Mr. Miki and other members in Himeji.

 

1977年に始まった「都市と行政の会」という姫路市職員による自主勉強会に、1975年に市役所に入った三木基弘氏も参加した。改革意欲に満ちた若者たちの勉強会だったのだろうか、自治体学会の発足案内で神戸に来た田村明(以下「田村」という)に勉強会のメンバーがお願いして、姫路にも寄ってもらうことになった。田村とは、それ以来のお付き合いである。田村が姫路市に公式に招かれ講演したのはわずか1回だが、中国地方に寄ると必ず、三木氏に電話が入り、勉強会メンバーとの宴会となったという。その宴会で若者たちは田村から、まちづくりへの姿勢を学んだ。因みに、三木氏は当NPOの賛助会員でもある。

 

姫路市は大都会である、人口53万人で2006年に市域が周辺町や島を含め大幅に拡張した。その姫路に、島根県奥出雲町からローカル線に乗り、島根広島の県境を越え、中国山地の間を走るローカル線で新見、津山を通過しやっと到着した。新見で泊まり、津山のお城の廻りを散策し、次の電車まで1時間から3時間待ち、ローカルに住むことの時間の過ごし方を少し学んだ。この地方中核都市の姫路も大阪への通勤圏で、片道1時間ぐらいで通えるようだ。

        

田村でなく田口が訪れるだけなのだが、かつての勉強会メンバー5名が集まってくれた。感謝感激であった。いまは姫路城を守る会に属する福井孝幹氏、姫路市の公民館長である筒井康行氏、地元の老人倶楽部のお世話をしている勢田一則氏、元々那覇市の都市デザイン担当で今は姫路の日本工科大学校理事長をしている中農一也氏、そして三木氏である。田口から、当NPOのパンフレットをお渡ししながら、NPOの目的や活動状況をご説明した。姫路市のまちづくりと役所の係わりについて興味深い話があり、姫路城が1993年世界文化遺産になり喜ばしい限りだが、城下町の歴史的価値をまちづくりに生かすことがまだ出来ていなく、姫路城の学術的調査もまだこれからであるようだ。

 

翌日に駅の南側に移転した市庁舎を見学し、そして再び駅の北側のお城周辺の公園内にある市立図書館を訪れた。丁度閉館日だったが、かつての勤務先である三木氏の案内で、姫路市立城郭研究室の学芸員、市史編集室の室長、そしてかつての勉強会のメンバーである図書館の館長さんにもご挨拶できた。城郭研究室をはじめ市史編集室も、注目度は低いかもしれないが、地道に成果を積み上げつつある様子が垣間見えた。

 

お城の脇にあるかつての赤煉瓦の市庁舎(明治時代の軍の武器弾薬庫)を通り過ぎながら、お城を見上げ、圧倒的な数の国内外からの観光客に囲まれる様子を体験した。お城から駅に通じる大通りは、所謂都市デザイン的まちづくりがなされ、駅前にも新たな商業ビルが建ち、大都会の雰囲気を感じた。しかし、かつての歴史をどう新たなまちづくりに生かすのかは、まだ見えない様子であった。

 

姫路市役所の勉強会の若者たちは停年を迎えたが、まだまだ地元姫路を愛し、ご意見番として活躍していく気力に満ちていた。頑張って欲しい、そして楽しんで欲しい。

 

以下の写真は、JR姫新線(きしんせん)で新見から津山を通り姫路に到達するローカル線の旅と、姫路のまちづくりグループの方々との交流会、そして姫路のまち並みです。

(文責:田口俊夫)

続きを読む

2018年

10月

29日

Travel report to Yokota, Shimane 島根県横田町への調査旅行

Akira Tamura, eminent town planner of Japan, traveled around villages or towns all over Japan to meet persons or groups engaging with Machizukuri, town making, as a evangelist of citizen-centered town making after he left the city government of Yokohama. He inspired them and empathized with them. We are now planning to trail Tamura and meet people concerned with Tamura. 田村明は横浜市退職後、全国のまちづくりグループを訪ね歩きました。彼ら彼女らを元気づけ、まちづくり活動を支援しました。当NPOでは、田村の全国での足跡を訪ね、その活動の意味を探ります。初回は、島根県横田町(現「奥出雲町」)を訪れ、田村に縁のある人にお会いしました。別添のPDFをご覧ください。

続きを読む

2018年

9月

19日

Papers recalling impressions of IPHS participation 国際都市計画史学会参加の感想文

We make open papers recalling impressions of IPHS participation written by theses presenters of our NPO. 今回の国際都市計画史学会で発表した当NPO会員と参加会員からの感想文を掲載します。

2018年

9月

15日

法政大学に提出された当時の田村明教授略歴 Profile of Professor Akira Tamura written by himself and presented to the University of Hosei

Profile of Professor Akira Tamura written by himself and presented to the University of Hosei in 1997 is to be open to the public. This profile can tell how Tamura himself saw his own career and evaluated his works. All written in Japanese, we are afraid of.

田村明が1997年当時に法政大学に提出した「略歴」を公開します。彼がどう自分自身の過去の仕事を評価しているかが分かる貴重な略歴書です。

2018年

9月

01日

A pristine couple from Korea 韓国からのお客様

A pristine young couple from Korea visited our organization in August 2018 and the joint research project between them and us concerned with Akira Tamura and his book entitled “a theory of citizen’s government” would be launched soon. Ms. Kukuhee Yeo, Ph.D. student of Kyung Hee University, and Mr. Hiroki Miura, Researcher at the Institute of Korean Political Studies of Seoul National University with Ph.D. in Political Science, have recently married and they are seemingly good partners on their research activities too. During their stay in Japan they visited several areas planned by Akira Tamura being guided by Mr. Aoki and Mr. Taguchi. We welcome them who have become our new members of NPO Tamura. この度2018年8月、韓国から素敵なカップルの研究者が当NPOを訪れました。田村明の『市民の政府論』を研究するためで、近々当NPOと日韓共同研究がスタートします。呂菊喜さんは慶煕大学大学院博士課程の学生で、三浦大樹さんはソウル大学韓国政治研究所の研究員(政治学博士)です。横浜では当NPOの青木さんと田口が案内して、田村明さんに関る計画地を訪問しました。お二人は当NPOの会員にもなっていただきました。

続きを読む

2018年

8月

12日

A email from Mr. Asakawa about his speech 会員の淺川さんからのお便り

Mr. Kenji Asakawa, IGES environmental researcher and our NPO member, attended a symposium held by Habitat of United Nations in Fukuoka on 30th of July, 2018. He addressed his thesis of soft law regarding local development exaction system of Japan and received a good reaction from participants including an old staff of the Ministry of Construction and Transport. According to his impression, Asian countries seem to need good examples from Japanese experiences, especially such as well researched precedents, never superficial examples shown in advertizing brochures. They are trying to find out items possible for self-reliant solutions by themselves.

2018年7月30日月曜日から福岡で開催されていた国連ハビタットの「都市及び国土計画のグローバルシンポジウム」に参加し、アジアのBreakout sessionにて日本の事例として宅地開発要綱を発表してきました。元国交省の方からは異論もあるが面白いと評価され、アジアの方からはソフトローは結構人気で、パネルディスカッションでは、ソフトツールとか、ソフトアプロ―チ、とかソフトが大流行していました。韓国の国土研究院の方からは、韓国にも似た制度があるというので、「寄附採納」というキーワードで探すと結構出てきました。韓国の場合には開発利益に比例させるようで、開発利益を自治体側が把握することが難しく、自治体職員の能力が問われる点は同じ、と言っていました。

海外、特にアジアの途上国は日本の事例を求めていますね。それも、どの部分はどのような前提において実現したのか、がちゃんと分析されているものには反応がいいです(逆に言えば、通り一遍のパンフレットには見向きもしません)。

このハビタットのシンポジウムとつなげて開催されたのが、国交省がハビタット3を契機に立ち上げた「国土・地域計画策定・推進支援プラットフォーム(Spatial Planning Platform, SPP)」の記念すべき第一回会合でした。国交省の方と話したときには、日本の事例は無くて困っている様子もありました。田村明ネタをどんどん出せるチャンスかもしれません。ネタとして重要なのは、途上国の自助努力でなんとかなりそうなものであること、でしょうね。

注)淺川賢司氏は、公益財団法人地球環境戦略研究機関の都市タスクフォースに属する研究員で、当NPOの正会員でもあります。都市計画が専門ですが、司法試験にも合格されており、世界の都市問題解決に対して多面的なアプローチを行っています。今年7月に開催された国際都市計画史学会・横浜大会で、途上国に適用できる宅地開発要綱の概念を「ソフトロー」として研究発表しています。

続きを読む

2018年

7月

24日

Our participation to the IPHS Yokohama 2018 successfully finished 国際都市計画史学会・横浜大会2018への参加が成功裏に終了しました

Our participation to the IPHS Yokohama conference in 2018 was successfully finished, and our mission to disseminate Akira Tamura to global audiences was achieved at the initial stage. Four members of our NPO, Chihiro Tamura, Toshio Taguchi, Kenji Asakawa, and Atsuhiro Aoki addressed the panel entitled Akira Tamura and his work in Yokohama. You can see four theses delivered at the panel on this website. We would like to express all the help given to us from our members of NPO, other friends and scholars.

国際都市計画史学会・横浜大会2018での当NPO会員による発表が成功裏に終了しました。田村明とその仕事についての分科会を設置し、大会初日の一番目に発表しました。発表した4名の会員へのご支援を感謝します。発表論文はこのサイトでご覧になれます。

2018年

7月

14日

姫路からの報告 A message from Himeji

Mr. Motohiro Miki, an activist of Machi-zukuri (Town Making) in Himeji of Hyogo prefecture, presents us a final version of writing regarding his lecture held in January this year. Akira Tamura traveled around local areas of Japan as the evangelist of Machi-zukuri to meet local people and convince them. Miki is one of those people who had received a big influence from Tamura.

今年1月に行われた元姫路市職員の三木基夫氏による講演内容に加筆修正したものが、まとまりました。三木氏と田村明との長年に亘る交流を書き起し、それに係わる多数の資料も寄せられています。「まちづくり伝道師」として地方を旅した田村明の足跡が分かる貴重な論考と資料です。

続きを読む

2018年

6月

10日

田村眞生子様よりの便り A news from Mrs. Makiko Tamura, widow of Akira Tamura.

In early June Mr. Chihiro Tamura, president of NPO, and Taguchi, vice-president, visited Mrs. Tamura in Atagawa, Isu peninsula, where Mr. and Mrs. Tamura has a decent room in senior persons’ apartment with a superb vista of the Pacific ocean and Izu islands. She has been a great supporter of our organization, NPO Tamura. This time we had a briefing about our participation and expected role at the IPHS Yokohama 2018 and also a possible joint venture with the Institute for Global Environmental Strategies and NPO Tamura. She showed us her recent articles which she kindly allows us to make those open in our website.

6月上旬に田村千尋理事長と田口副理事長が伊豆熱川にある田村眞生子様宅を訪問しました。太平洋と伊豆諸島を臨む素晴らしい眺望をもつケアマンションにお住まいです。眞生子様は当NPOへの最大の支援者です。この度、IPHS横浜大会への参加準備状況とIGES研究機関との共同研究についてのご説明で参上しました。当日、眞生子様から最近お書きになった記事を頂戴しましたので、HPで公開させていただきます。なお、下記記事は、「伊豆ライフ便り第41号、2017年10月発行、伊豆ヘルス・ケアマンション」から転載しております。

続きを読む

2018年

4月

15日

IPHS/Yokohama2018

On the one night before the deadline of submission the last paper was submitted to the committee of IPHS Yokohama conference. In July 2018, Tamura Akira will be opened to the global public at this coming conference through our four papers concerned with Tamura. 

Our papers are as follows :

1.PROFILE OF PROFESSOR AKIRA TAMURA----Yokohama City Planner

2.THE ADOPTION AND ABOLITION OF THE LOCAL DEVELOPMENTEXACTION SYSTEM BY THE CITY OF YOKOHAMA

3.A study of unorthodox town making by Akira Tamura: the transmission of Tamura’s vision to younger generations

4.The status and use of soft law in local governments’ management of urban development: Restructuring the logical framework of administrative guidance on impact fees for housing development in 1970s Japan

今年7月に予定される国際都市計画史学会・横浜大会で発表される論文4編がすべて提出されました。7月を契機に、田村明が世界に発信されることになります。

2018年

4月

01日

Betterment概念の歴史的変遷

開発利益の公共還元は”Betterment"として広く都市計画家に知られて基本概念ですが、それがいつ始まり、どのように議論され、実践され、そして現代に至っているかは意外と整理されていません。実は、日本でも1900年代初期に、その導入が議論され、戦前の都市づくりでも一部実践されています。その「小論」が田口俊夫氏より投稿されました。

The notion of Betterment, planning obligation to return an increase of land value caused from public planning investment or planning permission to the public authority , has been discussed among law-makers or law-enforcement authorities around the world since the late 1890s. Surprisingly, Japan was fairly quick to introduce that notion into its own town planning practice in 1912 by a scholar, Masao Kanbe.

2018年

2月

27日

Soft Lawと宅開要綱

A new concept of soft law by Kenji Asakawa, member of NPO, which is applied to explain its legal and social context of Local Development Exaction (LDE) system, is so interesting that all attendants last evening on 24th February discussed deeply and exchanged their own views to strengthen Asakawa’s concept. Asakawa’s “Soft Law” is an idea that local planning authority can forge an agreement with developer in respect of public obligation even under the circumstance where there is no legal framework to support that execution. Apart from Japan, England and U.S. have legal frameworks to decentralize power to demand public obligation to developer by English Town and Country Planning Act and American State Enabling Act. If and when local planning authority and developer cannot reach agreement in Japan, neither necessary infrastructure nor community facilities can be installed. This kind of situation means that housing development cannot exist nor become market commodity to sell. Although LDE system has been seen alternative method in lieu of national legislation or local bye-law, it can rather become a positive measure for independent local government.

Now Asakawa is preparing full paper and submit for peer-review by the end of March for the conference of International Planning History Society (IPHS) to be held in July, which will become our NPO presentation of Akira Tamura and his work to the global planning community for the first time. We are expecting your understanding and collaboration to our project.

昨晩の研究会は建設的な議論に満ちていた。淺川氏の「ソフトロー」理論は、横浜市の宅地開発要綱に係わる社会状況を説明し、日本と同様に、国による立法措置や地域整備財源の分権化が進まない開発途上国での活用が期待されるものである。今年7月に開催される国際都市計画史学会IPHS横浜大会で「田村明分科会」が設置され、そこでの論文発表を当NPOが担当する。開発に際しての公共貢献を開発事業者に、地方自治体と合意による契約を結ぶことで求める。英国や米国のように、都市計画法や州法による支援措置がない中で、日本の地方自治体はソフトローを実践してきた。この宅地開発要綱が法律条例に代替する『消極的手法』でなく、合意による契約という当事者間での公共貢献を規定する『積極的手法』であることを理論化するものである。おおいに期待した。

続きを読む

2018年

2月

06日

IPHS2018横浜大会で田村明分科会の設置承認

国際都市計画史学会International Planning History Society (IPHS)2018年横浜大会(2018年7月15日~19日)での『田村明分科会Panel』の設置がIPHS横浜大会実行委員会から正式に承認されました。発表者は当NPO会員4名で構成されます。下記論文は「概要」が承認され、今年3月末までに論文本文が提出され審査されます。なお、論文と発表はすべて英語で行われます。

 

田村明分科会(Panel名称)The Genesis of Yokohama’s Strategic Planning Environment: Reflecting on the Contribution of Akira Tamura and His Work

横浜市における戦略的都市づくりのはじまり:田村明とその仕事を通じて

1.Profile of Professor Akira Tamura –Yokohama City Planner

横浜の都市プランナー田村明の肖像

田村千尋(当NPO理事長、なお当論文作成に際して、当NPO理事の東秀紀氏が協力しています)

2.The Adoption and Abolition of the Local Development Exaction system by the City of Yokohama

横浜市における宅地開発要綱の制定と廃止の経緯

田口俊夫(当NPO副理事長)

3.A study of unorthodox town making by Akira Tamura: the transmission of Tamura’s vision to younger generations

田村明の非定型流動のまちづくりに関する考察:田村明の思想の次世代への継承

青木淳弘(東京大学大学院社会学研究室修士課程、当NPO会員)

4.The status and use of soft law in municipalities’ management of urban development: restructuring the logical framework of administrative guidance on impact fees for housing development in 1970s Japan

都市開発行政におけるソフトローの在り方:1970年代日本の住宅開発での宅地開発要綱行政の再評価を通じて

淺川賢司(地球環境戦略研究機関IGES都市タスクフォース・プログラムマネージャー、当NPO会員)

2018年

1月

31日

宅開要綱に係る公益用地取得史料を公開

横浜市宅地開発要綱でかつて提供が求められた「公益用地(学校や保育園等の地域で不可欠の公共施設の用地に使用)」の取得手続と売買契約書に係る市財政局の当時の用地調整課の決裁書が発見され、情報開示請求で公開されました。1979年の貴重な史料です。

2018年

1月

25日

まちづくり伝道師田村明との出会い・姫路からの報告

大雪の夜であった……これで本当に講演会ができるのだろうか、だれもそう思った。しかし、遠路はるばる講師はすでに横浜に到着している。天候にかかわらず、記録をとり公開することが当NPO法人の使命である。急遽、会場に無理をいって繰り上げて、聴衆3名で講演会を開催した。徐々に聴衆も増え、講演会の後は近くの中華レストランで夜8時まで交流できた。それにしても、久しぶりの本格的な雪であった。当日、参加できなかった方々は後日記録をご覧ください。

さて、姫路市に長年勤務した三木基弘氏は、市に就職するに際して「地方自治のあり方」におおきな関心をもち、それを共に語り実践できる仲間づくりをしてきた。20名ほどの仲間たちで、全国の事例を学びながら姫路のまちづくりを考えてきた。このような三木氏にとって、田村明さんとの出会いは必然的なものであったといえる。

田村さんとの知己を得てから、田村さんを囲み仲間たちと酒を飲み語り明かした。仲間には田村さんの要請で自治体関係の本に論文を寄稿した者、市の助役になり頑張った者もいる。自分のみが突出するのでなく、仲間の誰かがやってくれる、という期待感で活動してきた。このような三木氏に田村さんは心を許したようで、姫路を訪れる時の田村さんの表情は何時もくつろいでいる。

また、田村さんの本が出版され、田村さんが姫路を訪れた時にはマチ中の書店から本を買い求め、田村さんにサインをしてもらい、無償で後輩たちに配ったという……熱血漢です。

続きを読む

2017年

12月

19日

我が国初の宅開要綱制定・川西市訪問

我が国初の宅開要綱を制定した川西市(兵庫県)を訪問し、制定当時の議論が分かる記録の提供を川西市議会事務局から受けました。有難うございます。また、川西市でまちづくりを担当する部署も訪問しお話を聞きました。なお、横浜市は二番目となります。訪問記録をまとめましたので、掲載します。

続きを読む

2017年

11月

29日

田村明と現代まちづくり塾

2017年11月27日(月)午後6時より、桜木町の市民活動支援センター4階、セミナルーム2号で、関根龍太郎氏による『田村明と現代まちづくり塾』と題する講演会を開催しました。参加者は講師を含め9名でした。

2002年から東京で開講した「現代まちづくり塾」は毎月1回土曜日の午後に、休むことなく今日まで続けてこられました。田村さんは2010年1月に亡くなったのですが、亡くなる直前まで塾の活動を続けられました。その後は、塾生たちが田村さんの遺志を受け継ぎ、田村さんが残した「テーマプログラム」に基づき、分担して議論を重ねてきました。その拘りと努力には敬意を表します。

今回は、当NPO法人の理事も務め、東京の現代まちづくり塾の世話人も務める関根龍太郎氏に、現代まちづくり塾設立に至る経緯と、田村さんが亡くなるまでの時代、そして田村さん亡き後での塾生たちによる自主的活動の歴史について語って頂きました。

続きを読む

2017年

11月

08日

IPHS横浜大会提出論文の打ち合わせ会

いま、当NPOでは来年7月に開催予定の国際都市計画史学会IPHS横浜大会で、「田村明分科会」の設置を求める動きを開始しています。発表論文が4編以上で、分科会(Panelというようですが)設置の必要性と意義をIPHS理事会に訴える必要があります。

現在、東秀紀、淺川賢司、青木淳弘そして田口俊夫の4名で発表論文のとりまとめをしております。先日、11月6日(月)午後6時より、桜木町市民活動支援センター4階ディスカッションルームでそれぞれの論文の概要Abstractを基に意見交換をしました。全体を貫く「田村明論」としての整合性や、他の都市計画家との違いの鮮明化、未来に繋げていく上での意味性などを深く議論しました。

続きを読む

2017年

11月

01日

1971年の田村明と1978年の田村明

SD特集(スペースデザイン・鹿島研究所出版会)85号、1971年10月で横浜の都市づくりが特集された。1968年4月に横浜市に入った田村明の3年目の「決意表明」ともいえるものである。

やっと高速道路の地下化も目途がつき、宅地開発要綱の制定された。新都市計画法による市街化調整区域の指定作業も完了した。港北ニュータウンや金沢臨海都市も徐々に動こうとしている。横浜都心部の三菱重工造船所の課題はまだ先が見えない。しかし、都市プランナーとしては打つべき手は打ち、企画調整室を中核にして市の組織改革も進みつつあった。

田村はこの冊子で、盛んに「プランナー論」を語っている。デザイン派でも、研究室派でも、官庁派でもない、本当に動かす実践的プランナーが必要なのだと、強く主張した。まだ、田村の主張する都市づくりは形となって表れていない、これからである……

続きを読む

2017年

10月

24日

Akira Tamura and his family's history

田村千尋さんが『田村明とその家族』と題して英文による投稿をしていただきました。大変に有難うございます。来年のIPHS横浜大会に向けて、本NPOも英文による発信につとめていきます。

Thanks to Mr. Chihiro Tamura, younger brother of city planner Akira Tamura, who completed an essay regarding Akira Tamura and their family's history, we received this article from Chihiro and made it open to the public commemorating Akira Tamura as a renowned city planner.

続きを読む

2017年

10月

19日

地球環境戦略研究機関IGESでの葉山セミナーの報告

当NPOの賛助会員になっていただいたIGESの藤野純一さんと淺川賢司さんの企画で、葉山湘南国際村にあるIGESで当NPOと共同のセミナーを2017年10月18日(水)午後2時から開催しました。NPOからは遠藤包嗣、田口俊夫、そして漆原順一の3名が参加しました。富士山を臨む葉山の丘陵地にIGES本部があります。

続きを読む

2017年

10月

18日

横浜市提供の開発許可と財政状況に関するデータを公開します

この度、当NPO法人会員による研究論文作成(会員田口担当の「宅開要綱田口論文」)に際して、横浜市から開発許可件数の推移と市財政の性質別決算額の推移等のデータの提供を受けました。ついては、当HPの「研究資料集」で公開しますので、ご覧下さい。当該データの公開に際して、市の市民局・建築局そして財政局の方々にご協力いただいたことを感謝します。

2017年

10月

14日

田村塾と歩んだ15年・真矢正弘講師

定例公開研究会

2017年10月13日(金)午後6時から8時

横浜市市民活動支援センター4階セミナルーム2号

参加者12名

続きを読む

2017年

9月

25日

横浜市若手職員の自主勉強会「なぎさの会」を取材しました

いい名前だと思いました、海に関係した横浜らしい名前だと……でも、実際は人の名前でした。山田渚さんが主催する横浜市役所の若手職員たちの自主勉強会です。市役所が支援する勉強会もありえるのですが、お金には「クチ」もついてまわるものなので遠慮しているようです。

今回、NPO法人田村明記念・まちづくり研究会として取材した目的は、それほど崇高な目的があったわけではありません。老人主体の当NPO法人として、いまの若者たちがどう勉強しているのかを知りたい、と思ったからです。

訳の分からない老人に対して、爽やかにかつ親切に対応していただき、感激しました。山田さんが市役所に入ったのが9年前です。大学の都市計画専攻(都市デザイン研究室)を修了した直後に最初に配属されたのが審査部署でした。都市の基盤整備の仕事にやりがいを感じつつも、受け身の業務が少々辛い職場だったのかしれません。仲間を募り、「目の前の業務に縛られずに、理想的な都市の姿はどういうものか」皆で勉強をしていこう、と決断しました。月1回会合をもつのが目標ですが、忙しいとそれもできません。先進事例をみに見学会をしたり、講演会をお願いしたり、他都市の職員の人たちと交流したり、また自分の興味と関心のあることを発表して議論したり、と試行錯誤しながらやっています。2012年に始めて、6年目です。当初は年に19回もやっています。

メンバーは正会員が20名ほど、他にメーリングリスト会員がいます。どちらかと言うと、メインは市役所の建築職の人たちですが、事務職の人もいます。山田さん自身は横浜生まれで横浜の学校で学び、東京の大学と大学院でまちづくりや都市デザインを学び、特に実際に街に入りながら、住民とともにイベントを企画するなどのソフト系のまちづくりを実践形式で学びました。それを現場で活かしたい、そう思っています。現在は、都市デザイン室に在籍し、かつての恩師と同じ職場にいます。夢を失わずに、仕事を楽しみたい……そう思っています。田村明さんには「田村塾などで二度ほどお会いしたことがあり、お話しをさせていただいたことがありますが、叱咤激励いただいたことが強く心に残っています。」とのことです。山田さんたち、是非楽しみながら頑張ってください、老人たちからの応援です。

 

(文責:田口俊夫)

2017年

9月

16日

宅開要綱研究発表会が終了しました

続きを読む

2017年

9月

15日

横浜市宅地開発要綱に係わる市長方針決裁書の公開

横浜市の宅地開発要綱に係わる資料を公開していきます。横浜市の宅地開発要綱は1968(昭和43)年に制定され、2004(平成16)年に運用停止となります。自治体が地域づくりに際して、開発事業者に開発負担を求める自主的制度です。田村明も自らの業績を整理するために、1980年に博士論文としてまとめています。当NPO法人は横浜市に対して当該事案に係わる情報開示請求を行い、多数の有益な資料を入手しました。それらの資料を皆様と共有させていただきます。

横浜市の宅地開発要綱改訂に関する市長方針決裁書・1980(昭和55)年
1968(昭和43)年飛鳥田市政で制定された『横浜市宅地開発要綱』が細郷市政で改訂されました。ここから規制緩和の流れが始まります。

2017年

9月

04日

横浜市の区域区分に関する投稿論文

会員の田口俊夫さんより『横浜市における市街化区域及び市街化調整区域の設定作業の経緯分析』という論文が投稿されました。田口さんが現在執筆中で今月9月15日(金)にNPOの研究会で発表される、宅地開発要綱に関する論文の参考資料となる小論文です。このような貴重な資料を、永年に亘り保管してきた横浜市役所担当者の方々のご努力に敬意を表します。

続きを読む

2017年

8月

15日

田村明著作物に関する著作権の帰属について

関係者各位

 

この度、2017年 7月 31日をもって田村明著作物に関する著作権を所有していた田村眞生子様より、本NPO理事長を務める田村千尋に当該著作権が正式に譲渡されました。

今後の当該著作権に関するお問合せは、本NPOを通じてお問合せ下さい。本NPOより田村千尋に伝達し、しかるべき処理を行います。

なお、当該著作権は当分の間、田村千尋個人が所有するもので、本NPOが所有するものではありません。

2017年

8月

15日

研究会の日程

皆様へ、今後の研究会の日程です。

 

9月15日(金)午後6時 『宅開要綱論文最終稿』

講師:田口俊夫(当会正会員)

桜木町の市民活動支援センターセミナルーム2号

 

これまでも数回に亘り、宅開要綱論文草稿を発表させていただきました。その後、米国においても自治体による開発負担の制度が、1980年代以降始まり現在も継続していることが確認されました。孤立無援のなかで、業界寄りの国からの圧力で最終的に廃止された日本の宅開要綱、逆に州政府や司法の世界からの支援を受け、今もしっかり存続する米国の負担制度が対比されます。この部分を含め、論文全体の結論部分を再構成しました。

続きを読む

2017年

8月

07日

2017年定款変更の案内

NPO法人田村明記念・まちづくり研究会副理事長の田口俊夫です。

この度、本会定款変更を致しましたので、ご報告します。

変更内容は以下のものです。

続きを読む

2017年

7月

24日

田村明プロフィール作成研究会の報告

 

日時:2017年7月14日(金)午後6時~8時45分

場所:桜木町市民活動支援センター4階セミナールーム2号

講師:東秀紀氏(本NPO理事、歴史作家、元首都大学東京教授)

出席者:正会員11名

続きを読む

2017年

7月

06日

7月14日(金)公開研究会開催のお知らせ

NPO法人田村明記念・まちづくり研究会 定例研究会

-----------------------------------------------------------

テーマ:田村明プロフィール作成部会

素案提供:東秀紀(本NPO法人理事・歴史作家)

日時:2017年7月14日(金)午後6時~

場所:横浜市市民活動支援センター4階セミナールーム2号

横浜市中区桜木町1-1-56みなとみらい21クリーンセンタービル4階

資料代:500円(当会会員は無料、賛助会員へのお申込みはこちらから)

-----------------------------------------------------------

続きを読む

2017年

6月

26日

6月23日(金)公開研究会報告(速報)

 

1.奥津憲聖『近現代個人文書が有する価値とその編成-都市プランナー・田村明の旧蔵資料を事例に-』

 

2.青木淳弘『<いま>田村明を<読む>ということ-田村明の社会学的研究構想-』

 

 NPO会員20歳代の二人の発表は意義深かった。

続きを読む

2017年

6月

19日

6月23日(金)公開研究会開催のお知らせ

公開研究会を下記のとおり開催します。会員または会員外でも参加できますので是非お誘い下さい。

 

NPO法人田村明記念・まちづくり研究会 公開研究会

-----------------------------------------------------------

講師とテーマ:

その1 奥津憲聖(当会正会員)『近現代個人文書が有する価値とその編成―都市プランナー・田村明の旧蔵資料を事例に―』

その2 青木淳弘(当会正会員/東京大学文学部社会学研究室)『社会学からみた田村明の功績についての研究構想』

日時:6月23日(金)午後6時~

場所:横浜市市民活動支援センター4階セミナールーム2号

横浜市中区桜木町1-1-56みなとみらい21クリーンセンタービル4階

資料代:500円(当会会員は無料、賛助会員へのお申込みはこちらから)

-----------------------------------------------------------

続きを読む 0 コメント

2017年

6月

14日

田村眞生子様からのお便り

 田村明夫人・眞生子様より、お友達との句集を頂戴しました。田村明さんの想い出が連載されています。奥様の御了承を頂戴して、皆様にご覧いただくために、当会HPに掲載します。眞生子様の句集と想い出は、「あけび」通信(編集者:和田知子様)の第112号(2016年10月)、第113号(2017年2月)、第114号(2017年5月)に掲載されました。奥様と田村さんの温かな思いやりが伝わってきます。

続きを読む

2017年

6月

12日

香川観光綜合開発計画の報告書を公開

環境開発センターが作成した「香川県観光綜合開発計画マスタープラン報告書」の全文を研究資料集のページで公開しています。この報告書について詳しくは2015年3月26日に掲載した「田村明の初仕事としての香川県観光総合計画づくり」をご覧ください。

2017年

5月

22日

MM21論文が日本建築学会計画系論文集に掲載されました

 

 NPO法人田村明記念・まちづくり研究会の田口俊夫です。この度、みなとみらい21に関する研究を再度まとめ直し、日本建築学会査読論文の審査を通り、「計画系論文集」2017年5月号に掲載されることとなりました。

 会員とご支援いただいている方々に、お目を通していただきたく、当NPO法人のHPに掲載することといたしました。

 当該論文は、2016年4月3日の記念シンポジウムの場で発表させたいただいたものを、まとめ直したものです。より分かり易く内容を整理したつもりです。みなとみらい21事業に関わった方々のご苦労を学び直す上で、参考にしていただけると、幸いです。

 では、皆様からのご意見をお待ちします。

続きを読む

2017年

5月

04日

2017年度総会の報告

 2017年4月28日(金)午後6時から横浜市立大学・鈴木伸治教授による講演「田村明研究の視座」が始まりました。つい最近、世界銀行からの調査団が横浜市に来て、鈴木教授も横浜の都市づくりについて質問を受けました。なぜ六大事業は、田村明がわずか13年在職(1968年4月~1981年3月)しただけで、その後も市の方針として継続していったのかが不思議である、とのことでした。海外では政権が変われば担当者も政策も変わるのが普通で、しかし横浜では継続した。この詳細は後日講演録を掲載しますので、お楽しみに。 

続きを読む

2017年

4月

22日

NPO法人田村明記念・まちづくり研究会 2017年度総会の開催

NPO法人田村明記念・まちづくり研究会 2017年度総会

日時:2017年4月28日(金)午後7時より

場所:横浜市民活動支援センター4階セミナールーム2号

出席予定者:正会員、ただし賛助会員は傍聴できます

 

議題:

1.2016年度事業報告及び決算報告

2.2017年度事業計画及び予算説明

3.その他

 

なお、当日午後6時より7時まで記念講演を開催します。どなたでも参加できます。

講演者:鈴木伸治横浜市立大学教授

演題:田村明研究の視座とその可能性

 

2017年

3月

17日

3月16日(木)公開研究会報告

 

川股隆「飛鳥田市政の財政事情と事業運営」

開催日:2017年3月16日(木)午後2時~5時30分

場所:横浜市民活動支援センター4階セミナールーム2号

参加者:11名(講師含む)

続きを読む

2017年

3月

03日

3月16日(木)定例研究会開催のお知らせ

定例研究会を下記のとおり開催します。会員または会員外でも参加できますので是非お誘い下さい。

 

NPO法人田村明記念・まちづくり研究会 定例研究会

-----------------------------------------------------------

テーマ:「飛鳥田市政の財政事情と財政運営」

発表者:川股隆(有機農業者)

~川股隆氏プロフィール~

東京教育大学卒。1971年4月、横浜市役所入庁。

企画調整室、財政局財政課、財政局係長、横浜市立大学経理係長、財政局予算係長、保土ヶ谷区区政推進課長、経済局商業課長、経済政策課長、企画財政局総合計画課長、横浜市立大学企画担当部長、交通局経営企画部長、下水道局経営企画部長を経て、2002年に早期退職。

日時:3月16日(木)午後2時~

場所:横浜市市民活動支援センター4階セミナールーム2号

横浜市中区桜木町1-1-56みなとみらい21クリーンセンタービル4階

資料代:500円(当会会員は無料、賛助会員へのお申込みはこちらから)

-----------------------------------------------------------

続きを読む

2017年

2月

17日

2月10日(金)公開研究会報告

 

宅地開発要綱田口論文・第二回研究会

開催日:2017年2月10日(金)午後6時~8時30分

場所:横浜市民活動支援センター4階セミナールーム2号

参加者:8名(講師含む)

続きを読む

2017年

2月

13日

MM21開発に関する参考資料

 この度、日本建築学会の計画系論文集に小生研究『横浜みなとみらい21開発中央地区における開発方式の時系列的分析』が最終の論文審査に通りました。

ついては、情報開示請求で取得し研究に活用した資料を多くの方々に活用していただくために、本NPO法人のHPで掲載公開することと致しました。

 当該研究論文は、2016年4月3日NPO記念シンポジウムで発表させたいただいた論文『みなとみらい21開発の経緯』が土台です。

 最終的には今年5月の論文集に掲載予定です。なお、当該情報開示資料の公開は、開示許可に際して開示元からご承認を頂戴しておりますことを申し添えておきます。

田口俊夫

続きを読む

2017年

2月

04日

2月10日(金)定例研究会開催のお知らせ

定例研究会を下記のとおり開催します。会員または会員外でも参加できますので是非お誘い下さい。

 

NPO法人田村明記念・まちづくり研究会 定例研究会

-----------------------------------------------------------

テーマ:「革新首長と宅開要綱」

発表者:田口俊夫(当NPO副理事長)

日時:2月10日(金)午後6時~

場所:横浜市市民活動支援センター4階セミナールーム2号

横浜市中区桜木町1-1-56みなとみらい21クリーンセンタービル4階

資料代:500円(当会会員は無料、賛助会員へのお申込みはこちらから)

-----------------------------------------------------------

続きを読む

2017年

1月

29日

1月24日(火)公開研究会報告

遠藤包嗣氏講演会『港北ニュータウン建設事業の課題と展開』速報

 

 遠藤氏の講演録は近日中に詳細なものが上がってきますが、当日の速報を掲載します。当日の参加は講師を含めて会員10名でした。午後6時から9時近くまで休憩もなく熱をおびた講演と意見交換がされました。参加者の方々、ご苦労様でした。

続きを読む

2017年

1月

12日

1月24日(火)定例研究会開催のお知らせ

定例研究会を下記のとおり開催します。会員または会員外でも参加できますので是非お誘い下さい。

 

NPO法人田村明記念・まちづくり研究会 定例研究会

-----------------------------------------------------------

テーマ:「港北ニュータウン建設事業の課題と展開」

発表者:遠藤包嗣さん(当NPO理事、元横浜市都市整備局港北ニュータウン建設部建設課計画担当係長)

日時:1月24日(火)午後6時~

場所:横浜市市民活動支援センター4階セミナールーム2号

横浜市中区桜木町1-1-56みなとみらい21クリーンセンタービル4階

資料代:500円(当会会員は無料、賛助会員へのお申込みはこちらから)

-----------------------------------------------------------

続きを読む

2016年

12月

08日

12月2日(金)公開研究会報告

開催日:2015年12月2日(金)午後6時~9時

場所:横浜市民活動支援センター4階セミナールーム2号

参加者:9名(講師を含む)

 

議題1 田口俊夫『革新自治体における開発コントロール手法形成の経緯と変化-横浜市における宅地開発要綱を事例として-』

議題2 永山克男さん『宮城大学における博士論文の進め方』

続きを読む

2016年

11月

29日

12月2日(金)定例研究会開催のお知らせ

定例研究会を下記のとおり開催します。会員または会員外でも参加できますので是非お誘い下さい。

 

NPO法人田村明記念・まちづくり研究会 定例研究会

-----------------------------------------------------------

講師:田口俊夫

テーマ:「田村明の宅地開発要綱についての一考察・横浜の30年後の姿」

日時:2016年12月2日(金)18時~

場所:横浜市市民活動支援センター4階セミナールーム2号

横浜市中区桜木町1-1-56みなとみらい21クリーンセンタービル4階

資料代:500円(当会会員は無料、賛助会員へのお申込みはこちらから)

-----------------------------------------------------------

続きを読む

2016年

11月

17日

横浜市会議員・高橋正治さんのミニ研究会報告

2016年11月14日(月)午後7時30分より9時まで

桜木町市民活動支援センターセミナールーム2号

出席者・8名(講師含む)

 

 市会議員の人の話を聞くのは初めてであった、まあその程度の地方政治に対する意識しかない田口であるが。市会議員として緑区選出で14年目の高橋正治さんをお招きした。高橋さんは民間会社の技術者から議員に転身した。

 宅地開発要綱について研究を始めた田口が、いまの市会がかつて宅地開発要綱で定めたような開発者負担を求める「条例」を果たして制定できるものなのかどうか、を議員の立場から意見を聞いてみたいと思いお願いした。

続きを読む

2016年

9月

22日

田村千尋講演会『田村明の思想に影響を及ぼした家族、そして……』

 本研究会の定例公開講演会を2016年9月12日(月)午後6時より8時30分まで、桜木町の市民活動支援センターセミナールーム2号で開催しました。参加者は12名でした。

 

 講師の田村千尋さん(本研究会理事長)が田村明の思想形成に影響を与えたご家族それぞれを詳述しました。田村家は父親の田村幸太郎(こうたろう)、母親の忠子(ただこ)と長男の忠幸(ただゆき)、次男の義也(よしや)、三男の明(あきら)そして四男の千尋(ちひろ)の男四人兄弟です。特にこのなかで、次男の義也さんがおおきな影響を明さんに与えた、というのがこの講演の趣旨となっています。義也さんは学徒出陣から特攻要員となり、どうにか生きながらえて慶應義塾に復学しました。その後、戦後間もない岩波書店に入社し、雑誌『文学』の編集長をながく務め、途中、革新的な時代の潮流を先導した『世界』編集長も務めました。装丁家としても有名です。家族が語る田村明像は深層心理に迫り、かつ深い愛情に満ちた分析となっています。

 

続きを読む

2016年

8月

30日

9月12日(月)公開研究会開催のお知らせ

公開研究会を下記のとおり開催します。会員または会員外でも参加できますので是非お誘い下さい。

 

NPO法人田村明記念・まちづくり研究会 公開研究会

-----------------------------------------------------------

田村千尋「田村明の思想に影響を及ぼした家族、そして、、」

日時:2016年9月12日(月)18時~

場所:横浜市市民活動支援センター4階セミナールーム2号

横浜市中区桜木町1-1-56みなとみらい21クリーンセンタービル4階

資料代:500円(当会会員は無料、賛助会員へのお申込みはこちらから)

-----------------------------------------------------------

続きを読む

2016年

8月

30日

tvk「ニュース930α」の取材を受けました

(tvk「ニュース930α」8/23放送分より)
(tvk「ニュース930α」8/23放送分より)

 田村明の経歴と彼の横浜での都市づくりの取り組みが、8月23日(火)放送のtvk「ニュース930α」で紹介されました。放送に先立ち当NPO法人の理事長・田村千尋がtvkの取材を受けました。

 

 午後9時半から放送された番組の中盤、「横浜の都市づくりにかけたプランナーの思い」というタイトルの特集の中で、田村明の活躍を紹介する映像が取材時のインタビューの映像を交えながら、5分程度放映されました。

 

続きを読む

2016年

8月

03日

遠藤包嗣氏講演会速報:田村明流の複合事業への対応

 

 元横浜市企画調整局職員であった遠藤包嗣(えんどうかねつぐ)氏の講演は実に興味深かった。実体験を冷静に客観的に分析すると、このような研究発表となる確かな事例となった。なお、当日の出席は、正会員と賛助会員で13名で、岩手と福島からの参加もあった。

 

続きを読む

2016年

7月

12日

7月29日(金)公開研究会開催のお知らせ

この度、新理事に就任いただいた遠藤包嗣(えんどう・かねつぐ)さんの講演会を、下記のとおり開催します。なお、会員または会員外でも参加できますので是非お誘い下さい。

 

NPO法人田村明記念・まちづくり研究会 公開研究会

-----------------------------------------------------------

遠藤包嗣「『企画調整室の活動』と『金沢地先埋立事業の展開』」

日時:2016年7月29日(金)18時~

場所:横浜市市民活動支援センター4階セミナールーム2号

横浜市中区桜木町1-1-56みなとみらい21クリーンセンタービル4階

資料代:500円(当会会員は無料、賛助会員へのお申込みはこちらから)

-----------------------------------------------------------

続きを読む

2016年

7月

10日

横浜まちづくり塾(田村塾)7月例会のご案内

横浜まちづくり塾(田村塾)の2016年7月例会のご案内です。

※NPO法人田村明記念・まちづくり研究会とは別団体ですが、横浜まちづくり塾にはホームページがないため、こちらで例会のご案内をさせていただいております。問い合わせ先についてはページ下のPDFファイルをご参照ください。

 

と き 7月21日(木) 18:30〜21:00 

会 場 神奈川県民サポートセンター709号室 

    *横浜駅西口から徒歩5分

テーマ  横浜まちづくり塾:ファイナルステージ-3 

         田村明、田村塾、そして私のまちづくり考

   ~~田村塾の歩みと「まちづくり」への提言~~

講師陣 田村千尋、中村勉、安田八十五、野田邦弘、後藤眞理子

    ほかご参加の塾生の皆さん

 

*モデレーター 嶋田昌子:横浜シティガイド協会理事

        &中津秀之:関東学院大学工学部准教授

    

注:講師陣は7月例会に予めご参加予定のメールをいただいた方のお名前の一部を列記しました。

 

定 員 25名(先着定員)

参加費(資料代含む) 500円

 

続きを読む

2016年

6月

22日

田口俊夫論文『みなとみらい21開発の経緯』

 当該研究論文は、2016年4月3日に開催された『田村明からのメッセージ』記念シンポジウムの場で発表されたものです。これまで詳細には語られることがなかったみなとみらい21開発に係る歴史的事実を幾ばくか掘り起こしたものです。

横浜のまちづくりには、田村明が中心となり、多くの人々が関りました。かつ長い時間の流れの中でその理念と姿勢を継承した人々がいて、そして今後もいることにより、今のみなとみらい21とこれからの横浜の歴史がつくられていきます。論文作成に際してはおおくの人々、そして研究仲間に支えられました。有難うございました。

(田口俊夫)

続きを読む

2016年

6月

15日

2016年総会の開催報告

 2016年6月9日(木)午後7時30分より総会が開催され、正会員全員13名(内、4名が委任状提出)が出席しました。議長に田村千尋氏が選任され、議事に入り、関根龍太郎氏より2015年度の総括と課題の説明を受け、田口俊夫氏より2015年度活動報告と決算書類の説明がありました。決算書類については、すでに監事の遠藤博氏による監査が終了しています。

 

 次に、2016年7月1日よりの2年間の新役員の選任があり、7名の理事(田村千尋、田口俊夫、関根龍太郎、寺澤成介、遠藤包嗣、東 秀紀、星 卓志)と1名の監事(遠藤 博)が選ばれました。また、総会後の理事会で、田村千尋氏が理事長に、田口俊夫氏が副理事長兼会計担当に選ばれました。

続きを読む

2016年

6月

04日

正会員意見交換会を開催しました

 正会員意見交換会を2016年5月25日(水)午後6時から8時まで、桜木町市民活動支援センター5階にて開催しました。参加者は8名で、現在の理事3名と正会員5名でした。会では6月9日(木)の総会に向け、2015年度活動報告書や決算書類についての意見交換がなされました。

続きを読む

2016年

5月

17日

NPO法人田村明記念・まちづくり研究会 2016年総会のご案内

当NPO法人は、以下のとおり2016年度「総会」を開催します。

---------------------------------------------------------------------------

日時:2016年6月9日(木)午後7時30分より8時30分までを予定

場所:横浜市開港記念会館7号会議室(横浜市中区本町1丁目6番地)

議題:

第1号議案 2015年度活動報告と決算報告について

第2号議案 2016年度活動計画案と予算案について

第3号議案 新役員人事案について

----------------------------------------------------------------------------

なお、同日午後6時30分より、以下の講演会があります。会員又は会員外でも参加が可能です。

続きを読む

2016年

5月

11日

正会員集会の報告その2

 5月10日(火)午後7時より、桜木町の市民活動支援センター打ち合わせコーナーをお借りして、NPO法人正会員7名が集まり、今後の研究会の運営方針案について意見交換しました。わずか7名の会でしたが、熱い意見が飛び交いました。

 6月9日(木)午後6時から関内の開港記念会館会議室で開催予定のNPO法人の総会に向けて、2015年度の総括と2016年度の運営方針について議論しました。当日は総会の前に、田村明による世界のスケッチ画集を整理している遠藤博氏からの講演も予定されています。

 

続きを読む

2016年

4月

20日

拡大正会員集会を開催しました

  4月19日火曜日午後6時より、桜木町の横浜市民活動支援センターでNPO法人の10名の正会員たちが集まり、今年度の反省と次年度に向けた事業方針について意見交換をしました。

 

 NPO設立1周年と田村明による論述集の出版を記念した「田村明からのメッセージ」シンポジウムが4月3日に開催され、当日190名の参加を得て成功裏に終了しました。新会員も増えたなかで、もう一度NPOの設立趣旨を振り返り、NPOの事業目的とそれを支援する運営体制についても熱心に意見交換がなされました。その結果、6月9日(木)夕刻よりNPOの総会を開催することに決定し、それに向けてNPOの活動「三ヵ年計画」を立案することとなりました。この後、適宜詳細をお伝えしていきます。

続きを読む

2016年

4月

05日

シンポジウム「田村明からのメッセージ」開催報告(速報)

 4月3日(日)午後1時30分より神奈川県民ホール6階大会議室で、都市プランナー田村明没後六年の記念祭が開催されました。同時に、田村明とまちづくりを研究するNPO法人田村明記念・まちづくり研究会の設立1周年を迎え、研究成果の発表と講演が行われました。

 

続きを読む

2016年

2月

11日

シンポジウム「田村明からのメッセージ」ご案内

 田村明が天に召されて6年。その間、東日本大震災による東北地方の壊滅状況、原発の崩壊を経験し、改めて自然の大きさ、人為の限界を知ることになりました。法政大学教授時代には「大地震は必ず来る」と都市問題として語り、世紀の変わる1999年には21世紀ではなく、22世紀を語り、未来に目を向け、調べること、書くことの好きな人でした。

 

 生前、田村明が雑誌などに掲載していた文章をまとめたいと聞いていた夫人の田村眞生子は、横浜市立大学の鈴木伸治教授に編集を依頼し、4月に『今、田村明を読む』が出版されることになりました。

 

続きを読む

2016年

1月

23日

横浜まちづくり塾(田村塾)2月例会のご案内

横浜まちづくり塾(田村塾)の2月例会のご案内です。

※NPO法人田村明記念・まちづくり研究会とは別団体ですが、横浜まちづくり塾にはホームページがないため、こちらで例会のご案内をさせていただいております。問い合わせ先についてはページ下のPDFファイルをご参照ください。

 

とき 2月18日(木) 18:30〜21:00

会場 神奈川県民サポートセンター1503号室

    *横浜駅西口から徒歩5分電話045-312-1121

テーマ

持続可能な都市プランニング

~横浜の実践から学んだポイント~

講師 土井一成:横浜市水道局長

定員 30名(先着定員)

参加費(資料代含む)・過去に当塾受講の方500 円

          ・今回初めて受講の方1000 円(初回のみ) 

 

続きを読む

2015年

12月

24日

2015年12月18日 研究会報告

 田口会員より1年以上に亘る調査研究活動を経て、「みなとみらい21事業の経緯」を分析した論文発表がなされました。まずは、会員(正会員、賛助会員)限定で論文発表会を聞き、当日参加した会員間で意見交換が活発に行われました。

 田口論文は、昭和39年の六大事業構想の提案に遡る戦後直後から、田村明が横浜市に入り現場で三菱や国鉄との調整を図り、田村が持論とした「民間主体の開発」方式を昭和53年3月まで追いかけた第一期から始まります。造船不況や飛鳥田市長退任で三菱造船所移転問題が停滞した後に、飛鳥田を継いだ細郷市長を補佐して企画調整局の小澤恵一企画課長が、再び三菱との再調整を図り、事業化の枠組みを作った第二期に繋がります。開発に不安をおぼえる三菱は先導する公的開発を求め、結果として港湾業界の圧力もあり、みなとみらい21の事業規模は大きくふくらみ、埋立地が拡大していきます。57年4月の小澤異動後に着任した、同じく田村明の薫陶を受けた廣瀬良一が、みなとみらい21の事業化を受け継ぎました。廣瀬は三菱からも土地の譲渡を受け、関係者が共同して事業化を開始します。ただし、当初からの懸案事項であった国鉄との調整は遅れてしまったのです。なお、当該論文はまだ途中段階であり、当時の関係者を含め会員からのフィードバックを受けた上で、最終的な取りまとめを行うこととなりました。

続きを読む

2015年

12月

01日

横浜まちづくり塾(田村塾)12月例会のご案内

横浜まちづくり塾(田村塾)の12月例会のご案内です。

※NPO法人田村明記念・まちづくり研究会とは別団体ですが、横浜まちづくり塾にはホームページがないため、こちらで例会のご案内をさせていただいております。問い合わせ先についてはページ下のPDFファイルをご参照ください。

 

とき 12月17日(木) 18:30〜21:00

会場 神奈川県民サポートセンター1503号室

    *横浜駅西口から徒歩5分電話045-312-1121

テーマ《横浜の戦後70年記念レポート》

    日吉台地下壕から見る太平洋戦争と横浜(日吉)の空襲

    ~慶応キャンパス地下に眠る帝国海軍最後の砦からの証言~

講師 茂呂秀宏:日吉台地下壕保存の会運営委員

定員 30名(先着定員)

参加費(資料代含む)・過去に当塾受講の方500 円

          ・今回初めて受講の方1000 円(初回のみ) 

 

続きを読む

2015年

11月

19日

11月7日(土)田村ゼミ卒業生との合同研究会の報告

NPO法人田村明記念・まちづくり研究会*法政大学田村ゼミ卒業生との合同研究会

開催日:2015年11月7日(土)午後2時~5時

場所:横浜市民活動支援センター4階ワークショップ広場

 

 教育者・田村明は、決して持論や経験を押し付けることなく、若者の自主性を待ちつづけた。かつ、不確かな知識や情報で語ることはせず、常に自分自身も学び続けていた。自立した若者たちは世の中に巣立ち、それぞれの分野で自覚ある市民として活動しつづけている。これらのことが、法政大学法学部政治学科田村明ゼミの卒業生たちとの対話から明らかになった「教育者・田村明像」である。横浜市役所のかつての若手職員たちが田村明を囲む自主勉強会で感じた「まちづくり実践者・田村明像」と同じであった。今回ゼミ生の方々にお会いできて、よかった……と思った。

(文責:田口)

続きを読む